文大統領の支持率(国政支持度)、SBS世論調査で72.1%

「逆」北風がすごい勢いを見せています。この前、リアルメーターの世論調査で60%を回復したとされた文在寅大統領の支持率(国政支持度)ですが、地上波放送局であるSBSの世論調査では、なんと72.1%を記録しました。

同じSBSの世論調査では、文氏の支持率は49%まで下がっていました。まさに急反騰です。ここまで急に支持率が回復した理由は、言うまでもなく、北朝鮮との首脳会談です。

少し詳しく見てみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・とても良い33.2%、やや良い38.9%で、肯定的評価(支持する)が72.1%、否定的評価(支持しない)は24.2%

・雇用ショックと分配の悪化により、最近、いくつかの調査で49%まで落ちていた

・今年初めを超えるレベルまで急反発した理由は、何よりも南北首脳会談の効果

・肯定評価する人のうち60.8%がその理由で「対北朝鮮と北朝鮮の核問題への対応」を選んだ

・否定的評価は、半分以上が「経済政策」(52.2%)

・政党支持率は、共に民主党が41.1%、自由韓国党8.7%、正義党8%

https://news.v.daum.net/v/20180924201504085

 

「朝鮮半島統一後に日本に起こること」に、韓国人は自民族優越主義の歓声として朝鮮半島の統一に壮大な夢を見ていて、それは大きな同調圧力として作用していると書いた部分がありますが・・・経済悪化を打ち消すとは、さすがです。

文在寅氏と金正恩氏のラブストーリー「君の政府をたべたい」、この人気はいつまで続くのでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

106+

52 Replies to “文大統領の支持率(国政支持度)、SBS世論調査で72.1%”

コメントは受け付けていません。