システマティック

何気なく読んだ記事ですが、興味深いことが書いてあったので、紹介します。Jリーグで活躍することになったイニエスタ選手のインタビュー記事からです。

「(日本で)最も目を引いたのは、仕事の仕方、全て、きっちりと計算され尽くしていることかな。僕はかなり、物事をシステマチックに行う方だけれど、日本でのそれは、信じられないくらいだ。後は、人々の敬意の払い方とか、どこにいっても、誰もが手を貸そうとしてくれる。無償でね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00312981-nksports-socc

※本ブログにしては珍しく日本語記事ですので、興味をお持ちの方は原文もお読みください

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

流れからして、ここでいうsystematicは「規則的に」や「体系的に」が合っている気がします。

それって言いかえれば、「普通(当たり前のシステム)」のことではないでしょうか。

 

私の経験だと、日本は「普通」という概念が韓国とは大いに違います。韓国では、普通というのは「何もしなくてもただで手に入るもの」です。詳しくは「~手に入る『べき』もの」です。それすら無いのは論外だというのです。だから、誰も普通を尊重したりしません。でも、実は大勢の人々が「普通」ですらなれない状態にあります(韓国社会の普通というのは経済的なことばかりですので、なおさらそういうことになります)。

でも、日本の普通は、ただで手に入るものではありません。日本人でも日本社会の「普通」の基準から脱落する人もいるでしょうけど、特に私のように「外」から入ってきた人間は「成長の過程で自然な形で身につける」側面が日本人とは異なるため、なおさらそう思います。

言葉選びが適切なのかはわかりませんが、日本の普通は勝ち取るものです。地位や権力、学歴や名声で勝ち取るものではなく、「心構えと時間」で勝ち取るものです。長い時間をかけ、その間に心構えが動じない必要があります。

イニエスタ選手が話した「誰もが敬意を払ってくれる」ということも、実はその「普通」の一部ではないでしょうか。日本では「そうでないほうがおかしい」「そうでないと普通じゃない(悪い意味で)」となっていますが、外国から入ってきた人たちから見ると、それを普通として身につけるには時間と心構えが必要です。

「心構え」といっても、大したものではありません。日本の「普通」が大好きであること。それが一番望ましい心構えです。人為的な同調ではなく、ある種の「感化」に近い同調ができれば、やっと普通と言えるでしょう。

 

イニエスタ選手の日本生活が、有意義なものでありますように。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

153+

“システマティック” への64件の返信

  1. 『良い国』で投稿された内容との繋がりを何となく感じました。
    私にとっては小さな奇跡のような話で、いろいろなことに気付かされ、考えさせられました。

    今回も良いお話をありがとうございます。

    イニエスタ選手のインタビューも素敵でした。
    先日、日本庭園に興味があり庭付き一戸建ての購入を検討している、という報道を目にしました。
    嬉しくなります。

コメントは受け付けていません。