一貫性

「一貫性が無い」こと。手のひらを返すことが賢いこととされること。韓国社会が持つ大きな問題の一つです。

「嘘が親戚より役に立つ」という諺があると前にも書いたことがありますが、単に嘘をつくだけでなく、所属集団に合わせて持論を変えることが「求められている」のもまた韓国社会の特徴の一つです。

しかし、面白いことに、韓国人は誰かが「裏切り」の兆しを見せると、例えば「私たちが間違っているのではないか。いままで敵対していた勢力の意見が実は正しいのではないか」との意見を出すと、決まって他の全員からこう言われます。

「お前にはプライドが無いのか?」と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ハンギョレ新聞がこんな記事を載せました。

<北米(米朝)首脳会談前後、北朝鮮と金正恩国務委員長に対する日本の指導者の態度の変化には、めまいがする。日本人を拉致しておいて責任をとらない非人道的な国の首領は、いつのまにか「リーダーシップのある」首脳となり「新しい出発」のパートナーになった・・>

記事は、日本が北朝鮮にラブコールを送っている。なんでこうも態度を変えるのか。これは日本のDNAだ。そんな理屈を展開しています。

<・・最近の日本の指導者たちの行動に「プライドは無いのか」と言いたくなるが、振り返って見ると、彼らの態度と政治文化にはそういう遺伝子がある。実利の前に名分など容赦なく投げ捨て、大勢が傾いたと判断すると、ためらうことなく手のひらを変え、友人と敵を入れ替えるものである。日本の指導者たちは本当に一貫性が無いのか?実はその逆である。日本の指導者たちの言葉は、利益と目標を達成するための見せかけに過ぎない。一時的言動に対する道徳論的評価などどうでもよく、最終的な結果だけが唯一の判断基準である。日本の市民は体面も何もない安倍総理の労苦に支持率で答えている。国家理性の狡猾さは、どんなズルをしても結果が良ければいいという「小人輩(器の小さな人)」的行動に免罪符を与える>

http://v.media.daum.net/v/20180711195609899

 

すなわち、「手のひらを返して良い結果を求めるだけが一貫性といえば一貫性だ」という内容です。最後は日本国民もそうだというニュアンスになっていますね。

いつもの「日本という字を韓国に変えると成立する」記事だと見ることもできますが・・日本側から「いわゆる未来志向」な感じの発言もありましたが、基本的に日本は「制裁続行」派です。実際、北朝鮮も「日本は制裁に拘るな!」なことを何度も話しています。

「なにか刺激的な言葉で、日本を悪く言わないといけない」として、こんな内容を思いついたのなら・・ふっと、こんなことを思ってしまいます。「韓国人が、『日本は悪い』という結果に合わせて描いたのがこの内容(韓国の問題を日本に投影している)なら、韓国人にとってもっとも悪いのは韓国である」。それも、ずいぶん前から続いた、韓国の一貫性といえば一貫性です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

125+

“一貫性” への51件の返信

  1. こういう韓国人記者の記事を読んでいて感じるのは自己満足ですね。普通の先進国の人間は、簡単に論破されるような記事を書いても、バカにされるだけでむしろ逆効果と考えるはず。ところが韓国人記者はそういうことは御構いなしに、思いついたまま書いてしまうという感じがする。結局はただの自己満足。

    よく在日の人が、聞きもしないのに歌手の◯◯は在日だとか言うのですが、あれも、たとえ事実であっても言われた◯◯の方は迷惑なだけで、言っている在日が自分の自己満足で話しているだけ。

    差別されているという環境の中で同胞同士で足を引っ張り合う。哀れだと思うんですね。

  2. 表向きは賛成しておいて、相手の急所を突くという戦法がありまして…

    北朝鮮が「終戦」「平和」というカードを切ってきたので、これに真っ向から反対するのは良い手ではありません。いったんその方向に対して支持をして、「だったら、当然核放棄もするよね?」というカウンター攻撃をするのも、定石といえば定石なのです。

    日本とアメリカは、赤化統一しようが、中国の属国になろうが、そこにはあまり関心が無くなっていることに韓国人は早く気付くべきだと思うのですけどね。

  3. 日本の左派人士の中にはハンギョレの愛読者が少なくないのですけどね。
    ここまで日本人に対するヘイト記事を書いても、彼らは、安倍のせいで日本人が誤解されているととらえ、この誤解を解くため、安倍政権を倒して自民党を野党に落として韓国人に喜んでるもらえる革新政府を作り、韓国人の日本人に対する認識を新たにしてもらおうと本気で思っているのですよ。

  4. 「お前にはプライドが無いのか?」は日韓問題でいうところの
    「韓国に対する愛は無いのか?」と同義なのでしょうね。

    日韓交流の場で日本人の意見の妥当性を認めたりする韓国人は
    「お前それでも韓国人か?」みたいな言い方されるらしいけど
    それらも自我の軽視という点で共通しているのでしょう。

    自我の確立と公の精神の確立は切り離せないものだと思います。
    ウリを大事にすることは自分を大事にしないことでもあるし、
    ウリ優先のままでは他者を尊重する社会も作れないでしょう。

    1. 韓国人は、韓国という国に本当のところは愛なんかないと思います。
      私は単なる言い訳では?
      あるのは母国への憎しみと日本への恨みだけでしょう。
      成り上がりの国である韓国人の心根には、拭いきれない、絶対的な劣等感があるのでは?
      先進国の仲間入りしているつもりが、世界から見れば、まだまだと自覚もある、が、変なプライドやらが「精神勝利」だとか馬鹿らしい哲学で誤魔化してる。
      海外では、日本人のフリをしてみたり、移住希望者など、みんな逃げ腰。
      現在、現実、今の己を守る事に必死、だからいつも思考回路が同じ。
      いつまでも「・・の所為だ」「・・が悪い」己れの為だけの正義を振りかざし、所詮は「タカリ根性」から抜け出せない。
      が、そんな都合よく世界が回るはずもなく、その結果の「火病発症」
      半島に生まれた定めでしょうか、哀れです。

      シンさんは、韓国に「愛」はありますか?

  5. 在日の方のツイッターから。
    リンク先には韓国語の記事のスクショあり。

    https://twitter.com/Che_SYoung/status/1017308908354875392
    韓国経済が今大ピンチであることは誰もが知ってる。与党も、経済官僚も認めてる。しかし、与党が分析した原因が凄い。

    「今の経済危機は李明博、朴槿恵政権のせい」

    正直、これ聞いて呆れた。

    私が数十年間も聞いてきた「日本のせい」と同じに見えたから。他人のせいにしたら未来はないよ。

    1. 崔碩栄氏って在日なんでしょうか。
      十年間日本に滞在した経験があり韓国に帰国したとありますが。

  6. そうですね。韓国の全てと言っていいほど「日本は悪い」という結果有りきの「起承転結」
    例えそれが世界中から賞賛される出来事だったとしても、結論は、やれ「二重性」だとか「裏で金をばら撒いてる」とか、だいたい最後まで読まなくても同じです。
    こういう文章を読む度に、よくまあ恥ずかし気もなく、余裕もなく、あからさまな嫉妬、妬みなどを表せるものだなと思っています。
    それこそ少しはプライド見せれば?って感じです。
    日本人が、例えばWCなどでゴミを拾って帰るのは「日本人としてのプライド」だと思っています。
    海外では(旅行でも)特に、頭のどこかには「日本人として」というプライドを胸に抱いている人は少なくないのでは?

    日本と韓国では「プライド」の意味、もしくは解釈が正反対のようです。

  7. 韓国人が韓国を批判すると生きていけないので、日本の事として記事を書いて、読み手に韓国と読み変えろ、ということですね。

コメントは受け付けていません。