韓国「日本パッシングw」米国「米朝首脳会談の直後に訪日」

韓国がとても「喜んでいる」ニュースがあります。北朝鮮が核実験場の閉鎖取材に、日本を外したからです。聯合ニュースが「北朝鮮が日本だけ外した」と報道しています。

聯合ニュースは北朝鮮側「日本は自分の立場をわきまえることなく謀略ばかりだが、そんな反省なき態度だと永遠に平壌には来ることが出来ないだろう」とする趣旨の報道を引用しながら「日本は戸惑いを隠せずにいる」としています。

ここでいう謀略とは、制裁など強硬路線のことです。韓国ではあまり話題になりませんが、北朝鮮は一部の報道で米国に対しても同じく制裁をすぐにやめるべきだと主張しています。

http://v.media.daum.net/v/20180513151552723?rcmd=rn

“韓国「日本パッシングw」米国「米朝首脳会談の直後に訪日」” の続きを読む

167+

夢を見るのは自由(その2)

京郷新聞が、このような夢のある記事を載せました。

<南北首脳会談で南北関係が急進展、ムン・ジェイン大統領の「朝鮮半島新経済地図構想」が連日話題になっている。構想に含まれると伝えられた北朝鮮内の道路、鉄道、エネルギーなどの大規模な社会間接資本(SOC)施設の大規模な投資の可能性が提起され、いわゆる「南北経済協力事業に関連した株」も株式市場で上限値を記録している・・>。コメントは2000近くが集まっています。

http://v.media.daum.net/v/20180512110021254?rcmd=rn

“夢を見るのは自由(その2)” の続きを読む

127+

リボン教

朝鮮日報の報道を再構成してみます。

<先月、MBCが2014年のセウォル号断食デモを批判した右派の集会を報道し、北朝鮮の政治犯収容所を告発するミュージカル「ヨドクの物語」を作った脱北者チョン・ソンサン氏のことも一緒に10秒間(映像を)流した。

その後。チョン氏に抗議の電話が一日に100通はかかってきたという。運営する冷麺店の窓に黄色のスプレーでセウォル号追悼リボンが描かれ、非難する紙が貼られた。レッテルが貼られたのだ>

http://v.media.daum.net/v/20180510031631127

“リボン教” の続きを読む

131+

金正恩の専用機、シンガポールまで行けない?

週末だし、なにか面白いネタ無いかな・・と思っていたら、首領たんがネタをくれました。

韓国日報が、金正恩氏の専用機「チャンメ1号(オオタカ1号)」がシンガポールまで飛べないのではないか、中国に行ったのは飛行機を借りに行ったのではないか、という記事を載せました。

なにせ、金正日氏が列車にしか乗らなかった(保安のためとも、なにかコダワリがあったからだとも言われています)こともあり、専用機があまり飛んだことが無いとか・・

記事から部分引用してみます。

“金正恩の専用機、シンガポールまで行けない?” の続きを読む

141+

南北文化交流?

日本に来て初めての「納税(固定資産税とか自動車税とか)」が始まり、「罪韓論(ザイカンロン)」も最終的な追い込みに入り、いつもより充実感を味わっているシンシアリーであります。

さて、米朝首脳会談の日付と場所が6月12日、シンガポールと発表されましたが・・・ほぼ同じタイミングで、米上院が「北朝鮮人権法の延長案(2020年まで)」を満場一致で通過させました。そこには「北朝鮮の内部変化を触発するために北朝鮮に流入させる媒体を既存のラジオ放送からUSB、携帯電話などとを多様化し、北朝鮮への国際社会の情報流入を大幅に強化する内容」が含まれている、とのことです。

韓国の脱北者たちがやろうとしている「風船ビラ」の広域・デジタル版みたいなものですね。この件で、北朝鮮の労働新聞(朝鮮労働党の機関紙)が米国を非難する主張を載せました。中央日報の記事から部分引用します。

“南北文化交流?” の続きを読む

124+

体制保障と言われても

久々のソースなしエントリーです。

韓国側のニュースでは、最近「朝鮮半島の冷戦がやっと終わる」という論調をよく目にします。

チョウセンハントウノレイセンとやらが終わるという認識そのものがズレている気もしますが、とりあえず本エントリーでは韓国側の論調に合わせて、「北朝鮮が非核化して米国とも韓国との平和路線で南北がいろいろ交流イチャイチャ」を「朝鮮半島の冷戦が終わる」と同じ意味にします。悪意ある書き方です、はい。

まっさきに、その冷戦(を見据えての措置)のおかげで生まれ、冷戦のおかげで成長でき、その冷戦(からの流れ)で守られてきたのが韓国ですから・・それが終わると喜んでいいのか?が気になります。

「終わる」を楽しみにできるのは、終わりの次に備えている者だけ。朝鮮半島の冷戦が終わった後に対し、韓国は、バラ色の夢しか見ていません。

“体制保障と言われても” の続きを読む

132+

悪と悪の戦い

本題ではなく、本題はもう少し後に書いてありますが、ソース記事の内容は、本ブログとしては久しぶりの「ドリューキング(드루킹)」ネタとなります。

捜査を進める過程で、大勢の公務員たちがドリューキングと同じ団体でコメント操作に加わっていた情況が明らかになりました。

もし公務員が参加していたなら、文在寅政権が李明博政権の「積弊」として非難していた国情院や軍サイバー司令部の「コメント部隊」と同じことになります。

“悪と悪の戦い” の続きを読む

120+

「文在寅は共産主義者だ。彼が大統領になったら赤化統一される」→刑事裁判

公安検事出身で、放送文化振興会の理事で活動してきたコ・ヨンジュという人がいます。

旧ブログでも書いたことがありますが、前の左派政権が終わってからも教育監(自治体の教育行政の長)はほとんどが左派系の人が当選したり、韓国の教育界は左派支持が主流でした。

コ氏は教育部門で数少ない保守右派系の人で、「反国家教育(前の左派政府から続いた親北思想教育など)」を牽制する市民団体の常任委員で、セウォル号特別調査委員会にも保守右派側の人として参加しました。

氏が理事である放送文化振興会は、MBCの大株主でもあります。

“「文在寅は共産主義者だ。彼が大統領になったら赤化統一される」→刑事裁判” の続きを読む

118+