懐かしい思い出

昨日、テコンVエントリーで「こんなに需要があるのか」とちょっと驚きました。

1976年(テコンVの1作目)から・・たぶん、1980年代初頭まで、夏休み・冬休みに映画館に行ってアニメを見てくるのは、当時の子どもたちにしては最高の自慢話でした。

全てが日本アニメのパクリです。ただ、デザインと設定はパクリでも、内容はそうでもなく、逆に、オリジナルだからつまらないという側面もありました。

“懐かしい思い出” の続きを読む

121+

サムスン、TVの国内生産を完全に終了

サムスン電子が、韓国内でのテレビ生産を完全に終了しました。

一時は韓国が「テレビでソニーに(販売量で)勝った」とあれだけ持ち上げていたサムスン。

そのサムスンのテレビ生産が韓国から完全に終了するのは、韓国の製造業の「いま」を表す、象徴的にな出来事かもしれません。

韓国の企業は「雇用創出」が意外なほど低いと前から指摘してきましたが・・あのサムスンのテレビの国内生産が「15万台程度だった」という記事内容にも驚きました。

“サムスン、TVの国内生産を完全に終了” の続きを読む

135+

「韓国は嫌悪戦争中」

22日だったか23日だったか。韓国のネットでもいろいろ(良い意味でも悪い意味でも)問題が多いことで有名な「イルベ」というサイトに、ある30代の青年が70代の女性のヌード写真をUPして、騒ぎになりました。

女性は、いわゆる「バッカスおばさん」。ソウルの某公園などを中心に活動中の、老人たちを相手にする売春婦です。

本当かどうかわかりませんが、UPした人曰く、「熱心にアルバイトして、バッカスおばさんを買って、写真撮った」とかなんとか。

“「韓国は嫌悪戦争中」” の続きを読む

113+

抑強扶弱

いろいろあって、えろえろ(女俳優とスキャンダル)あって、ついに共に民主党からも「あの、うちの政党から出てくれませんかね」と言われたイ・ゼミョン京畿道知事。

彼が「私が責められているのは、私が『抑強扶弱』をしてきたからだ」だと主張しました。

強者を抑え、弱者を助ける政策を続けてきたので、力持つ者たちから嫌われてしまった、というのです。

“抑強扶弱” の続きを読む

110+

韓国紙、ダム崩壊の日に「世界最強SK建設だからこそできた・・ラオス水力発電所」

聯合ニュースが大手すぎでパッとしませんが、韓国のニュース通信社「ニュース1(ワン)」もネットではよく目にする情報ソースです。

そのニュース1が、ラオスダム崩壊事故当日に(事故のことを知らずに)「世界最強のSK建設だからこそできたラオス水力発電所」という記事を載せていたことがわかりました。

工期短縮を大々的に褒めていましたが、事故の直後、記事が大幅に修正、工期短縮の部分も何故か消えたとのことです。「メディア今日」というネットメディアの記事、部分引用します。

“韓国紙、ダム崩壊の日に「世界最強SK建設だからこそできた・・ラオス水力発電所」” の続きを読む

149+

痛いから青春?

最近は「日本で働こうとする青年たち」がニュースになっていますが、実はそれより少し前には、オーストラリアなど移民制度のある国で「住む」ことを望む韓国の青年たちが多くて、そこそこ話題になっていました。

彼らの話を(記事などで)聞いてみると、「その国が好きなのか、それとも韓国が嫌いなだけか」という点が大いに疑問でした。

しかも、移民する理由、移民しての満足点などが、自分または自分の子が、「韓国に比べて適当に生きて行ける」なニュアンスのものばかりでして。大企業に就職しなくても、長時間働かなくても、なんとか生きていけるから、だというのです。

“痛いから青春?” の続きを読む

130+

同じ言葉、別の意味

もうすぐ紹介できると思いますが、「韓国人による◯韓論」ではない新書の原稿が、基本はできて、校正作業中です。

今回の本には、韓国より「韓民族(朝鮮民族)」という言葉を圧倒的に多く使っています。

朝鮮半島には二つの民族観がありました。韓国という国家で韓民族(正統性とかそんなものです)を継承したとする右派の民族観と、民族を継承できるのは民族そのものが国家でなければならない(まず統一しないといけない)とする、すなわち韓国だけでは韓民族を継承できないとする、左派の民族観です。

彼らが言う「韓民族」は、世界一偉大な民族です。もちろん、「現実」のものではありませんが。そして、右派の民族観が某ダムみたいに崩壊して某金塊みたいに沈んだことで、いま、「偉大なる韓民族」と「朝鮮半島統一」は同じものとなり、統一という存在に大きな妄想、特に「日本に罰を下すことができる」という妄想に浸かることとなりました。

“同じ言葉、別の意味” の続きを読む

131+

ドンスコイ号の謎・・12万人が600億ウォンも投資した?

ドンスコイ号というものがあります。昔々、金塊を積んだまま沈没したという、まさにロマンのある船です。シニル(シンーイル)という会社が、急にその船を鬱陵島周辺で発見した、150兆ウォン(200t)規模の金塊がある!これを引き上げるからうちの暗号通貨を買ってくれ!という話を持ち出しました。どすこーいな勢いでお金が集まったそうです。聞くどころ、あれこれ12万人が600億ウォンを投資(?)したそうです By中央日報。

でも、どうやら様子がおかしい・・と、日本側でも紹介されていますので、ご存知の方も多いことでしょう。

この話ももうほぼ結論が出たので、紹介します。以下、基本的にSBS、他に中央日報とイーデイリーの記事を再構成しました。

“ドンスコイ号の謎・・12万人が600億ウォンも投資した?” の続きを読む

121+