(レナスレ)東京ディズニーシーに行ってきました

東京ディズニーリゾートに行ってきました。とにかく少しだけでも「一人で入りやすそうな」気がする、ディズニーシーからです。

「レナスレ」ですので、いつもよりドールの写真が多めです。苦手な方はスルーしてください。本エントリーに韓国情報などは一切ありません。

ディズニーリゾートライン。いろいろ拘ってますね。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

1日に「ランド」と「シー」両方楽しむのは無理で、一方だけでもちゃんと見るにはかなりの体力が必要だ・・とどっかで聞いたことがあったので、5~6つ、やりたいことを事前にチェックして回ることにしました。

入ってみると、なかなかの壮観です。本当に、よくもこれほどのものが作れたな・・と感心せざるを得ませんでした。

しかも平日なのにかなり人が多く(夜10時までやるとか言ってました。客が多い日だったのかな?)、それでも秩序がちゃんと維持されていて、とても好印象です。

入り口で荷物検査があったけど、検査員の方がレナを見て「気をつけてお持ちになってください」と言ってくれるなど、いろいろ親切にしてくれました。

エントランスと、ディズニーシーのランドマークでもある火山をバックに一枚。魔法の国だけあって、不思議な写真になりました。

 

撮影に制限のあるもの(撮影禁止とか)もあったので歩きながら撮った写真がメインになっていますが、いろいろと並んだり楽しんだりしながら、園内に7時間以上いました。

特に人気だったDuffyとその仲間たち。

 

ある公演では、運良くミッキーマウスたんが私の側を歩いてタッチしながら通り過ぎました。

 

海賊船が見えるところでまた一枚。

マーメイドラグーン。実によくできた空間です。個人的には、ここのシアターが一番凄かったです(シアター内の公演は撮影禁止)。

人魚姫アーリエルの城です。

 

ここはアラジンやシンドバッドなど、アラビアンなキャラを意識したエリアです。「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」というアトラクションを見ました。

さすがの私も一人では入りづらいと思っていましたが、結構楽しめました。未定ではありますが、いつか、「ランド」のほうも行ってみたいですね。

それでは、明日はまたいつもどおりの更新で・・

(・∀・)ノ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

NEW! ・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

“(レナスレ)東京ディズニーシーに行ってきました” への36件の返信

  1. お誕生日ワッペンも楽しいですよ(目立つ所につけましょうw)
    同伴の?お気に入りキャラの撮影スペースがおめかしレナちゃんにピッタリですね。

    1. 実は撮影スポットは使ってなさそうな事は気にしない←

  2. すごい。もはやデズニーのエクストリームスポーツ上級者ですね!
    もし、誰か他のお客さんにレナさんとツーショット撮ってもらってたら、ぶっちぎり一位ですよ!

  3. 素朴な疑問です。
    何枚か、カバンから出してササっと撮った?写真もありますが、理由はどれですか。

    ①夢の国といえどもちょこっと人目が気になる
    ②クマちゃんとセットだと、ファスナーの割れ目からのぞかせたほうが安定する
    ③細い城壁のうえだと座らせられないので、カバン内のほうが安定する

    個人的な予想では②かな。

  4. 他のコメント読んだけど、お一人様で行く人もいるんだね。
    でも、写真を撮るとか余程の目的や信念がないとこういう場所は行きづらいよなぁ。
    あ、シンシアリーは鞄の中に連れがいるんだったなw

コメントは受け付けていません。