わざわざ大手が報じる内容か・・「1次接種率でも日本に追い越された」

結構前から、「このままじゃ接種数で日本に負ける うわあぁぁぁぁ」な記事がいくつか出ていました。それが、接種者数で日本に追い越されてからは「このままじゃ接種率で日本に負ける うわあぁぁぁぁ」になって、2次接種率(2次接種まで接種完了率)で日本に追い越されてからは「このままじゃ1次接種率で日本に負ける うわあぁぁぁぁ」になっていました。

そして今日、なんとソース記事の投稿時刻 03時18分、「1次接種率で日本に抜かれた うわあぁぁぁぁ」な記事がありました。文たんと仲が思わしくないことで皮肉のつもりもあるでしょうけど、大手の朝鮮日報です。オチは後にするとして、以下、<<>>が引用部分となります。

 

<<日本のコロナウイルス接種率が韓国を追い越した。接種完了率はすでに日本に先月18日逆転されたが、1次接種率まで追い越されたのだ。15日オックスフォード大の統計情報サイト「アワーワールド」によると、14日基準で韓国の人口比ワクチン1回接種率は30.89%で、31.75%と集計された日本より0.86%ポイント下回った。国内1次接種率は、ワクチン接種が始まった今年2月以降ずっと日本を上回ったが、先月20日ごろから急速に鈍化、20日余り後の今月11日に逆転した。日本は2次接種率(接種完了率)も私たちより7%ポイントほどリードしている。14日あたり、日本接種完了率は19.79%、韓国は12.06%である。接種完了率は先月18日から日本に逆転され、格差が大きく広がった。最も大きな違いは、ワクチン需給だという分析が出ている・・>>

 

ソース記事のコメント欄も、「二度と負けないと言っておいて連敗中」「ワクチンの効能まで考えると韓国は日本と比べることすらできない」など、土着◯寇 お祭り会場になっています。大事なことではないけど2回書きますが、朝鮮日報の記事が、K防疫、文政府への皮肉の意味を込めたものなら、それはそれで面白い気もします。でも、もしそうでないなら、「ワクチン1次接種率、日本が韓国を追い越し」という題の記事がわざわざ大手で載ること自体、微妙すぎます。

でも、ま、分からなくもない、そんな気もします。そもそも最初から当局者はこんな話をしていましたから。<<国内新型コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン接種が日本に比べて9日遅れたものの、2週間で追い越すことができるという見通しが出た。27日防疫当局の関係者は、1日に1万7000人余りを接種する計画であることを明らかにし、「週単位で見ると、日本は17日以降、1万2000人余りが接種した。韓国は、今日から一週間で18万人程度が接種する予定」と述べた。国内のワクチン接種が日本に比べて遅れ一週間の接種数は日本より多く、すぐに追い越すという意味だ・・(2月27日韓国経済>>

 

前にもワクチン関連エントリーで書いた記憶がありますが、個人的に、韓国の防疫体制を全否定する気はありません。ただ、それを『K防疫』という概念で見ると、本当に「ネタ」以外の何ものでもありません。なにせ、もはや防疫とは関係なく、日本を見下すための概念として一人歩きしてしまったからです。日本を「下げる」ことで、韓国が「上がる」。これが韓国の日本観の基本の中の基本であり、接種者数とか接種率とか、そういうのもK防疫からの派生である以上、その基本から自由にはなれないでしょう。

そういえば、日本が台湾に支援した3回目のワクチンが現地に到着したというニュースもありましたが、日本が台湾など各国にワクチンを支援するようになってからも、韓国のネットには『ワクチンがあっても接種することが出来ないから保管期限ギリギリになって台湾に『在庫処分』した」という主張が結構ありました。すでにその時点で日本ではアストラゼネカワクチンの接種を行ってなかったので、見当違いとなります。他はともかく、「支援を受ける側の国が、支援を行う側の国を見下す」とは、K防疫という概念がどれだけ歪まれているのかが分かります。

「たまに」でいいから、K防疫も、日本ではなくコロナウィルスと戦ってほしいものです。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5