大統領候補夫人の在職証明書、「姓名」が「姓明」になっていて話題に

クリスマスだし、軽い(軽くないけど)ネタ一つ行きます。本ブログでも紹介したことがありますが、大統領候補たちの「家族の不正」問題(過去エントリー)が、連日、大きなニュースになっています。

尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏の奥さんに関しても様々な疑惑が提起されています。個人的に、尹候補がもっとも衝突していた曺国(チョ・グク)氏と、流れは同じであり、これが「チョグクの反対はユンソクヨル」という単純な図式で尹候補を支持していた人たちの離脱に繋がっているのではないか、そう見ています。

そんな中、尹候補の奥さんK(防疫じゃなく、キム)氏の在職証明書が、話題になっています。彼女の履歴や学歴に関する多くの文書には、偽造ではないのかという疑惑がかかっています。大学教員任用のための書類なども含まれており、虚偽の経歴提出の場合、文書偽造及び業務妨害罪で処罰対象になります。

そんな中、K氏が大学に提出した、ある会社の在職証明書。これだけを見て本物か偽物かを言い切るのは難しいですが・・ちゃんとした在職証明書と見るには、致命的に(?)おかしな部分がある、とのことでして。在職証明書には漢字単語が8ヶ所使われていますが、その中の3ヶ所が、間違っています。以下、オーマイニュースから引用してみます。<<~>>が引用部分となります。

 

<<ユン・ソクヨル国民の力大統領候補の夫人キム氏が2つの大学に出した同じ会社在職証明書の「入社日」が異なっていて論議になっている中、この証明書書式の基本漢字まで間違っていることが確認された。 証明書の書式に明るい人たちは、「正式に発行された証明書なら、いくらなんでもこれはない」としながら、疑惑を提起した。

25日、オマイニュースはキム氏が兼任教授に志願するため、2006年6月に韓国某大学に提出したH会社の在職証明書を調べた。2006年6月29日に発行されたと書かれているこの在職証明書の書式には、漢字も書かれていた。オマイニュースが、専門家キム・ヒョゴン氏にこの在職証明書に対する分析を依頼した結果、書式に書かれた8つの漢字のうち3つが間違っていると確認された。

在職証明書には、漢字「住所」を「主所」と表記しているた。正しくは「住所」だ。この在職証明書には「姓名」も「姓明」と書かれているが、正しくは「姓名」だ(韓国では「苗字」という言葉は使わず、人の名前は『姓名』、例えば文が性、在寅が名、とします)。「職位」も「織位」と書いてあるが、正しくは「職位」になる。専門家キム氏は「この在職証明書は、漢字を全然知らない人が、意味も知らないで適当に書いたもの」とし「普通にハングルで書いたなら、こんな惨事にはならなかっただろうに」と説明した。キム氏は「もはや切ないレベル」、「正式に発行されたものなら、こんなミスはないだろう」と指摘した・・>>

 

じゃ、オチに入りたいと思います。この記事が載る前に、オーマイニュースは「同じ会社の在職証明書なのに、入社日が違う」という内容を記事にしています。昨日の夕方あたりの記事です。で、この「漢字がおかしい」というのは、今日の正午あたりの記事です。本文にも専門家に依頼した、とのことですが・・・いや、最初に記事を書く時、普通に気づくでしょう。わざわざ専門家に依頼しないと分からないんですか、それ。

私も誤字なら人様のこと言えませんが、それでも姓明や主所がおかしいぐらいは分かります。ソース記事もコメント欄は4000以上のコメントで凄い盛り上がりですが、自分で気づける人、どれぐらいいるのか・・ある意味、良い悪いから離れて考えても(良い悪いで考えてもそうですが)、いろんな側面で韓国社会らしいと思って、エントリーしてみました。

 

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5