河野(洋平)氏「まず北朝鮮に謝罪からすべきだ」

個人的に、外務大臣である河野(太郎)氏を応援していますのでできればこんな記事は扱いたくありませんが、

「河野談話」の河野洋平氏が、「まず北朝鮮に謝罪からすべきだ」、「韓国に行ったのと同じぐらいの経済支援もしないといけない」と主張しました。

聯合ニュースの記事から、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<河野元長官(外務大臣)はこの日、日本都内で開かれた講演会で、日本の対北朝鮮政策と関連して「今、日本がしなければならないことは、韓半島の植民地化について「言葉もございません」と謝罪をすることだ」と強調した。

彼はまた「韓国には謝罪し、経済支援などを行ったが、北朝鮮とは国交もなくそうできていない」、「韓国と同程度の謝罪と経済支援を北朝鮮にもしなければならない」と述べた。

河野元長官はこの日、「拉致問題の解決なく、北朝鮮との国交正常化はありえない」と強調している安倍晋三総理の対北朝鮮政策にも苦言を惜しまなかった。

彼は「拉致問題というのは非常に難しく、深刻な問題」、「日本が国交を正常化することなく、植民地の問題も処理できなかった国として、ただ「(拉致被害者を)返せ、返せ」と言うだけでは、(拉致問題は)解決されない」と指摘した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180613210118050?rcmd=rn

 

記事を読んで、ある別の記事を思い出しました。これ、本にも載せたことありますが、1992年8月12日の京郷新聞の、「挺身隊蛮行を証言するためにソウルに来た吉田さん、”一人で千人以上の処女を狩った”」という記事です。

相変わらず挺身隊=慰安婦と同じ意味になっています。また、韓国では、「処女」は「結婚していない女性」という意味です。

吉田さんは「一人で千人以上処女を狩った(さらった)」、「日本政府が最後まで否認するなら天罰が下るだろう」などと主張しながら、こう話しています。

「当時日本政府が韓国人に犯した行為はナチスのユダヤ人虐殺と同じく天と人が共に怒るべき蛮行である。日本政府は1日でも早くこれを認め、補償する意味で京釜高速電鉄(の建設)費用7200億ウォンを無償提供することを提案する」

そこでなんで建設費用の話がでてくるんだ?と驚きましたが・・今日の河野洋平氏の記事もまた、なんでそこで経済支援の話が出てくるのでしょうか。「制裁緩和」を言うならまだわかりますけど(もちろん同意はしませんが)。

政治家出身の人が自分の意見を述べたことそれ自体に文句を言うつもりはありませんが、率直に、「善人のつもりでお金の話とは、見苦しいな」と思いました。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“河野(洋平)氏「まず北朝鮮に謝罪からすべきだ」” への59件の返信

  1. 応援していると、父親を非難できないですか?
    河野太郎氏が苦しむから?
    日本では気にしなくて良いですよ
    ご本人も別人格と言っておられますから
    多少そういうことがあっても、韓国のようにそれで最終的に窮地に陥ることはありません

  2. 小泉といい、過去にその方面から金貰った奴らが騒いでいるのかしら。リストが暴かれる日が来ると良いなぁ。

  3. 全然関係ないですが、現外務大臣の息子さんから生体肝移植を受けたんですよね。親子共々お元気で普通生活以上の活躍をされる姿は、患者さんやご家族にとっては希望の星だろうなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。