ジョリドリム(조리돌림)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

今日は、文在寅氏が大統領選挙で勝利する1ヶ月前に発売された「月刊朝鮮」2017年5月号の、編集部長が書いたコラムを部分引用します。

本文に「ジョリドリム」という言葉が出てきますが、これは朝鮮時代、ちゃんと人に刑罰を与える権限の無い人たち(村や町のの年長者など)が、町や共同体の規則を破った人に与えた懲罰のことです。まず「罪人」を裸にして、その背中に太鼓を乗せ、太鼓を叩きながら「この人は~~な罪を犯しました!この人は~~な罪を犯しました!」と大声を出しながら、その人を連れて町中を回ります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

<・・私は、今の大韓民国が何かの集団催眠にかかって、過去に向かって全員が後ろ歩きする異様な国になったと思う。残念ながら「月刊朝鮮」5月号が発売されてから20日後に選ばれるはずの新大統領の候補たちも、揃いも揃って過去を指刺ししている。「積弊清算論」がそれだ。

「積弊」とは、文字通り「長い間、積もり積もった弊害」のことだ。それを清算するという言葉は、10年前に誰かがそうだったように、「正義が敗北し機会主義が勢力を伸ばした国」あるいはその歴史を根こそぎ変えるというものである。次の5年の間にどんなことが起きるのか見なくてもわかる。幾度もなく経験したからだ(※『誰か』とは盧武鉉氏のことでで、氏は韓国を「正義が敗北し、機会主義者たちが勢力を得た国だ」と話しました)・・

 

・・気に入らない勢力を「親日派」あるいは「米国におもねる事大主義者」というレッテル貼りで恥をかかせ、ジョリドリムするだろう。企業の自由な活動を妨害して貧富の格差、あるいは公平という言葉を掲げて、お金を出せと強要するだろう。自由な言論の批判を守旧既得権勢力だと主張し、抹殺しようとするだろう。

自分だけが正義で、私を除いた反対側にいるのは全員が守旧・既得権勢力・国家発展を阻害する勢力・不倶戴天(※同じ天のもとではいられないほど憎い)の敵だというなら、いったいこの狭い地で、私たちは一緒に生きる理由があるのだろうか。いっそのこと、お互いきれいさっぱり「二度と顔を合わせないようにしよう」と背を向けることが、はるかに理性的であろう。

60年代の中国で起きた文化大革命の「再版」が、21世紀韓国の地で行われるだろう。血なまぐさい殺し合いがメビウスの輪みたいに無限に繰り返されるだろう。10年前の失敗(※前の左派政権のこと)を味わった彼らはより執拗で残酷に粛清の刃を振り回すであろう。

ここで懸念される点がある。私たち民族が、過去にその類例を見ないほど残酷になったという事実である。

性格残忍な過去志向の韓国人たちは、今も止まることを知らない。(※朴槿恵氏が)拘置所が汚れているから入るのを拒否してデモしたとか、拘置所長が(※朴槿恵氏の部屋の)壁紙を新しくするなど「特恵」を施したとか、相次いで貶めの宴会を楽しんでいる。その姿を見ながら北朝鮮の金正恩は「ついにお爺さんのときにできなかったことが成し遂げられる」とニヤニヤしているであろう。

 

古來、寛容を知らない過去指向の残酷な民族が生き残ったことはない。寛容のない民族に寛容を施す隣人がいるはずがない。集団的狂気に後ろに向けて行進するバカどもに救いの手を伸ばしてくれる隣人など、いたほうがおかしい。日頃、残酷で勝手にふるまってきた民族など、助けどころか、嘲笑の対象となってしまうことだろう。

現在大韓民国が置かれた状況は、厳重なことこの上ない。私たちは、なぜ未来を見ずに、過去だけ見るのだろうか。それは、自信が不足しているからだろう。決められた過去を復棋(※一度行った囲碁を再現すること)することは容易である。未知の世界を切り開いていくことは、かなりの勇気がなければできない。私たちは、いつの間にか、拡張志向のDNAを失ったのではないか。それを回復することはできるのだろうか。>

http://pub.chosun.com/client/news/viw.asp?cate=C03&mcate=M1003&nNewsNumb=20170524613&nidx=24614

 

 

本ブログ、何かの参考になれそうな文を引用するときにも、全てを肯定しているわけではありません。ただ、本文は、用いた単語は違えど、本ブログで書いてきた韓国論にどことなく似ている気もします。

特に「残酷だ」という言葉は、実にいろんな側面を表していると言えるでしょう。

ただ、本ブログは左右葛藤というより反日という韓国の総意をメインで扱っているせいか、本文の内容が「左右葛藤」ではなく、「日本から見られている韓国(韓国全体)」観と重なる部分があるのではないか・・そんな気もします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

147+

56 Replies to “ジョリドリム(조리돌림)”

  1. >私は、今の大韓民国が何かの集団催眠にかかって、過去に向かって全員が
    >後ろ歩きする異様な国になったと思う。

    これは、やはり本当に韓国という国を知る人間にとっての
    共通認識なんだな、という感じがしますね。「過去志向の民族性」のなぜ?
    韓国人達の奇妙な行動原理を見るにつけ、感じざるを得ない彼らの性質の異様さ。

    では、何が過去に向かって後ろ歩きを始める転換点になったのか?
    という疑問が浮かぶ気がします。この文にもあるように、そこには
    集団催眠にかかる前、という過去パラダイムの認識が前提にあるからです。
    後ろ歩きをするためには、その分、前に進んだ実績が必要だから。(笑)

    以前に、みずきさんのブログでよく取り上げられるバンダービルドさんの
    コラムだったと思いますが、こういうことを書かれていたのを思い出します。

    「韓国は戦後、緊急避難的に勤勉さを発揮しただけなのだろう」という。
    戦争で世界の最貧国となった韓国は、食べるために誰もが勤勉に
    一所懸命に働かざるを得ない状態になり、仕方なくそうした。
    そして、お腹が一杯になった韓国人達は、過去の辛苦を忘れて想像の
    朝鮮時代を懐かしむようになったのだ、と。(多少の私的脚色あり。(笑)

    <長いので分割します↓>

    1. もう一つの見解としては、日本の知韓派の認識として
      「日韓併合時代に日本式の教育を受けた世代が居なくなったから」
      というもの。さらには、パククネ父時代に始まった反日教育を
      受けた世代が国の中心になる時代になった、という。

      私は、この二つの見解をミックスさせた感じの認識が
      正しいのではないかと思っていますが、どうでしょうか。
      「韓国らしくなかった戦後の一時代の終焉が来た」という認識です。

      そして、今これから韓国という国は「正しい韓国」としての
      あるべき姿へと回帰して行こうとしているのではないだろうか?と。
      それは、戦後の一時代の異様異質だった「韓国らしくない韓国」の終焉。
      それは、純粋な「韓国人の韓国人による韓国人のための韓国」への再誕。

  2. 腐ってやがる、(奴らには自由が)早すぎたんだ・・・。

  3. 記事を読んだ時にはまともなご意見のように感じたのですが、他の方のコメントにこの人が逆の体制にいた時にどう書くかな?という意見もあり、考えさせられますな…
    でもある程度当時の状態を冷静に見られているだけ、マシな方だと思うのです。
    ろうそくデモ、クネクネさんの断罪の頃は熱気が恐ろしくて、デビルマンのトラウマシーンを思い出しましたもん。
    この記事を書かれた方がどっかから掘り返されて来て、向こうのネットで叩かれないことを祈ります。

  4. しかし……

    (・∀・)つくづく支配者にとって都合のいい種族ですな
    韓国人って
    目の前に餌さえぶら下げて置けば
    それ以外の事は一切目に入らない
    官も民も、疑問に感じる事さえ無い
    正義を手に入れればどんな残虐な事でも
    何の躊躇いも罪悪感も感じる事なく遂行できる
    自分の言った事やった事は即時記憶から消去し
    都合の良い改変された記憶と責任転嫁で精神安泰w
    決定的な事は
    弱者に強く強者に徹底的に弱い逆らう事さえ考え無いw

  5. 以前韓国の虐めの写真を見た経験あり。

    女子生徒が全裸で道路脇街灯に縛られて小麦粉(?)で真っ白になっている姿に驚いたけど、、
    色んな意味でのDNAがそうさせていたのね…

    日本の大学教授が、今韓国は就職難で日本に留学中の韓国人留学生は日本で就職したがっていると、理解してるよみたいな空気を醸し出してコメントしてたな…
    今だに教授・大使等には韓国人は礼儀正しく優秀に見える様で、怖くなって来ました。花畑はミーハー女性ばかりで無く、そう言った花畑偉い人達の方がヤバイよね。

    Σ(-᷅_-᷄๑)ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

    1. ああ、それは「裸コンパ」とか言う卒業儀式ですね。
      しっかし酷でえ民族だな。

      1. 「卒業コンパ」?
        韓国人って裸にするの好きなんだね(棒ー

  6. 韓国人が過去ばかり見るのは「易姓革命」の現代版なんじゃないかなー。これでもかっていうほど前の政権、前の大統領を叩かないと不安で不安でたまらない。朝鮮開祖が高麗の王氏一族を殺したみたいに、本当は前の与党と与党支持者全て殺してしまいたいぐらいなのでしょう。
    無名さんは韓国の反日は日本が無くなるまで続くって書いてました。

    1. 「易姓革命」の本家中華では違いますよ。
      前王朝の正統性は認めます。さすがに直系は殺すことが多いですが、傍系は帰順させます。
      自分の実力で天下を取ったわけなので、必要以上には恐れませんし、これから自力で統治しなければ天命を失う(実力で取って代わられる)ことを良く理解していますから。

      韓国(朝鮮)は自信が無いんですよ。だから過去を根拠とする正統性をもって他の権威にすがるのです。

    2. 無明さんのことですね。
      無明は「ムミョウ」と読みます。
      対義語の光明は「コウミョウ」ですね。漢字の音読みには種類があって、明の場合、「ミョウ」は呉音、「メイ」は漢音です。
      同じ漢字でも熟語によって音(おん)が違う例は沢山ありますが、これが外国人の日本語習得を困難にしている理由の一つかもしれませんね。ただでさえ覚える漢字の数が多いのに、さらにそれぞれ複数の音を覚えて、あまつさえ熟語ごとにどの音を当てるのかを覚えないといけない。これに加えて訓読みもあるし。我々は子供の頃から日常的にやってるから気にしませんが、改めて考えるとヤバイよなあと。
      ちなみに中国では一つ漢字の音は基本的に一つで、日本のように熟語によって変わったりはしないようです。

  7. この文章を書いたおじさん、間違っているな。

    「集団的狂気に後ろに向けて行進するバカどもに救いの手を伸ばしてくれる隣人など、いたほうがおかしい。」

    日本の朝鮮族政治屋と朝鮮族宣伝屋はこれに該当しない。
    寧ろ、南朝鮮が騒げば騒ぐほど、こやつらは嬉々とする。
    跳梁跋扈
    ま、他にも支那族のような馬鹿も居るが、こやつらは日本国の国の形が心底気に入らないと考えている族だ。そして日本は絶対悪だと考えている。それが中枢に居座っていて国家解体を「生業」としている。よって、日本の朝鮮族政治屋、或いは支那族政治屋はそれらと利害が一致する。尤も、物事は支那、朝鮮が出所であるからそうなっているだけの話なのだが。ロシアも目立つようになってきたかな?

    日本政府が主権にかかわる侮辱を受けても、サラッと「遺憾」で終わらせるのはそれの現れだ。この点、朝鮮は賢い。日本政府を手玉に取ることなど朝飯前の仕事だろう。何れにしても馬鹿と鋏は使いようだ。

    1. 古代から日本が定期的に手助けしてる。
      なんでかしらんけど、
      助ける→恩知らずにしっぺ返し喰らう→忘れる
      を無限ループしてるのが日本って言う、韓国に都合がいい、物忘れの激しいお人好し隣国日本。
      今回は完全に離間コースだけど、100年200年したら、コロッと忘れて、また助けかねない。

  8. 自分のお気に入りの写真の一つ。群山の「抗争館」という修学旅行生などが来る教育的施設で撮った。

    「従軍慰安婦の老女(ハルモニ)を拷問する日本人憲兵の絵。」

    味わい深い内容の絵なんだなー。
    何から突っ込めばいいかなー。
    これを教材に成長した大人がどういう常識を持つのか、想像するだけでも楽しみです。

    1. > 従軍慰安婦の老女(ハルモニ)を拷問する日本人憲兵
      すげー、この1行だけで、これほど突っ込みどころが多い表現も珍しい。
      1.「慰安婦を拷問する憲兵」、憲兵ってそんなに暇な仕事なのか?SMプレイを専門とする役職を擁するほど、日本軍は余裕があったと?
      2.「慰安婦の老女(ハルモニ)」って、当時から老女だったのか?それでよく慰安婦になれたな。客は朝鮮人専門なのか?
      3.「従軍慰安婦」などという名の従軍関係者は、そもそも存在しない。
      これが当前だと思っているんだから、まあろくなもんじゃないな韓国軍。
      SMプレイじゃ戦争には勝てんと思うぞ。

  9. >「月刊朝鮮」2017年5月号の、編集部長

    は投獄されないのですか? 現在、政治的圧迫は受けて居ないのですか? 今後、可能性が出てきますかね?

コメントは受け付けていません。