新日鉄住金への賠償請求、183人追加か

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

個人賠償請求(新日鉄住金)の件で、弁護人団が「24日まで協議に応じないなら、新日鉄住金の韓国内資産の差し押さえに入る」と発表しました。

その際に明らかになったことですが、まず。新日鉄住金の韓国内の知的財産権、約3000件も、差し押さえの対象にしていること。

そして、183人の「被害者」を追加で集めていること。この二つを韓国側の記事から引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・イム弁護士は、差し押さえ資産と関連して、「新日鉄住金は、ポスコと合弁設立したPNR社の株式を234万株持っており、これは、110億ウォン程度と推定されている」とし「新日鉄住金が持っている韓国内の知的財産権3,000件なども押収することができる資産」とした・・>

<・・弁護人は、今月中に他の被害者を対象に説明会を開いて新日鉄住金を相手に追加訴訟を進行する計画も明らかにした。新日鉄住金と関連した被害者は183人という太平洋戦争被害者補償推進協議会の調査結果があった・・>

<・・新日鉄住金側は「会わない」という立場を繰り返したが、その理由を教えてほしいという弁護団の要請に「言いたいことがないから」と答えた。イム弁護士は「一国の最高裁判所が下した判決であり、長い期間に行われた訴訟という点で、原告代理人として、これらの回答を侮辱であると感じた」と批判した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181204180834748

https://news.v.daum.net/v/20181204173838852

 

外交的保護権というのがあります。国際法に違反したA国の措置により、B国が自国民の損害を確認できたとき、B国がA国に国家としての責任を要求できる権利を意味します。

さて、来年早々、ICJ提訴をはじめ、いろいろな展開があるのではないでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

141+

81 Replies to “新日鉄住金への賠償請求、183人追加か”

  1. >「言いたいことがないから」
    まさに、まさに、絶句。
    …声闘が常態化している彼らにとって、絶句を良いことのように考えているのでしょうが。

  2. もし勝手に賠償に応じる企業がでれば、そいつは国内で商売できなくなるな
    まあ、それだけで済めばいいけどさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。