韓国メディア「地球を汚し、人類を殺す日本」

大手とも言えないけど、週刊誌も発行している「マネーS」という会社があります。そこの記事ですが・・なんと、題が「地球を汚し人類を殺す日本」です。福島の処理水を放流することで韓国各紙が多くの記事を載せていますが、その中でもズバヌケで刺激的な題です。以下、マネーSから部分引用してみます

 

<<日本政府が福島第一原子力発電所に保管されている放射性物質の汚染水の海洋放流方針を今日(13日)を決定した・・

・・菅義偉総理は前日、衆院決算行政監視委員会に出席し、「実際の放出まで2年ほどの期間がある」とし「安全性に問題がないことを理解させることができるように努力する」と明らかにした。日本政府は、放射性物質であるトリチウム(三重水素)の濃度を、世界保健機関(WHO)の飲料水基準を満たすことができるように、日本の国の基準の40分の1以下に希釈して、福島第1原発の敷地からの汚染の数を放出させる計画である。

日本政府と東京電力は、海洋放流に必要な設備の審査及び工事に2年程度がかかると予想しており、実際の放流は、2023年初めから本格化すると見られる。日本政府は、放出後も海洋のトリチウム濃度を継続的に監視し、国際者原子力機関(IAEA)と交渉している透明で客観的な情報を公開すると発表した。

日本政府は、福島の汚染水の海洋放出に発生する可能性のある被害は風評によるものであるという意味で「風評被害」という用語を使用している。この他にも汚染水を特殊な浄化装置を使用して、ほとんどの放射性物質を除去したという意味で「処理水」と呼ぶようにしている>>

 

読んでみて、「威勢がいいのは題だけか」と思いました。略した部分にも大した内容は無く、「題の大冒険」って感じです。多分、「なにか日本を悪く言う記事を書かないといけないのに、これといって書くネタがない」結果ではないでしょうか。儚い愛国心(もどき)の放流です。

ちなみに、韓国でも「処理水」という言葉はちゃんと国語辞典に載っています。風評、風説という言葉もあります。「風評被害」という言葉も、「もともとは日本で使う表現」という説明とともに、ネット辞典などには載っています(国語辞典では未確認)。

 

 

他に、いくつかの韓国側の記事に、市民団体の弁護士などの意見として「国際裁判所に日本政府を告訴すべきだ」という主張が紹介されています。ただ、これも目新しいものではなく、2020年11月に紹介した、韓国の日本大使館(当時は冨田浩司大使でした)の記者懇談会エントリーで取り上げられた内容です。

<<・・周辺国の同意なしに海洋放流を決定するのは国連海洋法協約など国際法違反の余地があるのではないか、という指摘には、「(※もし違反しているなら)どの条項に違反しているというのだろうか」、「処理水は禁止対象ではない」と反論した。それとともに、「国際慣行上、発電過程で出てくる水は、自然と海洋放出している」とし「(韓国の)月城(※ウォルソン)原発でも、海洋放出をしているではないか」と反問した・・>>

 

国際裁判以外だと、「中国が抗議している!(やったー)」とかそんなニュースばかりです。この点も目新しいものではなく、2019年に文化日報の「日本放射能、反日と科学の乖離」という記事で指摘された「科学から乖離した反日マーケティング」とみていいでしょう。慶熙(キョンヒ)大学原子力工学科、チョン・ボンジン教授の寄稿文、もう一度引用して、終わりにします。

<<・(※韓国では)日本放射線関連ニュースが著しく増えた。東京でホットスポット(放射線レベルが高くなっている部分)が発見されたとか、福島吾妻野球場で基準値の2倍に達する空間放射線が測定されたとか、福島放射能汚染水の太平洋に放流するとか、福島産食材を使用と関連し2020東京オリンピックボイコットの話とか・・

・日本のブロガーが発見したという東京都の4カ所の『ホットスポット(放射能数値が高い場所)』は、文字通り「点」である。ホットスポットを少し外れても放射能は測定されない。東京の空間放射線量は、ソウルより同じか少ない位だ。福島野球場で部分的に0.5μSv/ hの空間放射線量が測定されたと騒ぐ人もいるが、福島県の空間放射線量もソウルより低い。また、数値に慣れていない人は、旅客機の空間放射線量がそれの10倍になるという点も知っておくといいだろう

・福島原発に貯蔵されている約105万tの水のセシウム137の総量は、4.2×10の11乗ベクレル(㏃)で、 2011年の事故時の排出量の0.003%程度である。福島原発事故の時も「放射能汚染水が韓国に影響を与える」と騒々しかったが、これといった影響は無かった。いまはその0.003%でここまで大騒ぎをしているわけだ。貯蔵された三重水素の量も1.0×10の15乗㏃、地球上に自然に存在する三重水素の0.014%に過ぎない

・非科学的にこの問題を反日の道具にするなら、国際的に孤立するのは韓国だ。表面上では経済報復と関連、日本政府を糾弾する姿をしているものの、実は反日感情に便乗して、国民に「放射線の恐怖マーケティング」をしているようにしか見えない。国の大恥晒しにならないように気をつけたほうがいいだろう。外交問題にしたいなら、すればいいだろう。ただ、その前に専門家には聞いてみるべきだ>>

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンで試し読みもできますので、ぜひお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+118

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5