マッカーサー像の放火犯「あれは火刑だから放火じゃない」・・また別の反米集会に参加

7月27日にお伝えしたマッカーサー像の放火犯が、妙な主張をしながらそれからも自由に反米集会に参加していたことがわかりました。

朝鮮日報によると、犯人は「懲役刑を覚悟しておこなった」としながらも、「あれは火刑だから放火じゃない」と言い訳をしています。

記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・マッカーサー銅像に火をつけ、警察に自首したイ牧師(61歳)が警察の調査を受けて帰宅した後も、相次いで反米集会に参加したことが分かった・・

・・イ氏は警察の調査で「マッカーサーの火刑式だったので、私は放火を犯したのではない」と主張したと警察は明らかにした・・

・・イ牧師はそれからも忠清南道天安、ソウル光化門などで開かれた反米集会に参加した。牧師は28日、自分のソーシャルメディアのアカウントに「(マッカーサー銅像放火は)懲役刑を覚悟して犯した挙事(大きなことを起こす)だったが、不拘束(在宅)裁判になった」、「多分、拘束させれば世論が炎上するだろうから、それを憂慮したようだ」と書いた・・>

https://news.v.daum.net/v/20180731030419916

 

「懲役を覚悟した」なら、「火刑だから放火じゃない」と話す理由も無いのでは?な気がしますが・・

イ牧師は反米性向の市民団体「平和協定運動本部」、「反米闘争本部」の共同常任代表だそうです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

112+

45 Replies to “マッカーサー像の放火犯「あれは火刑だから放火じゃない」・・また別の反米集会に参加”

  1. 韓国人は一般もマスコミも機能的文盲化が顕著。
    放火とは火を放つこと。
    放火せずに火刑は執行できない。
    つまり、放火犯罪に加えて火刑という犯罪が追加される。
    習近平の写真にペンキぶちまけた女が中国当局に拘束されたが、器物破損罪に最高指導者侮辱の罪が加わる。習近平侮辱はやったが器物破損はしていないと主張するアホはいない。韓国ではそういう異常な主張が通用しマスコミも報道する。国民全員の文盲化が進む。これでは説明や説得は効果がない。鞭で叩いて矯正する以外に方法がない。

  2. なんか 現場の警察官なり 法律に基づいて 執行する職に就いてる人達の能力を疑っていいのかも、 つまりは ちゃんと刑法を読んでるのか?のレベル 理解力に乏しいからなのか?
    法律の存在意義は 格好だけで 国の体裁だけの事だろうな。
    王様が 法律って言う国だから(国民が王様になりたい民族)

  3. 再犯が当然に予想される確信犯の身柄を拘束しないって、ありえないだろう。
    「拘束させれば世論が炎上するだろうから、それを憂慮したようだ」と本人が言ってるし、まさに情治国家。

  4. まぁ〜ね 韓国国内でやるのなら 構わない
    アメリカでやるのも 構わない(やる度胸は無いだろうけど)
    北に、統一されたら 真っ先に 宗教団体は 吹っ飛ぶ予定だけどね
    其れを見越して恭順の証しとしてやったんだったら 無意味だろうね。 拍手喝采を夢見て演るのは 韓国国内限定で 日本で やらかそうとする輩が 増えるだろう 警戒は怠らないように。

  5. こうして
    ■公共的な像を明らかに放火する行為
    ■犯行現場が撮影されている
    ■しかし現行犯逮捕もされず
    ■その後捜査官による逮捕もされず
    ■英雄気取りで自首し
    ■やっとこ取調べはされたが捜査当局に身柄拘束もされず
    ■自由に次々と政治集会に出て
    ■自分の行為を自慢する
    異常と言うしかない。

    1. 名無しさん、へ

      やりたい放題の「放置国家だもの!」

  6. 朝鮮人は何か犯罪を犯しても 見苦しい 言い訳 か話しのすり替えの名人ですね。

  7. リッパート大使を襲撃した男を思い出しました。彼には日本大使館職員を襲った前科があり、北朝鮮系の団体で役員も務めていました。
    彼が逮捕される時も駄々っ子のように暴れて見苦しかったですが、この牧師も「牧師」という逃げ道を用意していて見苦しいですね。

コメントは受け付けていません。