韓国の新型コロナ、明日は6000人台の予想・・入院できずに待機中に死亡する人も徐々に増加中

「(1日の感染者数)1万人まで問題ない」としながらウィズコロナを始めた韓国政府。しかし、わずかウィズコロナ5週目にして、入院できずに亡くなる人が増えてきました。「ソウル経済」が、韓国の入院待機中死亡者のデータをまとめたので、お伝えします。<<>>が引用部分となります。

<<コロナ19危重症患者数が700人台のまま1週間が経つ。医療対応力量は事実上、限界に達した。治療できる病床が無く、入院を待っていて死亡した人が最近の5週間(10月31日~12月4日)29人に達した(※ウィズコロナが始まったのは11月1日ですが、週別だと10月31日からのカウントになります)。

政府は、危重症患者の治療病床を確保するため、コロナ19専門担当病院2ヶ所を追加指定するなど対応に乗り出したが、力不足だと思われる・・・・前日午後5時基準コロナ19重症患者用病床稼働率は、ソウル88.1%(361個中318個使用)、仁川93.7%(79個中74個使用)、京畿77.0%(366個中282個使用)で、首都圏の稼働率は83.6%だ。直前日(86.6%)に比べては多少減少したが、事実上飽和状態だ。

重症患者のための病床は、入院・退院の手続きや余裕病床確保などの理由で、稼働率が85%だと事実上の飽和状態とみなす。また、危重者の世話をするスタッフも病院別に限られており、病床が残っていても、患者を追加で受けられない。政府は首都圏内の病床が無いときは、患者を首都圏以外に移送しているが、首都圏以外も一部は飽和状態だ。首都圏と隣接する大田・江原・忠北地域には重症病床が1個しか残ってなく、世宗(セジョン市)には2個、慶北には3個、忠南には7個が残っている。

病床が無くて、首都圏で病床の割り当てを1日以上待っている待機者数は、919人だ。病床待機者の53.8%であるである494人は70歳以上の高齢患者だ。残りの待機者425人(46.2%)は、高血圧・糖尿など基礎疾患を持っている。病床待機者のうち、4日以上も割り当てを待っている人は310人、3日以上203人、2日以上144人、1日以上の場合が262人である。入院待機中に死亡した患者も増える傾向だ。入院待機中の死亡事例は、段階的日常回復(ウィズコロナ)施行後の11月1週目(10月31日~11月6日)には1人だったが、4週目(11月21~27日)に10人に増えた後、12月1週(11月28日~12月4日)には13人と集計された・・>>

 

詳しくは、10月31日~11月6日週に1人、11月7日~13日週に2人、11月14日~20日週に3人、11月21日~27日週に10人、11月28日~12月4日週に13人でした。怖いですね。医療崩壊というのは。さらに問題は、まだ治まる気配が見えないという点です。ただいま、韓国では午後6時時点での確診者数が発表されましたが、また最多記録で、明日は6千人台が予想される、とのことです。オチを書くような内容でもないし、ニューシースから引用して、そのまま終わりにします。

 

<<・・7日午後6時までに、少なくとも4,231人がコロナ19新規確診判定を受け、同時間基準で歴代最多記録を更新した。防疫当局と各地方自治体などによると、同日0時から午後6時まで、全国の新規確診者は計4,231人と集計された。これは、3日、同時間帯最多記録である3,062人を1,000人以上も上回る数値だ。 ソウルと京畿道では、それぞれ同時間帯の歴代最多確診療者が発生した。最近1週間の午後6時基準確診者数は、2100人→2445人→3062人→2671人→2301人→2592人→4231人だ。集計を締め切る深夜まで時間が残っている分、8日0時基準で発表される新規確診者数は6,000人台になるを越える可能性があると見られる>>

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5