菅官房長官「最高裁判決が確定した時点で韓国は国際法を違反したことになる」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

イ・ナクヨン韓国総理の「立場文」に対し、菅義偉官房長官が「協定とは司法部も含めた国家全体を拘束するものだ」と反論し、韓国政府に早く対策を用意しろと促しました。

聯合ニュースから部分引用してみます。

<菅義偉・日本官房長官は、李洛淵(イ・ナクヨン)総理が最高裁判所の強制徴用判決に対する日本政府の指導者の過激発言に懸念を示したことについて、「直ちに適切な措置を取ることだ」と重ねて要求した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・日本政府のスポークスマンである彼は、8日の定例ブリーフィングで、「日本政府の指導者の発言は妥当でもなく、賢明でもない」としたイ総理の前日の発表に対する日本政府の立場は何なのかという質問に、このように答えた。

菅長官は「韓国最高裁の判決は、日韓請求権協定に明らかに反するもので、非常に残念」とし「協定は、司法部を含めて国全体を拘束するもので、判決確定の時点で韓国による国際法違反の状態が生じた」と重ねて主張した。

続いて「韓国政府に対し、国際法違反状態の是正を含め、すぐに適切な措置をするように要求している」とし「韓国政府が具体的にどのような対応を講究するのか、注視していく」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181108114833773?rcmd=rn

 

「韓国政府が対策を講じるべきだ」というのは、言い換えれば「韓国政府が賠償しろ」という意味になります。安倍総理、河野外相、菅官房長官の言葉が、共通的にそれを表しており、「それ(韓国政府が賠償すること=日本の戦後処理はすでに済んでいるから、韓国の司法部がどう判断しようと責任は韓国政府にある)以外は国際法違反として扱う」というスタンスがわかります。

だから「国家そのもの(国全体)」という話も出てくるわけです。

韓国側の反応は、基本的に大統領が隠れて「私は知らない」を繰り返します。朴槿恵政権からの「民間がやったことだから知らない」、文在寅政権になって「司法部がやったことだから知らない」などです。

ただ一つ差があるなら、朴たんは「この件(いわゆる強制徴用判決)が確定した場合、韓国という国家そのものが対象となり、『知らない』が効かなくなる」と予想していたのかもしれません。でも、文たんは、それでも「私は知らない」を続けています。

 

とはいえ、大統領には公式演説のスケジュールもありますから、いつまでも外交部長官や国務総理を盾にして、何も言わないでいることはできないでしょう。さすがに演説の場で「何も言わない」と、袋叩きにされるでしょうから。

公式演説というと、もっとも早いのが・・確か、1月2日~4日の間に、大統領の新年演説があったはずです。その場で、文たんが何をどう言うのか。気になるところです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

197+

“菅官房長官「最高裁判決が確定した時点で韓国は国際法を違反したことになる」” への142件の返信

  1. 国際司法裁判所に提訴、しないでしょ。
    単なるこけ脅し。
    日本側に勝ち目無いですもん。
    幸か不幸か韓国人自体は”自分たちに不利だ”と勘違いしてくれていますが。

  2. 国際法とやらに違反しても直接的なペナルティはない。
    ペナルティを課す立場の日本がサボってますからね。

    自分がルールを守る気があるなら、ルールを破る相手に
    守らせるための努力をしなければならないんですけどね。
    世界警察なんてものがないんだから。
    内向的な自己満足だけでは秩序は形成できません。

  3. >>朴たんは「この件(いわゆる強制徴用判決)が確定した場合、韓国という国家そのものが対象となり、『知らない』が効かなくなる」と予想していたのかもしれません。でも、文たんは、それでも「私は知らない」を続けています。

    朴槿恵は就任当初から反日全開でとても一国の指導者とは思えない方でした。ただ彼女自身「日米の協力がなければ韓国は立ちいかない」ということは理解していたのだと思います。
    だから徴用判決の先送りはもちろん、慰安婦合意の締結や戦時統帥権の延長など、あえて国民との意思とは反対のことをした。
    文在寅はわかりません。彼自身、北の傀儡として「韓国の孤立(北への接近)」を自覚してやっているのかもしれないし、国民と同様に反日のカタルシスに酔って無自覚にやっているのかもしれない。
    ただ一つ言えることはこれからも文の責任は追及されるということです。日本はある意味で韓国を「子供」として扱って責任を追及することはなかった。今度は「大人」としての責任を追及していくということです。

  4. 流石にそこまで待てないでしょ。
    何もリアクションがなければ、日本政府が国際司法裁判所に提訴するよ。
    その段階でコメントを求められるでしょ。
    国内記者にメール配信するだけかもしれんけど(笑)

  5.  それにしても、こういう判決を出したくて人事を行ったのに、蓋を開けたら自分は逃げまくるムンムンてひでー。
     すごい、ここまで逃げまくれるもんなんだ、こんだけ破壊しといて。
     自分がやりたくてやったんだろうに、なんなんだ、この人。
     しかもまだ結構な支持率有るところが韓国だわー···。
     
     日本なんか眼中にないんでしょうけど、それにしてもどういうつもりだったんだろう?

     慰安婦みたいにごねられると思ってたんだろうか····、

  6. 国防に関しても
    徴用工の判決が出た二日後に、徴兵制を根本から揺るがす判決を韓国の最高裁判所は出している。

    この政権は、河を渡り切ってその河を背にしてる状態。(それも二つの大河を)
    前(統一)に進むしかないんだよ。
    戻ろうと思っても、また河を渡らなければならないし、その途中で河を渡った責任を問われて流されるだけ。

    統一に辿り着けるか、はたまた最悪の方に行くのか。

    日韓基本条約までを反故にしてるんだから、日本が助言する必要も協力する必要性もない。
    韓国一国で前に進むべきこと。
    朝鮮人がはじめて「独り歩き」をしてるんだから生暖かい目で眺めているべき。
    もう後戻りはできないよ。

  7. 菅官房長官の定例記者会見での発言の確認
    「当協定は司法府を含む当事国全体を拘束するものであり,大法院の判決が確定をした時点で韓国による国際法違反の状態が生じている」

    リンク先記事で概ね要旨は合っている.ただし 菅長官は主語を日韓請求権協定に限定したのに対し,記事は協定という行為すべてに一般化して誤読する可能性もある.

    んー,日本政府が踏込んだな という印象.解釈には議論がありそうな部分にまで断定的に言及するのは韓国の常套手段だが,日本政府としては珍しい気がする.韓国政府は外交的保護権を行使するまではセーフと思っていただろうし,正直に言えば私もそう考えていた.違反の認識が比較的共有し易い部分を突くと思った.

    今までとは攻め方が違う.あえて言えば中韓的な戦術で,ともすれば一方的と思われる主張も繰り出し始めた.

    そして この「司法府を含む当事国全体を拘束」という主張の破壊力は大きい.これは,今回の判決を見直すか(司法府),法を改正するか(立法府),あるいは条約を破棄するか(行政府),何れかを迫るものだ.

    現在の韓国の状況では,行政府の対応しか出来そうにないのだ.簡単に言えば「(当該協定を含む)基本条約の破棄を韓国から言い出せ」と申し渡したようなもの.

    文タンには自分の責任となるような,そんな覚悟は無い.「日本は事を荒立てるな」と逃げ回ることだろう.

    現在の姿勢をどこまで突き進めるかはわからないが,今までとは次元が異なる対応なのは確かだ.

    ハルノートもそうだったけど,日本は火が点いちゃうと大変だよ
    ま 今回は逆なのかも知れないけどねぇ

    1. 外交的保護権を行使するまではセーフと私も思っていました。
      でも、判決の訳文を読んで考えを改めました。

      協定が基本条約の目的(過去の清算による国交樹立)を構成する一部だからなんです。

      ところが、判決は、協定(基本条約)では過去は清算されていない、と言ってしまいました。韓国という国家を日本が承認した前提条件を否定してしまいました。(その認識が韓国司法にあるかどうか疑わしいのですが。)

      だから、日本政府は韓国に対して国家として前提条件(過去の清算)を肯定しろと迫るしかないのです。
      日本政府としては、基本条約の破棄 = 国家承認の取り消し、に至るとは考えていないと思いますが、現状はそこまで来ています。

      1. mottonさん
        自分は次期総理は菅さんにお願いしたいくらい菅さんが好きなのですが、今回の発言はちょっとおかしいだろうと思っていました。
        なるほど、そういうことなんですね。
        大変参考になりました。
        ありがとうございます。
        ムンムンの狙いがまったくわからないので(目的と手段をいくつか組み合わせて考えてみたけどしっくりくる回答が得られない)、日本がどのように動くべきなのか、自分はなんとも言えません。
        ここでいろいろ勉強させて貰っています。

    2. >今回の判決を見直すか(司法府),法を改正するか(立法府),あるいは条約を破棄するか(行政府),何れかを迫るものだ.

      ①今回の判決を見直すか(司法府)
      大法院(最高裁判所)の判決なので、どこもそれを覆す権限を有しないw

      ②法を改正するか(立法府)
      現実的にはこれしかないw
      「『賠償、慰謝料』は韓国政府が持つ」というねw
      ムンたん政権がこれに耐えられるか??

      ③あるいは条約を破棄するか(行政府)
      やれるもんならやってみろw

      盛り上がってまいりましたw

      1. >①今回の判決を見直すか(司法府)
        大法院(最高裁判所)の判決なので、どこもそれを覆す権限を有しないw

        大法院「メンゴ、メンゴww間違えちったww 判決やり直しww。
        ダメ、やっぱダメ。ノーカンノーカンww」

        なんてなw
         

          1. いや、韓国の裁判所なら、できると信じます(笑)

          2. 追記
            再審出来る事に(今からでも)すればよいのですよ。
            どうせ、遡及法の国だし。誰も驚かないでしょ。

          3. 大法院の最終判決が、ICJにより国際法や条約に違反しているという判決が降った場合、大統領は大法院に対し、ICJ判決を踏まえた審議のやり直しを命じることができる。

            これでいいでしょう。
            大統領の命令権限発生を、大統領自身の判断ではなく国際機関にゆだねることによって、三権分立の建前も維持できます。
            きわめて希な条件での確定判決差し戻しだから遡及法にもあたりますまい、あたらないんじゃないかなぁ、まあちょっと覚悟はしておけ。

          4. >また来たよ さん
            2018年11月9日 12:57
            それをやったら、やったで、信用ガタ落ちですけどw

            ですねw
            ま、だいぶ覚悟はしておけw

  8. 文在寅も新年の挨拶は竹島から行えばそこで何を言っても韓国民からは支持されるんじゃね?
    困ったら反日ブーストだ

  9. 在韓米軍の縮小・撤退が始まるのでは?
    米国内でも意見が割れているのでしょうが、少なくとも、再選されたトランプ大統領は撤退したくてしょうがない(理由:在韓米軍のコストが惜しい)みたいですし。おそらく、この件に関しては米国民主党も反対しない。
    まあ完全撤退ではないにしても、THAADだけ残して、最終的には人員がほとんど撤収になるんじゃないですかね。
    そう言えば、米軍極東ミサイル防衛部隊の指揮所が日本国内で統合整理されたんじゃなかったでしたっけ?
    文政権、いつまで保つかな。

    1. おそらく、空軍だけが居残ることになると思います。戦略的意義が大きいし直ぐ逃げられますから。
      陸軍は完全撤退ですね。アメリカ人の生命を半島で消費するのはもったいないですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。