歩行権

告知も無しに更新が遅くなって申し訳ございません。

『ついに消されたか』(前は、更新が止まるとよくこう言われました。懐かしい挨拶です)

さて、じゃぱんらいふカテゴリーですが、ほとんどは韓国側の記事からの引用となります。私が前から考えていたことを扱った内容の記事があったからです。

本ブログでも何度か取り上げたことがありますが、韓国の「歩道に駐車する」問題は本当に深刻です。これ、何年か前で大邱(テグ)というところで撮った写真ですが・・ここ、歩道です。

ここまでではないにせよ、韓国では、歩道に車が半分乗りかかっている駐車(前輪と後輪でタイヤが一つずつ歩道に上がって車が半分は車道、半分は歩道に駐車してある)は極めて当然のごとく行われています。

さらに壮観(?)なのが、住宅街など、いわゆる「路地」です。駐車場が無い家が多いせいで、駐車問題は日常で、広くもない道に車が何台も駐車しているし、しかも道の両側に駐車しているから、本当に歩くだけで大変です。ソース記事も、基本的には路地でのこととなります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本に来てから、そんな経験は無くなりましたが・・この問題、人が道を自由に歩く権利、ソース記事では「歩行権」としていますが、この歩行権において、なぜ日本と韓国でここまで差があるのかを分析した記事を紹介します。韓国では珍しく歩行権について研究し続けている、韓国交通大学のチン・ジャンウォン教授の分析です。

 

<日本の歩行権が韓国より優れている理由>

・その1車庫証明制度

まず、車庫証明制度だ。日本は1962年から施行している。車の所有者が駐車場を確保しなければ自動車の登録ができないシステム。韓国は1990年代以降、数回の導入を推進したが、保留され、済州島だけ2007年から部分的に実施している。

・その2官民協力、その3長期的観点

日本は「官民協力」ができた。徹底的に民と官が協力して路地を改善した。しかし、韓国はトップダウン(top-down、上から下へ)のやり方しかできず、失敗した。韓国は実績を重視しすぎで、とりあえず期限内に予算を全部使ってとりあえず完成をさせようとするから、副作用があまりにも多い。日本は、住民と住民の間、民と官の間で、合意ができるまで、それだけで街が一つできるほど話し合いを続ける。ソウルは路地改善事業が平均8ヶ月、長くて1年で終わった。日本は平均4年で、10年かかった事例もある

・その4主務省庁の認識

韓国の国土交通部(国土交通省)は、路地は道路ではないと思っている。国道や高速道路のような大規模な道路だけを、自分たちの管轄だと思いたいようだ。日本の国土交通省は、路地事業予算を確保し続け、支援も続けた。韓国はそんな動きを見せない

https://news.v.daum.net/v/20180929154238201

 

その1~4、なんというか、日韓「全般」比較のような気もします。

確かに国土交通部の認識もそうですが、「車の所有者の認識」がもっと問題でしょう。韓国人は、人の家の前にも平気で駐車します。そのせいで、韓国の住宅街では自分の家の周辺に(他人が駐車できないようにするための)何かの物を置いておく風景を、よく見かけます。小さなドラム缶とか、タイヤとか。

当然、「そこは道路だから国有地だ。物を置くな」と「家の前なのに何いってんだ」という衝突も多く・・「大きな車が好き」という風潮も、駐車問題を更に難しくしています。

私は、車(Cちゃん)を知り合いの洗車場に月極で駐車していたのでそんな問題に巻き込まれずにすみましたが、本当に「やってられない」状態だと、よく耳にします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

145+

81 Replies to “歩行権”

  1. 「権利」には「義務」と「責任」がついてくるんですが
    韓国の場合の「権利」は「要求するだけ」ですね。単なるエゴ
    路駐する「権利」はありますよ罰金払う覚悟があるなら
    その折り合いをつけるのが行政でしょうけど
    「駐車場が無いのが悪いニダ」「点字ブロックもふさがれてるニダ」
    などで収集つかないでしょう。石破の話し合い政治はこうなる。

    駐禁取締りを民間委託する前はミニパトでチョークでタイヤにマークをしてましたね。韓国にはミニパトは無さそうだけど

  2. 韓国は、政府強行が出来ない国ですからね。
    支持率 命ですから。
    まずは法整備からでは?
    昔、韓国ドラマで大金持ちの家でも、家の前に路駐してたのを思いだしました。
    私はマンション住みですが、2階建ての駐車場もあります、他、マンションの一階も、平置きもあります。100台は余裕で止められるので、余った場合は、近場の会社とかに貸してるみたいです。
    来客用もあります。
    今から建てる家とかマンションとか、徐々にでもやっていかないとですよね。
    「歩行権」とか、馬鹿げた権利を持ち出して、笑わられるだけです。
    やる事と権利の辻褄が合わないのも韓国の特質ですよね。

コメントは受け付けていません。