「米国が韓国の赤ちゃんを養子縁組したのは『道徳的優位』のため」という主張

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

米国で大学副教授をやっている韓国系米国人が、韓国の米国への孤児輸出(海外入養、海外への養子縁組)に関する本を書きました。

いつものこと、本をちゃんと読まずに紹介記事だけで恐縮ですが・・なんとその本の主な主張は、

朝鮮戦争後に韓国が赤ちゃんたちを海外(特に米国)に「輸出」するようになったのは、「韓国はお金が、米国は『道徳的優位』がほしかったからだ」、というのです。

https://news.v.daum.net/v/20190606153039659

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国政府が、お金と、そして孤児たちの「処理」に困っていたのは事実です。

ですが、その際の米国の対応を、「米国が道徳的優位になるため(記事から引用)」・「キリスト教と米国の偉大さを世界に知らしめるため(同じく引用)」とするのは、果たしてどうでしょうか。

その孤児たちを育てたのは米国の『親』たちであり、彼らを支えたのは米国のインフラです。優位がどうとか、政策がどうとかではありません。

それは単に「恩知らず」なだけではないのか・・・そんな気がしてなりません。

https://news.v.daum.net/v/20190606153039659

 

 

以下、古い内容ですが、関連した内容だと判断して旧ブログから引用します。

当時、韓国が海外への孤児輸出のため、戸籍などを好き勝手にロンダリングしたという内容です。

過去、国外へ養子縁組された子供たちの殆どが、戸籍記録が操作されたとの記事がありました。色んなケースがあるでしょうけど、基本的には「親がまだ生きているのに、戸籍上は孤児(親が死んだ、など)にする」やり方になります。

これは、アメリカの養子縁組に対する規定に合わせるためのものです。

アメリカの国務部によれば、「ハーグ国際児童養子縁組協約未加入国の韓国から(※2013年国会通過)米国に養子縁組できる児童は、両親がいない、または養育能力の無い両親が書面で子供の移民と養子縁組を許容した場合に限られる」としているからです。

記事は「このような戸籍ロンダリング(洗濯)を通じ、韓国は未婚母から生まれた子供や、親が養育を放棄した子供を簡単に処理(?)することができた。その結果、韓国は国外養子が16万4千人(非公式養子縁組まで合わせれば20万人以上と推定)に達する世界最大”孤児輸出国”の汚名を抱くようになった」としています。

https://news.v.daum.net/v/20121010073109890

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

135+

61 Replies to “「米国が韓国の赤ちゃんを養子縁組したのは『道徳的優位』のため」という主張”

  1. つまりこの教授の主張は「米国は韓国に対して16万4千人分の『道徳的優位』がある」というわけですね。

    ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だ! w

  2. この韓国系米国人副教授とやらの経歴がしりたいものですな。思考が米国人ではなく韓国人そのもの。幼いとき、米国に渡ったのなら、これはもう民族の遺伝子ということになりますね。他民族との真の融和など困難でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません