産経記者、韓国与党代表に「慰安婦像はいつ移転するのですか?韓国は法治主義国家ですよね?」

共に民主党(韓国与党)のチュ・ミエ代表に、産経新聞の記者がこのように質問しました。

「(日本大使館前の)慰安婦像はいつ移転するのですか」、「(チュ代表は)法曹界出身で法治主義を主張して来られた方。韓国社会では法治ではなく、反日、愛国は無罪とする風土があるようですが」。

以下、このごもっともな質問に対し、チュ代表の答弁となります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「大韓民国は法治の国だ。法治の根幹は少数者・弱者への配慮と正義、愛が土台にならなければならない」

「少女像(慰安婦像)が何も象徴していない場合は、ただの椅子であり、単純な像であれば、嫌がられる理由もないだろうし、あえて誰かに撤去させようとする必要もないだろう」

「こんな質問をしたのを見ると、(あなたは)不便(機嫌が悪い、心地が良くない)そうだ。少女像は心地を悪くするために私たちの市民団体が設置したようだ。近隣諸国に対して国際法を守るか、守らないかの問題に入るのではない」

「それが大韓民国の悲しい歴史でもあり、韓日の間で解決すべき歴史でもある。少女像は凶物ではない」

「少女像は、国を失った国の、力のない少女を連れて行って性奴隷にさせたという事実を告発するものである。再び、そのような悲劇が発生しないという点を、平和的な方法で抗弁するだろう」

「日本が過去の歴史について本当に懺悔し反省し、その被害者に対していちいち謝罪するなら、ここまで両国間の問題に発展させることもないだろう」

http://v.media.daum.net/v/20180529183902404?d=y

 

韓国人が言う「正義」が、決して「法治」とは共存できないものである、とよくわかる内容です。実際、チュ氏が話した内容は「大韓民国は法治ではない」になりますが、彼女はそれを自覚していないでしょう。なにせ、最初に「大韓民国は法治の国だ」と言っていますし・・法治とは、誰かの「正義」の暴走を阻止するためのものでもあります。弱者のため「だけ」に存在するものでもありません。それを理解出来ない人が法治を語っても、矛盾した内容になるだけです。なにせ、チュ・ミエ代表・・この人、確か、慰安婦合意のことで「ハンコを押しただけなのにそれがどうした」と話していた人です。こんな人が法曹出身で、法治を語るとは。呆れたものです。呆れるネタが多すぎでパッとしませんが・・

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“産経記者、韓国与党代表に「慰安婦像はいつ移転するのですか?韓国は法治主義国家ですよね?」” への93件の返信

  1. 日本には『無理を通せば道理が引っ込む』と言う諺があります。

    『無理を通せば道理が引っ込むから絶対に道理を曲げてはならない、だからこそ無理を通してはならない。』との意味です。

    韓国にあたかも『是が非にでも無理を通して必ずや道理は引っ込ませなければならない』とする諺があるかの如くですよね。

    確か、韓国には同義語とも言える様な『泣く子は餅をもう一つ貰える』だか『泣く子は餅二つ』みたいな諺が一つだけではなく他にも似た様な『原則無視(道理を曲げる)』意味合いの諺が複数存在すると記憶しています。

  2. ただ言葉と理屈をずらずら並べているだけなんですよね。こういう人を日本でも世界でも頭がいいとは言わないですよね。頭のいい人の話というのは、簡潔で明瞭なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。