「慰安婦は売春婦だ」が違法になる日

「日帝下日本軍慰安婦被害者に対する生活安定及び記念事業などに関する法律」というものがあること、ご存知でしょうか。確か、2008年から施行されました。

「国家は慰安婦(日本軍慰安婦に限る)の名誉回復、生活安定、正しい歴史教育のために積極的に努力すること」を決めた法律で、「賃貸住宅を優先的に供給すること」など細かいことまで決まっています。いままで、何回か改正され、さらに細かく、さらに強力になりました。

“「慰安婦は売春婦だ」が違法になる日” の続きを読む

中秋の名月と名節の火病

韓国には「名節」というのがあります。辞書上の意味では「民俗的な祝祭日のこと」となっています。日本の元旦やお盆にあたいする「ソル」や「チュソク(秋夕)」も名節になります。

ちょうどチュソク・・旧暦8月15日は、今日10月4日でした。

“中秋の名月と名節の火病” の続きを読む

租税犯の起訴率、日本は97.4%。韓国は?

久しぶり・・でもない「不思議の国のアリラン」テーマの更新です。いつだったか、何年か前のことです。長い間、日本で働いた・・特派員だったか大使館の職員だったか・・詳しくは記憶してませんが、その人が書いたコラムにこんなものがありました。かなりうろ覚えですが。

「納税シーズンになると、韓国人も日本人も、納税のための資料や書類を『ちゃんとしたものを』用意したかどうか、とでも気にする。日本人は、ちゃんとした資料や書類を用意しないといけないのに、間違ったものを用意してないか、それを気にする。韓国人は、ちゃんとした資料や書類を用意したら脱税ができなくなるから、ちゃんとしたものを用意したら大変だから、それを気にする」。

“租税犯の起訴率、日本は97.4%。韓国は?” の続きを読む

朴槿恵氏が当選した選挙そのものを「無効」とする動き

2012年12月の大統領選挙(18代大統領選挙。朴槿恵氏が文在寅氏に勝利、大統領になりました)の後、不正選挙騒ぎがありました。

色々と陰謀論が渦巻きました。ついには不正選挙だから選挙をやり直して欲しいと、なぜか【米国】のホワイトハウスに請願する人までいました。すごい主権意識ですね。

“朴槿恵氏が当選した選挙そのものを「無効」とする動き” の続きを読む

自己満足の島、ドルソム(石島)

ある記事に目が止まったので、紹介します。記事の本題と本エントリーの本題はちょっと違いますが、とりあえず記事から核心となる部分を引用します。

<・・米議会調査局の「韓米関係レポート(U.S.-South Korea Relations)」の朝鮮半島の地図に、2013年までは東海が並行表記さていたけど、2014年以降は日本海の単独表記になったことが確認された。「独島/竹島(Dokdo/ Takeshima)」に並行表記されていた独島も、2014年以降、報告書からは「リアンクルーロック(Liancourt Rock、石島)」の表記が優先され、「(Dokdo/ Takeshima)」に変更された・・>

http://v.media.daum.net/v/20171004053416007?d=y

“自己満足の島、ドルソム(石島)” の続きを読む

仙甘学院をご存知でしょうか

仙甘学院というのがあります。

これは、1942年に日本(朝鮮総督府)が韓国(朝鮮)のアンサンという地域の島に設置した、浮浪児保護施設です。

1999年12月8日のハンギョレ新聞の記事から引用しますと、この施設内で少年たちは日帝によって人権を蹂躙され、400人の中の250人が死んだ、となっています。日本人イハラヒロミツが書いた本が、根拠だそうです。追悼式なども行われていました。

“仙甘学院をご存知でしょうか” の続きを読む

予約文化

日本に来ていろいろ感じ取っていることの一つに、予約文化があります。

韓国と比べると、日本の場合、広い分野で予約が機能しているのもありますが、予約の始まり・締切が早いのも特徴です。

韓国の場合、予約文化は副作用がいろいろ指摘されています。まず、予約した人が優先される事に対し、それを何かの差別だと感じ取る人が多いです。

“予約文化” の続きを読む

内集団、外集団

シンシアリーがブログを書くようになって8年か9年になり、韓国社会の問題を独自に分析して「持論」としてブログや拙著で展開してきた内容もそれなりの分量になってきました。

某新聞に「実名を出せ」と言われたり、異物扱いを受けている本ブログですが、少なくとも韓国社会を分析した内容について、他でもない韓国側の新聞記事と共通する部分が少なくありません。ただ、最近の記事ではありません。私がブログはおろか、まだネットが自由に出来る環境を手に入れる前の、80年代、90年代の新聞記事から、似たような指摘を見つけることが出来ます。

“内集団、外集団” の続きを読む