北朝鮮、平昌オリンピックの前日に新型ICBM公開の可能性?

北朝鮮が、建軍軍節(4月23日)を今年から2月8日に変えると発表しました。

建軍節には毎年大規模な軍事パレードが行われますが、2月8日だとちょうど平昌冬季オリンピックの前日となります。

なんでわざわざ今年から2月8日に変えたのか、その意図が疑われています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「北韓論」などシンシアリーの拙著をお読みの方はご存知でしょうけど、北朝鮮にとって「軍」は「主体」の現れでもあります。金日成「主体」、金正日「先軍」、金正恩「核兵器」は北朝鮮からすると同じものであり、それらが「聖なるもの」となっている理由の一端でもあるわけでして。

その大事な大事な「軍」ですが、北朝鮮では「建軍節(建軍記念日)」として祝うに相応しいのが4月23日(金日成氏の非正規軍創設日)なのか、2月8日(現在の北朝鮮の正規軍創設日)なのかで議論があったようでして。

いままでは4月23日だったけど、どちらも金日成氏によるものだから今の正規軍(2月8日)に合わせたほうがよくね?な話もあったみたいです。

それを、なぜか「いきなりだけど建軍節を2月8日にします」と、北朝鮮が公式に発表しました。2月8日だと、16日後となります。

韓国経済の記事によると、

<・・北朝鮮は、大規模軍事パレードをした後、すぐに平昌オリンピック記念公演をしようとしている、との解釈も出している。韓国政府は、北朝鮮芸術公演団の記念公演をオリンピック前夜祭に合わせて2月8日に行うことを望んでいるが、北朝鮮はオリンピック開幕日の9日を望んでいる。統一部当局者は「北朝鮮の建国節変更の意図は、いろいろ分析しており、公演日程は引き続き調整中」と伝えた。

チョン・ソンジャン世宗研究所の統一戦略研究室長は、「平昌オリンピックを前後して、人民軍創建70周年記念行事と大規模な芸術公演を盛大に開催して、北朝鮮の住民の忠誠心を刺激し、国内外の関心を北朝鮮に集中させようとする意図があるようだ」と分析した・・>

そして、記事によると、2月8日の軍事パレードに新型ICBMが登場する可能性もある、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180123191903343

 

可能性の話ですからまだなんとも言えないけど・・もしこれが計画的なものだとしたら、あまり良からぬ意味で「大した」ものですね。オリンピック前日にICBM公開ですか・・

いや、文大統領・・その時にどんなコメントをするのでしょうか。

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

“北朝鮮、平昌オリンピックの前日に新型ICBM公開の可能性?” への48件の返信

コメントは受け付けていません。