黙っていろ、いいな?

更新しないとわざわざお知らせまで書いといて、更新です。

ご、誤解しないでよね。「ネタ」が余ったから作っただけだからね・・ってツンデレ弁当かよ。「こ、これは17日と18日の分(休止予定)ですからね」ということで。

扶桑社の方々が有能過ぎで私のやることがあまり無かった・・というオチでもあります

先週、JTBCが脱北者関連である疑惑を提起しました(ソース記事は「ある放送」としています)。

2年前、外国で営業していた北朝鮮の食堂の労働者たちが集団で韓国に来ました。外貨を稼ぐ目的で外国にいた北朝鮮労働者たちが集団で韓国に「逃げて」くる事例は珍しく、当時、韓国だけでなく日本でもそこそこ報道されたことを記憶しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ですが、その集団脱北は韓国の国情院が仕掛けたもので、その労働者たちは自分の意志で韓国に来たのではない、とするのがJTBC側の取材結果です。もちろん、無理矢理連れてきた(拉致した)というほどではありません。ただ、韓国では「企画脱北」という妙な言葉のもと、国情院が悪いという雰囲気になりました。

悪いことをしたのか良いことをしたのか?の問題ではない気もしますが。大事なのは当事者たちが脱北結果に満足しているのかどうか(「北朝鮮に戻りたい」と思っているのかどうか)ではないでしょうか。

それに、武力で連れてきたのでなければ、脱北者本人の責任がもっとも大きいのでは、な気もしますが・・当事者たちにもいろいろあっただろうし、本エントリーの本題はそこではないので、国情院と脱北者のどちらかを責めるような書き方は致しません。

 

 

本題は、その放送の直後の、政府の態度です。統一部はさっそく「事実確認が必要だ」としました。なぜこの発言が問題なのかと言うと、韓国政府が脱北者の「北送(北朝鮮に送り返す)」の可能性を示したからです。それに、あの労働者の中の誰も「北朝鮮に帰りたい」とは言っていません。言い換えれば、「政策上、本人の意志に関係なく送り返すこともある」と政府が言ってしまったわけです。皮肉なものですね。「あの脱北者たちは本人の意志で韓国に来たわけではない(かもしれない)」という内容の放送が発端なのに、本人の意志に関係なく送り返す(かもしれない)という話になってしまいました。

これが、脱北者たちに大きな衝撃を与えています。朝鮮日報の記事の最初のまとめ部分だけ引用します。

・統一部、立場を変えて北送の余地残す・・「私も北に送られるのではないか」と脱北者たちは不安

・南北和解の時点で「邪魔者」扱いされる脱北者たち

・「統一したら、南北両側から銃を撃たれるぞ」脱北者を襲う中傷

・「お前の母ちゃんのせいで統一できないんだよ」脱北者の子供たち、学校でいじめられる

・南北会談の後には安全保障講演なども途切れる

・対北ビラ散布など「統一の妨害をするのか」と言われる・・「北は何も変わってないのに南だけ変わってしまった」と嘆き

http://v.media.daum.net/v/20180514030721648?d=y

 

韓国で住んでいる北朝鮮脱北者たちの中には、韓国社会に適応できず、「北朝鮮に帰りたい」という人も結構います。脱北者の20.8%が「再び北朝鮮に帰りたい」と思っている、とも(2016年11月15日ソウル新聞)。

そんな人たちからすると良い展開かもしれませんが・・帰ったところで、北朝鮮が彼らに「よくぞ帰ってきた」と言ってくれるのでしょうか?「よくぞ帰ってきた(#^ω^)ピキピキ」ならともかく。

「両方から銃を撃たれる」とは、言い得て妙ですね。

一つ、今回の件でハッキリしているのは、北朝鮮にビラを飛ばすなど統一部と対立していた脱北者団体が、「何も言えなくなった」ことです。

遠回しとはいえ、「お前ら、北朝鮮に送り返すこともできるんだぞ?」と政府に言われたわけですから。

 

 

 著書関連のお知らせ 

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“黙っていろ、いいな?” への50件の返信

  1. 振り返ってみると、韓国には基本的人権の尊重なんてなかったですね。

    自殺率が高くならない事を祈ります。

  2. 南北融和とは、南北政治トップの融和であって、南北国民の融和でない。

  3. 在日朝鮮人の例があるからこの脱北者達も信用ならないのがなんとも

  4. 行くも戻るもどちらも地獄。
    ヘル朝鮮の名は伊達ではない。でも、他に逃げ出したからといってうまく行くとも思えない。
    なぜならヘル朝鮮は半島だからあるわけではなく、韓国人の心の風景の具現にすぎないからだ。

  5. ウリナム文化ここに極まれりww
    世界が孤立していく~ww

  6. 脱北者が、今度は日本に逃げてくるのかな?
    日本に来ても、総連が在るからどうなることやら・・・

  7. *韓国政府を信頼してはいけない。
    *韓国人には仁義などない。(仁義って儒教の言葉だったのですね。皮肉だなあ)
    *同じ民族でも出身地による差別が有るのが韓国。
    *親のスペックが低いと学校でいじめの対象になる。
    *言葉を翻したり、裏切る行為は韓国では優秀な行為とみなされる。
    とまあ、こんなところでしょうか。

    >お前の母ちゃんのせいで統一できないんだよ
    なるほど、韓国では統一悲願まっしぐらなのですね。
    あんな異常な国と統一するって………良いですね。

  8. 朝鮮半島に安住の地はない。
    だからってこっちに来るのはやめてください。
    朝鮮を不幸にしてるのは、そこに住む、住んでた自分達のせいだからね。残念だけど。

  9. 脱北者に黙ってろ、に加えて韓国の拉致被害を無かったことに若しくは積弊勢力が同様の事をしたのだとして上書き、釣り合わないにも関わらず不問にする。拉致被害者の関係者や人権を訴える事もさせない。

    というのもありそうです。

コメントは受け付けていません。