大統領夫人に文句を言うな!市民団体が告訴すると国会議員を脅す

朴槿恵政権の頃、大統領本人でもなく市民団体が、「大統領の名誉を毀損した!」としながら他人を訴えることがありました。当時の産経新聞のソウル支局長の件もそうでした。

今回もまた、キム・ジョンスク氏(文在寅氏の奥さん)の名誉毀損で、市民団体が野党議員を訴えると発表しました。

“大統領夫人に文句を言うな!市民団体が告訴すると国会議員を脅す” の続きを読む

米軍減縮で、無数の店が閉店。自治体の予算投入も効果なし

勢いでもう一つ更新します。

韓国、京畿道(キョンギド)、 東豆川(ドンドゥチョン)、保山洞(ボサンドン)という地域。ここには外国人観光特区と呼ばれる街があります。

ここは、もともと「基地村」でした。韓国では米軍基地の周辺の町を基地村と言います。いわゆる米軍慰安婦たちの売春街も、基地村にありました。

良いか悪いかを語る前に、それらの町・・もはや町というより結構大きな規模の繁華街ですが、それらの基地村が米軍を相手にした商売で動いていたことは、言うまでもありません。

“米軍減縮で、無数の店が閉店。自治体の予算投入も効果なし” の続きを読む

チェ・スンシルの娘の家に凶器を持った男が侵入

チェ・スンシル氏の娘、チョン・ユラ氏が居住しているビルに凶器を持った男が侵入し、ビルの中にいたチョン氏の知り合いが一人怪我をする事件がありました。

犯人は44歳の男で、宅配業者のふりをして侵入、凶器でチョン氏を刺そうとしたものの、家の中にいた男がチョン氏をかばったおかげで無事でした。チョン氏をかばった人も命に別状はないとのことです。

“チェ・スンシルの娘の家に凶器を持った男が侵入” の続きを読む

恨(ハン)が消えない限り、積弊も消えない

最近、韓国でもっともホットなキーワードは「チョクペ(積弊)」ではないでしょうか。積もった弊害・・ということで、様々な社会問題を意味するようになったらしいです。積弊を清算しよう!と毎日のように騒いでいます。

文化日報が「自分の意向と違うと積弊だというのか(以下略)」という題の記事を載せました。記事そのものは、判事が袋叩きにされている、というものです。コメント部隊関連者の一人とされていた李明博政権時代の国防部長官が、裁判結果、釈放されたからです。その裁判の判事が、いろいろ特定されて叩かれているそうです。その判事のような人間こそが、韓国の「積弊」だと言うのです。

内容は、韓国社会でよくあることですが、面白いのは、題です。

http://v.media.daum.net/v/20171124115512421?d=y

“恨(ハン)が消えない限り、積弊も消えない” の続きを読む

労組「ボーナスたくさんもらってるけどそれは含めない。私は最低賃金未満ですよーだ」

今日のNEWSISの報道によると、最低賃金の引き上げの件で、企業側が次のような苦情を言っています。

数値などは全て記事から引用します。

現代重工業や現代自動車などにはボーナスを高く設定している労働者が多く、例えばA企業の社員B氏が、年3940万ウォンの賃金を受けるとします(実例のようです)。賃金の中でボーナスは2050万ウォン。この場合、最低賃金を割り出す時にはボーナス分2050万ウォンは含まれず、1890万ウォン(基本給1710万ウォン+各種手当180万ウォン)分だけで、B氏の賃金が最低賃金より多いのか少ないのかを決めることになります。

“労組「ボーナスたくさんもらってるけどそれは含めない。私は最低賃金未満ですよーだ」” の続きを読む

平昌「財閥さん助けて」財閥「次の政権でなんか言われたらどうしよう」

個人的には「ネタの祭典」になるのではと密かに期待している、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック関連です。

チケット販売率が低調で財閥側に助けを求めたものの、いざ財閥側は「政経癒着(経済界が政治界と利益を共有するための密接な関係をすること、と辞書にはなっています)」と言われるのを心配し、あまり動けないでいる、とのことです。

“平昌「財閥さん助けて」財閥「次の政権でなんか言われたらどうしよう」” の続きを読む

執刀した医師が叩かれる・・「北朝鮮兵の中に寄生虫があると話したのは人権侵害だ」

北朝鮮の帰順兵が意識を回復したとのことで、まずは「なによりだ」と思いました。曇った心が少し晴れた気もします・・

・・・と思いましたが、また曇ることになりました。

韓国の左派の中でも極左と呼ばれる、でもちゃんと政党として議席も取っている「正義党」の国会議員が、執刀した医師(イ・グックジョン教授)を非難したからです。

なぜなら、兵士の臓器の中に寄生虫があることを発表したから、兵士の人権を侵害したというのです。

“執刀した医師が叩かれる・・「北朝鮮兵の中に寄生虫があると話したのは人権侵害だ」” の続きを読む

韓国版「巣鴨」ストリート、スラム化

ソウル市が日本の巣鴨をベンチマークした(と言いながら作った)、「楽嬉(ラッキー)ストリート」というのがあります。

ご老体が集まって楽しめるストリートを目指すという趣旨で、店側は(薬が飲めるように)店を利用しない人にも飲水を提供し、トイレを開放することになっていました。他にも店のメニューの字を大きくしたり、小さな公演の場を用意したりしたみたいです。

“韓国版「巣鴨」ストリート、スラム化” の続きを読む