JTBC「安倍が米中間で二股外交をしている」

今日はもう更新しないつもりでしたが・・つい笑ってしまった記事がありまして・・ブログにも書いておきます。「続きを読む」クリックにあまり意味が無い気もして、「雑記」カテゴリーにしました。

JTBC「安倍、習近平に親密感・・米中行ったり来たり(二股)外交か」から部分引用します。

<海外歴訪を終えた主要国首脳たちが国に帰って、その成果の話がいろいろ出てきている状況ですが、日本では安倍総理と中国習近平主席との親密な出会いを注目しています。米国と中国の間での二股外交の話も出ています・・日本のマスコミたちは自己矛盾に陥ることもありえると、安倍総理の行程を批判しています>

http://v.media.daum.net/v/20171117101442096

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

相変わらず「私が書いたのではなく日本マスコミが書いたから私は知らない」な態度ではありますが・・・二股外交が危ないものだという自覚はあるみたいで、むしろそのほうが驚きです。

ひょっとして、韓国側のマスコミは、「韓国が二股外交している」と言われるのをものすごく気にしているのでしょうか。

だから「日本が二股外交してる!」と先に言っちゃうことで、「ようしこれで勝った!」な気になれる・・・なんというか、世の中と精神世界のバランス外交が成立する・・のかもしれません。どうでもいいけど。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・NEW 11月25日の産経新聞「産経書房」にて紹介されることとなりました

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“JTBC「安倍が米中間で二股外交をしている」” への58件の返信

  1. 二股外交は、何か…後ろめたいことで・・・

    バランス外交は、高度な…先進国が行う事なの???

    自分の国が行っていることは、全て善で・・・

    日本が行っていることは、全て悪!!!

    「企業努力」と言う事を知らない「かの国」・・・

  2. >JTBC「安倍が米中間で二股外交をしている」

    ニューヨーク・タイムズが16日付けで「トランプ政権下でのアメリカの衰退を見て、日本と中国が関係修復に乗りだす」という記事を掲載しました。
    https://www.nytimes.com/2017/11/16/world/asia/seeing-us-in-retreat-under-trump-japan-and-china-move-to-mend-ties.html
    それを見た韓国メディアが、ここぞとばかりにアメリカに擦り寄った。ただ、それだけの話です。
    とはいえ、1972年の「田中角栄と毛沢東の会談」の折も「日中の接近」を最も警戒したのはアメリカでした。田中内閣は「ロッキード収賄事件」で幕を閉じましたが、遠因はアメリカを頭越しにした日中会談にあるとされています。ユダヤ金融資本と傘下の政府・メディアの疑心暗鬼は相当なもので、日本牽制のためには、韓国顔負けの「反日」捏造記事も躊躇なく掲載します。

      1. そう、キッシンジャーが日本の頭越しに米中で外交を始めた。
        対ソ連として敵の敵と結ぶためで日本より先に中国市場を云々などの意味ではなかったらしいが、日本側が過剰反応してしまった。(戦前のことがあるとはいえ、田中角栄にもセンスがなかった。)
        結果、田中内閣が潰れ中国が利を得た。陰謀論的にはいろいろ言えますけどね。

        キッシンジャーは中国的な権謀術数を好むんですよね。だから、こういうことが起きるわけですが、首脳同士の信頼関係が無かったのも問題。

  3. 前回も今回の会談も、中国側の要請で会談したっていうのが真実なんだけどね。

    「中国側の要請って事は内緒ね♥️」っていうのが、いつものパターン。

    安倍さんが総理大臣に再任した時、中国が、首脳会談をする為の条件を付けてきたんですよ。
    「総理大臣就任中は靖国参拝をするな」
    とか、他にもいくつか。
    それを聞いた安倍総理が
    「では、会談はまた今度にしましょう」
    って、言ったらしいです。
    「条件付きの会談ならする必要なし」
    っていうのが安倍総理の考え。
    それに対する中国側の答えが
    「会談しましょう」
    だったんですよ。
    だからこそ、習近平は仏頂面だったんでしょうね、前回、前々回は。

    _

  4. >ひょっとして、韓国側のマスコミは、「韓国が二股外交している」と言われるのをものすごく気にしているのでしょうか。

    そら、そうでしょう。
    朝日新聞が慰安婦問題捏造記事を取り消した時、それを問題にした雑誌の広告を拒否した事がありました。
    最終的には広告の一部を黒塗りにして掲載しましたが、その時に黒塗りにした語句は「捏造」と「売国」でした。
    つまり、朝日新聞社は捏造と売国している自覚があったんですよw

  5. どう考えたらそんな言葉がでるんだろ、付ける薬が無いって聞いたけどほんとだな
    常に自由社会を向いてるんだけどなぁ・・蝙蝠なレッドチームの一員に言われたくないね。

  6. あちらを立てれば、こちらが立たない物を、
    あちらも立って、こちらも立つ振りをするから、
    韓国は二股外交と言われるのに、それがわからないのかな。

  7. 二股?
    アメリカと中国とでは種類が違う外交なんだけど。そこが分からんのが韓国なんだろうね。

    話は変わりますが、ドイツで反核デモの映像見ていたら、日本で反日運動やら反ヘイトデモでよく聞く太鼓のリズムが聴こえてきました。空耳か世界共通リズムなのか分かりませんからなんとも言えませんけど。

      1. 兼韓人さんへ

        情報ありがとうございます。
        そうです、このデモです。
        韓国人も参加していたのなら、聴き慣れた太鼓のリズムが聴こえても違和感はないですね。
        空耳の可能性もまだありますけどね。ながら聴きしていて、ほんの一瞬耳に入った程度でしたから。

  8. 自分に言われた批判をオウム返ししただけで相手が怯んだら、めっけもの(ラッキー)
    そしてまた「自分がすればバランス(OK)、他人がすれば二股(NG)」なのでしょうか・・

  9. 二股どころか、良きにつけ悪しきにつけ多くの関係国と利害関係を調整するのが外交であって、そんなこと言っていたら二カ国以上とは付き合えないって話になってしまう。恋愛ごっこをしているわけじゃないんだから。

    韓国のは二枚舌外交。その場限りのだまし外交。
    二股にはネガティブな意味が含まれているから、二股外交でも合っているか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。