北朝鮮「軍事パレードに文句言うとオリンピックの成功的開催が危うくなるぞ?」

統一部長官が「かなり脅威な軍事パレードになる」と話すなそ(1月26日)、平昌冬季オリンピックの前日、建軍節(今年から2月8日に変更)の軍事パレードが韓国側でも問題視されています。

そのことで、北朝鮮の労働新聞が個人論評としながら(個人もなにも労働新聞は朝鮮労働党の機関紙です)、「オリンピックの成功的開催が危うくなるかもね」という論説を出しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「もし南朝鮮当局が民族の志向と大勢の流れに逆行する反統一保守勢力の分別ない対決妄動を黙認し続けながら優柔不断な態度を取った場合、冬季オリンピック競技大会の成功開催に影を落とす結果しかもたらすことがないであろうし、その責任は、傀儡保守一味と南朝鮮当局が負うべきである」、と。

http://v.media.daum.net/v/20180203104545922?rcmd=rn

 

面白いのは、「わざと2月8日に変えたのではないか」とする韓国側の指摘に、新聞は「平昌冬季オリンピックの日に合わせて建軍したとでも言うのか。バカを言うな」としています。

しかし、去年までは4月23日でした(笑

 

平和とかオリンピックとかが、完全に「人質」になっていることがよくわかります。

それに1つ気になるのは・・「傀儡保守」です。

いままで北朝鮮は韓国の政府を「偽の政府(不法政府)」という意味で「傀儡政府」と呼んできました。軍事政権の時は韓国も北朝鮮を「傀儡」とよく呼んでましたけど。

でも、この文面通りなら、文在寅政権は「傀儡」ではない・・・ということになるのでしょうか。連邦制統一の相手にする気満々、なのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

NEW! ・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“北朝鮮「軍事パレードに文句言うとオリンピックの成功的開催が危うくなるぞ?」” への29件の返信

  1. 金正恩は白頭血統とは全く関係がない。ロシア,ハバロフスク生まれの金正日と在日コリアン出身の高英姫コ・ヨンヒとの不適切な内縁関係の間で生まれた非正統血統なのだ!
    金正恩は金正日が急に死ぬまではこれといった業績もなく「金日成時代には豊かではなかったが配給もあってせめてトウモロコシは食べられた」
    金正恩は自分の空白をウソの資料で埋めて家系の偶像化と礼賛宣伝にこだわってきた。血統の捏造でもしないと指導者として堂々と自慢するところがなかったからだ http://www.huffingtonpost.jp/lee-aeran/kim-jong-un-blood_b_13994308.html

    1. その通りですが、
      ハングル愚民!は、「機能的文盲」だから、
      その意味をまったく理解できない

  2. 客観的に見て北朝鮮の駆け引きの上手さには舌を巻かざるえない。
    守るものが無い者故の捨て身の強さという気もするが…
    そんな北に付け入る隙を進んで与える文のバカさには呆れるどころか絶望しか感じないが、そんな文を未だに支持する韓国人に対しては、もはや絶対に「共通の価値観」を持つ関係にはなれないと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。