「韓国人は偉い」コピペの裏側

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

韓国側のネットで、「韓国人は偉い」のソースとしてたまに目につくコピペがあります。

平均IQ105を越える唯一の国、働く時間2位・遊ぶ時間3位・睡眠時間がもっとも短い国、非識字率1%未満の唯一の国、アメリカとまともに戦争しても3日以上耐えられる8カ国のうちの1国、高齢者保護席(優先席)制度がある5カ国のうちの1国、世界2位の経済大国である日本を足指の爪の垢ほども思わない国、女性家族部が存在する唯一の国・・・(以下略

韓国を「賛美」に近いかたちで書いている、しかも普通の韓国人でも「いやそれちがうよ」と何度も止めに入りたくなる、「韓国人を語る」という本のまとめです。

ザ・タイムズの記者として15年以上韓国で暮らしたマイケル・ブリーン氏が1999年に出版した本で、「ハングルはすべての音を表現できる」「韓国人の精神はすばらしい」「韓国の水が世界で一番おいしい」、そして反日思想、特に独立運動(暗殺など)への賛美、日本軍が中国人を数千万人殺したとか、そんな内容が書いてあり、英語版まで出ている、困った本です。

ですが、その本の中には、こんな内容もあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・韓国社会で人の行動をコントロールするのは、法ではなく、周りの人たちとの関係である

・韓国人は周りの人たちとの関係を、家族の拡張版と考えている

・欧米では人は、人は平等だという考えを持つ。欧米人は、自分よりも権威を持ち、経験豊富な人がいることを認めながらも、人間関係を上下と見る世界観には同意しない。欧米人の平等という理想を支え重要な役割を果たすのが、法である

・韓国社会では、構成員(同じ集団の人たち)の間の適切な人間関係が大事であるため、人には上下関係があるという考えを持つ。そもそも、韓国社会では家族は上下関係の典型である

 

すなわち、「だから家族の拡張である社会での人間関係も、儒教思想で家族みたいに、典型的な上下関係になるしかない」、という趣旨になります。

なんでもかんでも「韓国最高!」としていたイギリス人でも、この問題だけは、明らかに「間違っている」と書いているわけです。本当に、「これだけは認めざるを得ない」と思ったのでしょう。

それに、2017年には、マイケルブリーン氏はろうそくデモのことを「民主主義として受け入れることはできない」と主張したこともあります。

もちろん、韓国でコピペ引用されるときには、そのような内容は含まれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

129+

56 Replies to “「韓国人は偉い」コピペの裏側”

  1. ドイツ元首相ゲアハルト・シュレーダー氏、韓国人女性と結婚。

    シュレーダーは、「日本はドイツに倣って韓国に謝罪しろ」発言で悪名高い。

    韓国人女性と結婚、そういうことだったわけね。納得。

    1. 宮中秘儀の継承者が沢山居るんだね。
      ttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/53117

コメントは受け付けていません。