韓国紙、「于山島が鬱陵島より朝鮮半島側にある」例の地図の展示を「日本とは違って大人の対応」

6月、スペインを訪問した文在寅大統領が、スペイン上院図書館で「朝鮮王国全図」を観覧し、「独島(※竹島のこと)が韓国の領土であることを示して非常に貴重な史料である」と話したことがあります。

「朝鮮王国全図」は、18世紀のフランスの地理学者であり地図製作者であるジャン・ バプティストブルギニョン・ダンビル(※表記に自信ありません)が発刊した「新中国地図帖」に含まれている地図で、于山島(韓国が竹島と同一の島だと主張しているもの)を朝鮮の領土と描いています。ちなみに、この地図は満州も朝鮮の領土だとしています。

・・・中国の地図集となる「新中国地図帖」に朝鮮の地理が出てくる時点で、すでに当時の朝鮮に関する認識がどうなっていたのか、分かる気もしますが、なぜかそこを指摘する声はありませんでした。

で、本題ですが・・文大統領がスペインで見たその朝鮮王国全図には、于山島が鬱陵島より朝鮮半島側に描かれています。これについては過去エントリーでも紹介したことがあります。于山島は、韓国側が竹島(独島)と同一の島だと主張しているものですが、なぜか鬱陵島より朝鮮半島側に描かれている場合が多く、そう信憑性の高いものではありません。それもそのはず、昔の朝鮮半島の地図は、自分で調べて描くものより、前のものを参考にして書き写すものが多かったです。特に外国人が作ったものの場合、『自分で地理を調べて描く』には無理がありました。

その中心には、朝鮮時代、国策により制作された『東国輿地勝覧』という地理関連の本があります。当然、地図も付属していますが、それを「八道総図」と言います。八道総図には、『于山島』が鬱陵島より朝鮮半島側(日本から見て鬱陵島より西側)に描かれています。もし于山島が竹島(独島)なら、ありえません。于山島そのものが詳しく何を指すのかは分かりませんが、少なくとも領有権主張に使うほどのものではありません。この件は日本外務省のHPにも載っています。

個人的に、朝鮮王国全図にも于山島が朝鮮半島側に描かれていると確認できてからは「ああ、この話は終わりだな」と思って、それからこの件はエントリーしませんでしたが・・なんと、韓国政府は、この地図を『日本への対応』として展示していることが分かりました。以下、ヘラルド経済から引用します。<<>>が引用部分となります。

 

<<最近、コロナ検査抑制を介して確診者数を縮小操作した疑惑を国際社会から受けている日本の岸田政府が、突然、独島(※竹島)に対する挑発まで継続し、自国の総選挙に備えている。そんな中、私たちは、大人らしく、独島の生態を内・外国人と共有する企画展示を行う。文化財庁傘下の国立文化財研究所は、独島の日(10月25日)を迎え、独島の過去、現在、未来をテーマに、関係機関と共同企画展「独島自然保護区」を来る25日から12月31日まで大田天然記念物センター企画展示室で開催する。第1部「独島の過去」では、独島が韓国の領土だと表記した地図の中、最近、スペインで公開されて話題になった「朝鮮王国全図」をはじめとする9点の古地図と、東海が表記された古地図7点の計16点を一堂に披露する。展示する古地図は、北東アジア歴史財団と独島博物館が提供する・・>>

「大人らしく(オルンスロプケ)」という言葉が眩しすぎで、オチが書けそうにありません。とりあえず、大人なら、まずは国家間の約束を守ってほしいものです。あと、『国際』社会からの疑惑といっても、韓国以外にありましたっけ・・

 

今日、午後(14~16時のもの)の更新はありません。休んだばかりなのに申し訳ございませんが、次は夕方以降の更新となります

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が10月31日発売です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5