We too

韓国ネタではありませんが・・Metoo運動関連でちょっとした話題があるみたいで、紹介します。Metoo運動そのものを評価下げするつもりはありませんが、このような「流れ」もあるということで・・

Metoo運動の火付け役というと、ハーヴェイ・ワインスタイン監督のセクハラ問題を暴露した女優(兼監督)アーシア・アルジェント氏がいます。

ですが、そのアーシア・アルジェント氏が、2013年、当時17歳の男を「sexually」に「assault」したという記事がありました。やられた方が「Metoo」したとか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

アルジェント氏は、男の口封じのために38万ドルをやったというから、まともな性行為でなかったのは事実のようです(当州の法律でも性行為は18歳からということになっているそうです)。

二人は某映画で母と子として出演したこともあるとか。

ソース記事(NYT)1

ソース記事(NYT)2

 

Me tooが、You too(オマエモナー)になっちゃダメでしょう。常識的に。

余談ですが、韓国ではすでにMetooは相手を嫌悪するための呪文みたいになってしまいました。加害者の法的処罰に拘りすぎることもあって、すでに今年(ニュースになった)自殺者だけで3人。

Metooはどっか行って、Youtoo(オマエモナー)ばかりで、もう韓国は「We too(ウリtoo)」状態です。

 

そういえば、韓国の左派は「右派がコメント操作した!」と騒いできました。ドリューキングというのが捕まって、右派は「左派もコメント操作した!」と反撃しました。ですが、例のドリューキングが、右派・左派の両方のコメント操作に加担したと自白したというニュースもありました。まさに、Wetooです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

124+

22 Replies to “We too”

  1. 女性が男性に気に入らない事があれば
    どんな事でもとにかくミートゥーと
    訴訟沙汰にしまくるかと思って居たのに
    まだ自殺者3人とは、韓国の民度は
    想像以上に高いと言えると思います。
    アイドル予備軍なんかは
    美人局攻撃を財閥相手に仕掛けまくる
    と思ってたのに…

コメントは受け付けていません。