「民主社会のための弁護士の会」など韓国の市民団体、日本で「朝鮮学校無償化」要求集会

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

「EDUニュース」という、教育関連ネットメディアの報道です。

団体名は記事から直訳した名称となります。

<・・全国教職員労働組合(全教組)、全国女性農民会総連合、全国農民会総連盟、民主社会のための弁護士の会、海外同胞など40人は、10月31日から11月3日まで、日本の高校無償化の朝鮮学校排除に反対する連絡会が主催する「朝鮮学校差別反対 – 高校無償化適用」を促す11次金曜行動に参加し、日本安倍政府の反人権的差別政策を糾弾して是正を促した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・全教組からはイ・ウルジェ副委員長など6人が参加した。金曜行動参加団は2日、日本の衆議院第3会議室で記者会見を開き、日本政府の朝鮮学校に対する不当な差別を中断することを促した。記者会見には、朝日新聞など日本の主要メディアの記者が熱い取材を行ったという。記者たちは金曜行動の趣旨に関心を見せ、特に韓国で金曜行動参加団が日本を訪問し、連帯活動を広げる理由を不思議に思ったとの話だ。

これに対して記者会見の参加者たちは「日帝強占期に日本の強制徴用などで日本で住んでいる在日同胞に対する差別について怒って、日本政府の誤りを糾弾して是正を促すことは、自然で正当な同胞愛の発現 だ」と述べた・・>

http://www.edunews.co.kr/news/articleView.html?idxno=49988

※危ないサイトだとは思っていませんが、初めて引用するソースですので、ソースURLはプレーンテキスト(リンクなし)にしておきます。

 

NAVERやDAUMなど、あくまでネットでの話ではありますが、韓国ですら、この件については「排除して当たり前ではないのか」という意見が少なくありません。にもかかわらず、市民団体は熱心に動いているようです。

彼らの言う「日帝強占期に日本の強制徴用などで日本で住んでいる在日同胞」という主張は、「動員された朝鮮人は全員が強制労働(韓国で言う強制徴用)だった」とする韓国側の認識の拡張版にも見えます。

それ以外を主張するのは「反民族」行為だから、でしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

126+

“「民主社会のための弁護士の会」など韓国の市民団体、日本で「朝鮮学校無償化」要求集会” への39件の返信

  1. 朝鮮学校は他の外国人学校にとっても迷惑な存在
    他の外国人学校は日本政府に協力することによって自分達の立場をよくしようと考えてるが朝鮮学校は極めて閉鎖的で地位向上に無頓着
    ゆえに外国人学校の地位向上にマイナス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。