韓国の保守派、尹錫悦氏が大統領候補に決定・・『分裂』が変数

保守野党とされる『国民の力』が、今日、「金九」記念館で(笑)、大統領候補を決めるための党内選挙を行いました。

で、さっそく結果ですが、保守派の大統領候補は、尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏で決まりました。国民の力の場合、大統領候補を「党員投票(選挙人団総60万人)50%、一般国民世論調査50%」で決めます。2位の洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員とは、約6%ぐらいの差で、一般国民世論調査では洪議員のほうが支持を受けていました。

宇宙人が攻めてくるなどの大きな変数が無いと、尹候補と、共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)候補の一騎打ちになるでしょう。ただ、ちょうど新刊『文在寅政権最後の暴走』にも同じ内容を書きましたが、これから保守右派の命運を決めるのは、『分裂』でありましょう。洪議員はもともと反・朴槿恵派で、党代表だった頃に何の実績も残せなかったこともあり、ついには党から公薦(党の国会議員候補に選ばれる)すらもらえなくなり、国民の力からしばらく離れていた人です。

尹候補は、言うまでもなく、国民の力には入ったばかりの人です。どちらも、『党』を基盤にする考えなど、持っていません。これが、左派(共に民主党側)との大きな差です。共に民主党の場合、同じく競選ライバルだった李在明氏もイ・ナギョン氏も、政治基盤的に、党から離れることは考えられません。さて、こんな中、敗北した洪候補は、大人しく『大統領候補になった候補を支持します』と言えるのでしょうか。

実は洪準杓氏、今日の午前11時頃、「もし党内選挙で負けると、結果に従い、白衣従軍します」とSNSに文を掲載しました。白衣従軍というのは、朝鮮時代、武官に与える処罰の一つで、階級を抹消、一人の兵士として戦闘に参加させることです。韓国では美化され、『何の代価も求めず、戦いに参加すること』とされています。ですが、その1時間後、洪氏の文から『白衣従軍』が削除されました。朝鮮日報がこの件、以下のように報じています。

<<国民の力 大統領選手である洪準杓議員は、大統領候補を決める5日、Facebookを通じて「どんな結論が出てもその結果を受け入れる」としながらも、「白衣従軍する」という文章を消して、その背景に関心が集まる・・・・洪議員側の関係者は、通話で「大きな意味がない」と一蹴した。党内選挙で敗北すると、競争候補のユン・ソクヨル前検察総長を助けないという意味ではないのか、という質問には、「ユン氏側が『助けてくれ』と言わないと、助けようがない。それは、大統領候補になった人が決める問題だ」(※と話した)・・>>

本ブログでも9月にお伝えしましたが、大庄洞(デジャンドン)という地域の再開発事業関連で、李在明候補の支持率は右肩下がり中です。このチャンスに、保守派は、ちゃんと候補単一化に成功し、支持率を上げることができるのでしょうか。個人的には、いまはまだ共に民主党(李在明氏)のほうが有利だと思いますが、一時に比べると、言い切れなくなりました。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5