日本は、理性の国

久しぶりの「じゃぱんらいふ」エントリーです。

韓国人が持っている日本人のイメージに、「情(ジョン)が無い」というのがあります。

韓国で情が無いというのは、「冷たい」とほぼ同じ意味です。すなわち、「日本人は情が無い」は、「日本人は親切に見えるけど、決して心を開かない。本当は凄く冷たい人たちだ。韓国人は情が深い(情に厚い)。だから心を開き、温かい」・・そんな意味になります。

言うまでもなく、これは、韓国人の日本観によくある、「そうでなければならない」の一つにすぎません。本当の日本がどうなのかではなく、そういうことにしないといけない、という日本観です。「ソウルに行ってきた人と、行ってない人が喧嘩をすると、行ってない人のほうが勝つ」・・韓国で勝ち負けを決めるのは、「本当はどうなのか」ではありません。大勢の人たちが、いまも本気でそう信じています。いえ信じなければならないことになっています。「日本人は情が無い」、「日本人は冷たい」、と。

“日本は、理性の国” の続きを読む

188+

韓国「べ、別に約束したわけじゃないからね。本当だからね」

タイトルだけ読むと出来の悪いツンデレキャラのセリフみたいですが・・例の「3NO」関連です。

北朝鮮関連で何かあれば「韓国との協力」を言い出すことの多い日本のマスコミですが、例の「3NO」についてはあまり報道してない気がします。THAAD追加配備しない、米国のミサイル防衛システムに入らない、日米韓安保協力は軍事同盟にはならない。

特に「日米韓3ヶ国の安保協力は、軍事同盟にはならない」とする内容は、韓国の「公式」政策として、日本だけでなく、米国でももっと報道されるべきではないか、と個人的には思っています。

そんな中、中国の外交部のファ・チュンイン(華春瑩)スポークスマンが、3不(3NO)を言及しながら「韓国の3不『約束』」と話し、韓国側が「約束したわけじゃない!」と公式に抗議する騒ぎがありました。

“韓国「べ、別に約束したわけじゃないからね。本当だからね」” の続きを読む

133+

お金が必要なときだけ、「天皇」と呼んだ韓国

2014年にブログに、その後で本にも書いた内容ではありますが、昨日のシムシムエントリーのこともあるし、「やりすぎないなら、前に書いた重要な内容を再掲載するのも悪くないかな」な気もして、再構成して今日エントリーします。

まず、1998年9月12日の「毎日経済」の記事を紹介します。

“お金が必要なときだけ、「天皇」と呼んだ韓国” の続きを読む

157+

天皇訪韓を進めている人物とは

本エントリーは、韓国の政界で広がりつつある、今上天皇の訪韓推進について、です。

とりあえず「無い無い無い」で済みそうな問題ではありますが・・・事案そのものより、それを積極的に推進している「人物」について、ちょっと紹介したいと思います。

まず、韓国の国会外交統一委員長シム・ジェグォン(沈載權)議員(共に民主党)の発言などを簡略にまとめてみましょう。

“天皇訪韓を進めている人物とは” の続きを読む

193+

「日本の力に負けたから、中国の力で勝とう」

これでも一応はキリスト教系列の、ノーカットニュース(CBS)の記事です。

さて・・記事を引用する前に簡単にまとめてみると、「慰安婦記録のユネスコ登載が失敗したのは、日本の力のせいだ。だから、中国の力で勝とう。日本はユネスコの分担金10%、中国は8%だけど、中国は米国の脱退を狙って分担金を10%に上げる可能性がある。だから中国と仲良くしていると勝てる」。そんな内容です。

“「日本の力に負けたから、中国の力で勝とう」” の続きを読む

146+

韓国、中国に「これ以上THAAD追加配備しないし日本とも軍事同盟しないから仲良くして!」

日本側でも報道されたようですが、韓国と中国が「関係改善していく」という合意文を発表しました。韓・中の交流や協力を進めることが両国の利益になる、あらゆる分野の交流・協力を出来る限り早く通常の発展軌道に戻す、そんな内容だそうです。

中国がTHAADの韓国内配置を認めたわけではありません。「中国がTHAADには反対するけど、現段階での葛藤はとりあえず終わりにするという趣旨だ」、というのが韓国側の説明です(下のURL)。

http://v.media.daum.net/v/20171031120951638?d=y

“韓国、中国に「これ以上THAAD追加配備しないし日本とも軍事同盟しないから仲良くして!」” の続きを読む

163+

朴裕河教授(2015年)「ただ恵まれた人に敵対するだけの力など、要らない」

もう皆さんもご存知でしょうけど、「帝国の慰安婦」の朴裕河(パク・ユハ)教授が、有罪判決となりました。彼女は大法院(最高裁判所)に控訴するとのことで、最終的にどういう判決になるのか、注目されます。ちなみにこれは刑事裁判でのことで、民事裁判ではすでに有罪が確定、9000万ウォンの支払いを命じられています。

前にも書きましたが、私は彼女の本や努力は尊重されるべきだと思ってはおりますが、彼女とはスタンスが合わないほうです。彼女は何があっても「両国の和解が大事」としているためです。私は、最初から和解を目標にしてはいけない(和解を前提にしてはいけない)と思っている人間でして。曇ってますから。

で、今日は、2015年に朴裕河教授がフェイスブックに書いた内容を紹介します。これは慰安婦とかは関係ない内容ですが、妙に本ブログと趣旨が合っている気もします。

“朴裕河教授(2015年)「ただ恵まれた人に敵対するだけの力など、要らない」” の続きを読む

136+

「ユネスコが日本の圧力に屈服した」など

さて、本当は朝にエントリーすべきでしたが、ちょっと遅れました。ユネスコ、慰安婦記録関連です。

韓国日報によると、<・・NHKはユネスコの国際諮問委員会(IAC)の関係者の言葉を引用し、委員会がフランスのパリで開催された会議で、韓国と中国の市民団体などが提出した慰安婦関連資料2件を置いて関係国間の対話が必要であるとの理由を挙げて登録可否の判断を先送りしたと伝えた。事務総長が登録の可否を決定することになるが、委員会が意見を出さなかったことで慰安婦記録物のユネスコ登載も時間がかかったり、霧散で終わる可能性が大きくなったとの説明だ・・>、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20171027170146248

“「ユネスコが日本の圧力に屈服した」など” の続きを読む

153+