環球時報「韓国との通貨スワップは必要ない」

中国との通貨スワップが終了した件で、韓国のマスコミは、「終了した」としつつも、「すぐ再開できる」という見方が強くなっています。

なぜ「再開」なのかというと、「終了して空白はできたものの、すぐに前の協定内容そのままに再開するだろう」と見ているからです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

しかし、中国側の反応は違います。

<・・中国当局は公式立場を明らかにしていない。こうした中、官営メディアの環球時報が韓中通貨スワップと関連して国策研究機関の当局者の発言を紹介した。バイミン商務省国際貿易経済協力研究院国際市場研究所副所長は10日のインタビューで、「中国はすでに30以上の国と通貨スワップ協定を締結したが、実際にそれが稼働された場合は多くない」とし「韓中の経済状況を見ると、稼動する必要はない」とした。これは、中国側が交渉に積極的でないという意味だ・・>。

http://v.media.daum.net/v/20171011112308192

 

環球時報は、中国共産党の機関紙(人民日報)系列のメディアです。ここに載っているインタビューは、中国共産党の意見を民間人に代わりに言わせるようなものです。

内容的にも、韓国では「人民元の国際化のためには韓国との通貨スワップが必要だ」としていますが、その主張に対する反論にも見えます。

さて、本当に「空白」なのか、それとも「終了」なのか、1~2ヶ月すればわかることではあります。

でも、こんなに韓国と中国の意見に差がある状態で、1ヶ月後に「再開しました」というニュースが流れると、それはそれで、また何か裏があるということではないでしょうか。

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

🐷 9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“環球時報「韓国との通貨スワップは必要ない」” への47件の返信

  1. UAEとの通貨スワップも1年前に『空白期間』になってる?(ネット情報で未確認)

    前にも書いたけど、通貨スワップは、保険的意味合いなんで、保険事項が起きたり、起きそうな場合に保険には入れないのと同様に、意味はないし、普通相手国は認めないだろう(さすがに通貨政策担当専門家でないので確実なことは言えないが、普通そうだよね?)。

    通貨スワップは、日韓を例にすれば、

    金融危機(外貨が底をついた時)のために、
    日本が円を(特例?でドルだったわけだが)、韓国がウォンを、定められた相場で「交換(スワップ)」する仕組み(約束)だ。

    通貨危機になれば、当事国の通貨はその後暴落するであろうから、紙クズ同然だ(注。おととい書いた「紙きれ」とは意味が違うw曲解する人もいるのでねw)。

    「前もって約束で決めておく」
    ことに意味がある。
    事故もそうだが、保険が無効になっている時に、事故は起きるものだw

  2. はっはっは、まさか私ごときのコメントに口撃されるとは思いもよらなんだ。
    ここのブログ読者の中では高齢だし、老い先短いのは事実だがね。
    先月の記事で、お姉さんの足が以前より悪化しているのを読んだときから思っていた事なのだけど、シンシア君のお姉さんて私と同じ60代だと記憶しているが違ったかな?
    現在進行形で老親の介護をしている身として痛感したのは、年をとればとるほど一寸した怪我や病を治すのに想像以上の時間がかかるという事。本人は「少しぶつけただけ」と言っていたのに、半年たっても傷が治らない父の足を見たとき「ここまでひどくなるのか」と愕然としたものだよ。なので、お姉さんの足が完治するものであるなら、まだ体力のある今のうちにに手を打つべきだと考えたし、完治しないのであれば尚更、今からどうするかも考えておく必要があるのでは?お姉さんの年齢を考慮せず、40代だからといって考えなくても良いというものではないと思うがね。
    と言った思いがあってコメントしてみたのだが、いやはや、私がシンシア君の著作を大量に買えば、読者「全員」が幸せになれると言う発想に至るとはね。恐れ入った。

  3. 韓国は台湾やASEANを見下すが、彼らが協力し切磋琢磨すべき相手は、正に台湾やASEAN諸国。
    他に豪州やNZ、カナダ、スペインやイタリア、北欧諸国など。
    日本や中露、英仏独とはステージが少し違い、通貨スワップのような双務的義務を課す協定にコミット出来ない。

  4. 中国との通貨スワップは明らかに毒ぽいので諦めた方が良さげたけど、ま、毒を食らわば皿まで、か。そのうち金印を貰えるかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語を含まない投稿、外国IPからの投稿はできません。Sorry, but Do not comment from oversea IP-address please. Too many SPAM now...