冷房福祉?

朝鮮日報が、このような記事を載せました。

<20日空港鉄道によると、ソウルの爆炎警報(※35度以上が2日連続の場合に発令)が発令された7月16日〜8月16日の32日の間、空港鉄道を利用して仁川空港を訪れた65歳以上の乗客は12万9629人だった。前年同期は4万6692人だった>、<主に仁川空港第2ターミナルを訪れた。猛暑警報が発令された1ヶ月間、7万1209人が利用した。1ターミナルに比べて空いているし、長い椅子、大型TV、浄水器などの設備も整っているからである>。

食べ物を用意してきて1日中遊んでいくとか、横になって寝る、酒を飲む、そんな人も多いそうです。前にも同じ内容のニュースがありましたが、わざわざ今日エントリーしたのは、記事本文のニュアンスが妙だったからです。

“冷房福祉?” の続きを読む

128+

We too

韓国ネタではありませんが・・Metoo運動関連でちょっとした話題があるみたいで、紹介します。Metoo運動そのものを評価下げするつもりはありませんが、このような「流れ」もあるということで・・

Metoo運動の火付け役というと、ハーヴェイ・ワインスタイン監督のセクハラ問題を暴露した女優(兼監督)アーシア・アルジェント氏がいます。

ですが、そのアーシア・アルジェント氏が、2013年、当時17歳の男を「sexually」に「assault」したという記事がありました。やられた方が「Metoo」したとか。

“We too” の続きを読む

124+

苦楽

懐かしい(?)ネタがあったので、紹介します。

韓国で歯科をやっていた時、「クラック」という言葉をよく使いました。歯のヒビ割れのことです。

小さくて硬いもの(生の米粒など)を強く噛んだ時、噛む力が「その点(この場合は米粒)」に集中して、歯が割れてしまうことがあります。もちろん歯が完全に割れて、歯の中の神経が露出、ものすごい痛みを伴う場合もあります。でも、歯というのは人の体の中で一番硬いし、玉ねぎみたいに多重の構造で出来ているためヒビ割れがいきなり神経まで届くことはそう多くありません。普通は「少しのヒビ割れができたけど、本人はあまり気づかない(自覚症状が無い)」ことが多いです。

ただ、浅いヒビ割れがあるだけでも、その歯が冷たいもの、熱いものに触れた時などに、「あれ?妙に痛いな」と感じることがあります。歯科医師でもそのヒビ割れを目で見つけるのはとても難しく、薬品などで調べてもなかなか見つけられない場合だってあります。

“苦楽” の続きを読む

130+

チキンと古紙

また似たような内容になります。

雇用ショックとか青年失業とか、そういう内容が韓国で大きな話題になっていることもありますが、それらを「老人貧困」とつなげて考える記事があったためです。

韓国の老人貧困・・そういえば、本ブログでは古紙(ダンボールとか)拾いの老人たちを積極的に取り上げたりしました。それが青年問題と繋がるだろう、というものでして。

記事をまとめると、若い世代が親を扶養するのが韓国の伝統的な考えだった(この考えを「老後」の基本としていたせいで、年金制度など福祉政策が大幅に遅れたという側面もあります)のに、最近は親が青年の面倒を見るようになった、となります。しかも青年世代が暗号通貨、株式、青年創業など、ちゃんとしたノウハウも無しに「投機」もどきに人生をかけては大失敗し、借金を背負ったまま親のところで世話になることも多い、とのことでして。

“チキンと古紙” の続きを読む

121+

韓国、40代の苦難史

韓国の今の40代は、幼かった頃には韓国の高度経済成長を享受できた世代ではあります。しかし、彼らが社会人になるタイミングで、韓国の経済が破綻しました。いわゆる「IMF(外国為替危機でIMFに経済主権を譲渡していた時期)」世代です。

IMFのときには経済的にいろいろ「ショック」がありましたが、韓国で「青年失業」が社会問題になったのもまた、あの時が初めてのことです。

それから20年が経ちますが、その世代(いまの40代)が、またもや雇用ショックに直撃された、とのことでして。

“韓国、40代の苦難史” の続きを読む

147+

右派支持の脱北者、「危険人物」とされ居場所を失う

5月12日、右派集会を支持したということで「黄色いリボン」を刻まれた脱北者を紹介したことがあります。その店、結局は廃業になったそうです。

詳しく話しますと・・「イルベ」会員たちが参加した爆食デモ(セウォル号被害者たちの断食デモに対するカウンターデモでした)を扱った地上波放送に、脱北者チョン氏が10秒位、映っていました。

チョン氏はいまは韓国で冷麺店を運営している脱北者で、北朝鮮の人権問題を告発するミュージカルなどを制作、海外で公演したこともあります。あと、映画「共同警備区域JSA」の脚本担当でもあります。

この後、店が「黄色いリボン」を貼られるなど、いろいろ攻撃を受けることになりました。

“右派支持の脱北者、「危険人物」とされ居場所を失う” の続きを読む

112+

「死重苦」・・青年創業、55.3%が2年内に廃業

韓国の自営業が苦しい状態にある、というのはもう何年も前から指摘されてきました。

簡略に書きますと、ベビーブーム世代の引退(引退が日本よりずっと早い)やIMF期の大量失業などもあって引退者が増えたけど、年金などはまだ一般的ではなく、それまでは「買っておけば勝手に上がる」と信じられていた不動産価格の上昇も止まりました。社会構造の変化と、韓国の経済成長そのものが鈍くなったこともあり、それまで「最高の老後投資」でもあった「息子を出世させる」こともできなくなりました。つか、親を扶養すること自体が珍しくなりました。

そこで、退職金を使って自営業、自分の店をやるしかなくなった・・でも、適当な準備で自営業を始めて、それがうまくいくはずもなかった。この涙なしには読めないストーリーが、韓国自営業ピンチの大きな理由です(別に理由はこれだけではないでしょうけど)。

“「死重苦」・・青年創業、55.3%が2年内に廃業” の続きを読む

117+

韓国で「国民年金を廃止せよ」と世界的にも珍しい世論

韓国で、国民年金を廃止せよとの世論が盛り上がっている、とのことです。ニュース1のソース記事の題によると、こういう要求は「世界的に前例が無い」とも。

<国民年金基金の枯渇を防ぐために、政府が公聴会を開き、保険料引き上げと義務加入期間の延長など制度改革案が議論されると、国民年金廃止論に火がついた。

国民年金自体を廃止するか、義務加入を選択加入(任意加入)に転換して、国民年金を必要としない人々を「解放」させてくれという声だ。これまで国民年金は関連した社会的葛藤があるたびに廃止論が提起されてきたが、適当な代案がないという点で、国民年金が実際に廃止されるのは容易ではないという分析だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20180812154731559

“韓国で「国民年金を廃止せよ」と世界的にも珍しい世論” の続きを読む

128+