韓国市民団体、「竹島の日を阻止するため」日本へ

オーマイニュースの報道です。

<「大韓民国独島守護全国連帯」の会員たちが日本の「竹島の日」行事を阻止するために日本に出国する・・・5人の独島守護全国連帯の会員で構成され抗議訪問団は21日大阪の駐日韓国総領事館の前で、日本政府の朝鮮半島侵略史の率直な謝罪と反省および歪曲捏造された高校学習指導要領の即時廃棄、烈士捏造を正すこと、東京に設置した竹島常設展示館の閉鎖を促す声明を発表する予定である・・

“韓国市民団体、「竹島の日を阻止するため」日本へ” の続きを読む

「日本に勝ちたい気持ちが強すぎで集中できなくて負けた」

中継は見ていませんが、女子カーリングで、韓国が日本に負けたそうです。

韓国が日本に負けてから奇抜な言い訳をするのは珍しいことでもありませんが、案の定、面白いものが出てきたので、紹介します。

「日本に勝ちたい気持ちが強すぎで集中できなくて負けた」です。

“「日本に勝ちたい気持ちが強すぎで集中できなくて負けた」” の続きを読む

韓国紙「日本と戦う時、南北は一つになれた」

「スポーツ朝鮮」が、「日本に向かい立つ(日本と戦う)南北は一つだった」という記事を書きました。

なんか、北朝鮮がものすごく喜びそうな書き方だな・・・と思ったので、エントリーします。

“韓国紙「日本と戦う時、南北は一つになれた」” の続きを読む

北朝鮮「旗に独島を描け!韓国は独島を守護する意志を示すべきだ」

北朝鮮の労働党の機関紙「労働新聞」が、韓国側に「(韓半島旗に)独島を描け」と促しました。

彼らは独島は政治的な事案ではないので描いても何の問題もないのに、「バンドン(反動分子。思想に同調しない人)」日本のせいでこうなった、と主張しました。

ネットでは、概ね「それはそうだ」という意見です。

“北朝鮮「旗に独島を描け!韓国は独島を守護する意志を示すべきだ」” の続きを読む

自由韓国党代表「品格のある質問をしろ」

毎日のように左派政権の話ばかりですし、今日は保守右派関連エントリーです。

この前、日本を訪れて指紋も捺さずに入国し、韓国に返ってからは「堂々たる外交をやった」と自画自賛したホン・ジュンピョ(洪準杓)自由韓国党代表。

率直に言って、こんな時に保守派勢力にも「集結できる人」がいたら・・と思うときもありますが、保守右派のリーダーが彼では、どうにもならない気もします。

彼は、自由韓国党(旧セヌリ党)とは言え、いわゆる「非朴」系、すなわち朴槿恵大統領とあまり仲がよくない派閥の人です。朴槿恵氏が弾劾されるまでは親朴系の議員たちが党の主流でしたが、朴槿恵氏のイメージが悪くなったこを利用して、党の代表まで上がった男です。

“自由韓国党代表「品格のある質問をしろ」” の続きを読む

平昌オリンピック組織「旭日旗とナチス旗はダメ。でも独島旗はOK」

北朝鮮の応援団が、続けて「独島(竹島)入りの韓半島旗」を使っています。

4日の評価戦で同じ旗を使ったことで日本側が抗議し、韓国側では「独島入り」韓半島旗は見えなくなったとのことですが、北朝鮮の応援団はオリンピックが始まってからもずっと使用しています。

この問題について、平昌オリンピック組織委員会が「問題ない」とし、規制しない方針を明らかにしました。

「スポーツ朝鮮」によると、ソン・ベクユ(성백유)平昌オリンピック組織委員会スポークスマンは、この問題について次のように話しています。

“平昌オリンピック組織「旭日旗とナチス旗はダメ。でも独島旗はOK」” の続きを読む

開会式レセプションに元慰安婦参席・・安倍総理と会う可能性も?

日韓首脳会談で、文大統領が「日本は歴史を直視して」、「未来志向で真の友たちになりたい」と話した・・というニュースが伝えられました。

詳しくどんな話があったかはいまのところそれ以上はわかってませんが、今日の平昌冬季オリンピック開会式リセプションに、韓国政府が日本非難の先鋒とも言える元慰安婦「イ・ヨンス」を招待したことが明らかになりました。

韓国紙は「もし日本の総理と対面することになるなら、史上初のこと」と報道しています。

“開会式レセプションに元慰安婦参席・・安倍総理と会う可能性も?” の続きを読む

韓国紙による日刊被虐論

今日はちょっとだけ更新が遅くなるかもしれませんので、いつもよりちょっっっとだけ早く更新します。

中央日報の記事ですが・・イ・ナクヨン総理(反日発言が多い人です)を日本専門家だという時点ですでにおかしいですが、そういうのも含めて、「現在の韓国の日本観」をよく現している内容があったので、それを紹介したいと思います。

題は「人の頭をある意味では楽にしてくれる国・韓国~韓国紙による日刊被虐論~」・・じゃなく、「このままじゃまた日本にしてやられる」です。

“韓国紙による日刊被虐論” の続きを読む