安倍総理、三選

安倍総理の三選が決まりました。この件で韓国側の情報を一つ書こうとしたのですが・・

目につく記事はどれも今までと同じ、「改憲」「周辺国と衝突」「日本はどこへいく」そんな内容ばかりで、しかも内容はおろか書き方も似たようなものが多く、これといって特徴のあるものがありませんでした。

そのワンパターンな記事のオンパレードの中から、今朝のエントリー繋がり(これを繋がりと言っていいかどうか微妙ですが)で、「北風」関連のものを一つ紹介します。国民日報の記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・安倍総理は2回目の執権以来、集団的自衛権法(安全保障関連法制)を強行して通過させるなど、極右政治家の姿を隠そうとしなかった。教科書を通じた領土教育を強化し、戦後反省を否定する修正主義歴史観を掲げ、保守右翼層を結集させたのが彼の長期政権の原動力となった。

安倍総理はずっと強硬な対北朝鮮政策を強調してきたが、実際には彼ほど北朝鮮の徳を見た(※「助けてもらった」という意味)人もいない。彼は2002年の官房長官時代、小泉純一郎総理の平壌訪問に同行し、日本人拉致事件を浮上させてスター政治家に成長した。再執権後にも私学スキャンダルなど危機のたびに対北強硬発言で支持率を引き上げ、北朝鮮の核・ミサイル挑発を日本の軍備拡充に利用した。今年の朝鮮半島の和解ムードの中で「ジャパンパッシング」批判を受けても、日本人拉致問題の再び持ち出して雰囲気を逆転させた・・>

https://news.v.daum.net/v/20180920182459222

 

この「北風のおかげで支持率が上がった」とする主張は、言い換えれば「安倍総理は朝鮮半島の統一を望んでいない」という意味にもなります。すなわち、「彼は朝鮮半島統一の邪魔者になる」ということです。そう書けば話が早いものを、どうしてこうも回りくどい書き方にするのでしょうか。

余談ですが、北朝鮮のおかげで支持率上がった人なら、今朝のエントリーで1人紹介したばかりです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

138+

“安倍総理、三選” への70件の返信

  1. この韓国のニュースは日本では「下衆の勘繰り」と言い最も嫌われる言いまわしです。
    シンシアリーさんのような方が居るので一概には言えないのですが、やはし「朝鮮人はおかしい。」と言わざるを得ないのです。

  2. 安倍首相より農政重視で防災対応を積極的に主張していた印象が石破にはあるにもかかわらず、今回の総裁選において農村地帯や福島・北海道などでも軍配は安倍首相に上がっていた。また、今回石破に投票した議員や地方党員が支持しているからという理由で石破に投票したのかというと、そうではなく、反安倍という要素が大きいだろう。もし、次の総裁選においても安倍首相と石破という構図になるのだとすれば、今回の総裁選は石破にとって意義のあるものだった。しかし、ご存じの通り規定によって安倍首相は立候補できないし、本人も最後の総裁選だと言っていた。次の総裁選に誰が立候補するかまだ定かではないが、岸田と石破は立候補する可能性が高い。そしてもし両者の一騎打ちになるのだとすれば、石破つぶしのため、また自身に尽力してくれた恩返しに安倍首相は岸田を支持するように細田派を説得するかもしれないし、そうなれば麻生派も岸田を支持するだろう。個人的にも岸田のほうが安倍首相の外交政策を少なからず踏襲するだろうから、彼のほうが良い。石破が総裁になった場合、文在寅がしているように前政権つまり安倍首相との違いを強調することに力をいれるだろうから、外交政策を大幅に方針転換する懸念がある。

    1. 岸田は全く駄目だね。世界遺産の韓国への対応と騙されっぷりを見れば。
      岸田が総理になれば、石破とは協調するでしょう。そしてまた日本は韓国に利用され卑下される時代が来るだけ。

      1. 岸田の外相時代の失態ぶりは理解しています。
        ただ、慰安婦合意に関して岸田は当事者であり、現に日本はするべきことをやったと言ってる。
        対して石破は、相手の話も聞いてみないとと論外なことを言ってる。
        この両者の二択しかないのならば、断然、岸田のほうが良いでしょう。

  3. 野党も似たようなことを国会で言ってたね。緒方なんとかっていう議員だったような。無礼にもほどがあるっていうか、ストレス発散したいだけの誹謗中傷なら貴重な質問時間を使うなと言いたい。質問時間の意義を分かってんのかと。

  4. 可笑しな話だ。
    一刻も早く、日本に対しては敵国宣言をしろ。
    銭欲しさにネチネチやるのが朝鮮半島だが、見苦しすぎる。

  5. 安倍晋三(+麻生太郎氏)のサラブレットぶりが凄過ぎで,天皇家,吉田茂,岸信介-佐藤栄作兄弟,麻生太郎とは親戚で,岸信介は祖父,佐藤榮作は大叔父,妻の昭恵さんは第5代森永製菓社長の娘. 天皇家ともしっかり繋がっていて,特に麻生太郎は天皇家と非常に近い血縁関係にあり,安部,麻生は親戚同士で天皇家とも血縁関係にある.安部総理は戦後の歴代総理の在職期間を更新中で(現在5位),このまま2021年まで行けば,大叔父の佐藤榮作(2位),明治時代の桂太郎(1位)を抜いて戦前戦後,つまり明治維新以降の歴代総理で在職最長記録になる予定.

    1. >匿名さん

      安倍総理の家系には遠く及ばないものの、
      石破茂さんだって、一般人からみれば
      相当のサラブレッドだとは思います。

      
東電の大株主三井住友の元行員。
      石破夫人は昭和電工取締役の娘で、東京電力と昭和電工は兄弟企業。親資本は日本15大財閥の一つの森コンツェルン。

      財閥・森コンツェルン(森ビルとは無関係)は、美智子皇后の縁戚
      森・鈴木(味の素創始者)両家が設立、経営していた戦前の旧東信電気は
      現在の東京電力の一部
      石破茂さん自身が東電の大株主で、娘さんも東電に入社

      石破茂さんの父親の石破 二朗さんは日本の内務・建設官僚、政治家。正三位勲一等。
      鳥取県知事(第39代)鈴木善幸内閣において、自治大臣(第28代)兼国家公安委員会委員長(第38代)を務めた。

      石破茂さんも代々名門のおぼっちゃまで、良家のご子息であることは確かです。
      ただ、政界の家系図で安倍総理と並ぶ人は、同じ縁戚の麻生太郎さん以外にはいないと思われ。

  6. 公式には日韓基本条約どおり「大韓民国を朝鮮半島の唯一の政権とする」という見解のままでしょうね。むしろ韓国政府が基本条約の事を忘れているようなw

    1. 前段があるんですよ。「国連決議第195号(III)に明らかに示されているとおりの」という。(もちろん、後の状況を想定してわざわざ入れているのです。日本の官僚を舐めてはいけない。)

      だから、北朝鮮の国連加盟でほぼ無効になっています。国連は北朝鮮の主権を認めたのですから。その後は、日朝間で国交樹立交渉をしても韓国は文句を言いませんでした。
      朝鮮戦争が終戦したら完全に無効です。

      韓国政府が忘れている(無視している)のは、自国の憲法です。北朝鮮の国連加盟からずっと憲法違反状態。

  7. 安倍さん朝鮮半島の統一は望んでいません。その通りです。
    完全なる非核化の後北朝鮮の独立を承認する。
    完全なる非核化を拒むしも朝鮮とは断交でしょう。
    国際社会からの要請です。
    最貧国を目指してもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。