親北団体関係者の訪朝が急増?経路は日本(中国経由)、米国か

なんか、書くことがありませんね。ちょっと疲れているのもありますが。ブログの本題と関係があるのか無いのか微妙な事案ではありますが、雑談カテゴリーで更新します。

まだまだ、人種差別反対デモで大変なことになっている米国。デモ参加者の女性が、韓国系の警察に韓国語で『この豚野郎』『光州で何があったか知らないだろう』などと罵る動画が、炎上しているとのことです。この前、K-POP関連で人を集めて親北思想を注入するサイトのことをお知らせしましたが・・やはり米国の韓国人団体ってこんな性格のものが多いのでしょうか。ソース記事のコメント欄にも、「光州(光州民主化運動)」に反応するコメントが結構目立っています。以下、この手のネタに強い朝鮮日報の記事から部分引用してみます。

 

<米首都ワシントンDCで、人種差別反対デモに参加した韓人女性が韓国語で、韓国系と推定される警察官に「この豚野郎が」と暴言を吐き嘲弄する動画が公開され、論議がおきている。

米国のオンラインメディア「ブライトバート・ニュース(※Breitbart News Network)が今月1日Facebookに公開した「Protesters screams at asian policeman(アジア系警察に叫ぶデモ隊)」というタイトルの約2分の動画には、覆面をした女性が、アジア系の警察に「suck my dXXX(私のSSを吸え)」と叫ぶ場面が出てくる。このアジア系警察は名札に「L.K Choi(L・K・チェ)」と書かれており、韓国系と推定される。

この女性は、警察が韓国系だと気づいたのか、韓国語で「ああ怖い」、「気持ちいい?豚野郎と言われてあまりにも気持ちいい?」・・それからもこの女性は、移動する警察を追いかけながらて韓国語で「光州で何があったか知ってるのか!なぜ答えないんだおい!」などと大声を出した・・>

この動画は、5日現在、80万人以上が視聴し、「狂ってる」「この女性は、多くのデモ関連ビデオに出てくる。なぜ彼女を誰も逮捕しない」などの意見が集まっているとのことです。警察のチェさんは一切反応せず、前だけを見つめていたそうで、彼の対応を賞賛するコメントが多い、とも。記事を読みながら「チェさん、韓国語がわからなかったのでは」と思った私は、早めに寝たほうがいいかもしれません。

 

 

さて、ここからはまた別の(どことなく繋がっているような気もしますが根拠はありません)話です。あるシステム的に、親北団体としては『親北な米国永住権者』を必要としています。月刊朝鮮9月号から、関連記事を部分引用してみます。

<最近、海外永住権者と、外国に滞在している大韓民国国民が、無断で北朝鮮を訪問するケースが増加、公安関連機関が対策作りに乗り出した。彼らは海外に居住しながら、韓国政府のこれといった統制無しに訪北(訪朝)することが分かった・・

・・国家保安法で起訴されている海外居住者も、申告すらせずに無断で訪朝している。日本など海外に居住し、国家保安法違反で起訴中止(※被疑者が外国にいるなどの理由で捜査が不可能になり、捜査を一時的に中止すること)中の人たちが、パスポートも無しに無断で頻繁に訪朝している。特に、韓国国籍の在日同胞の場合、中国との協定を悪用(日本と中国の協定に基づいて、特別永住者は中国への入国が可能)して、無断で訪朝している。彼らは中国以外には、基本的に他の国には行くことができない。現在、国家保安法違反で入国が拒否され海外で居住中の人は、日本10人、米国10人、欧州10人などであることが分かった・・

 

・・政府関係者は、「過去にも無かったわけではないが、最近になって多発している」、「米国永住権を持つ大韓民国の国民が、いつもはソウルで暮らし、訪朝する時だけ米国に渡り、大使館にお届けだけ出して、訪朝する。これは韓国統一部の承認手続きを避けるためのものだ」と述べた。「このような方法を、米国と国内の親・北朝鮮団体の活動家たちが頻繁に利用している」と付け加えた・・>。

彼らは、いわば親北という宗教の宣教師です。宣教師たちが現地に教会を作ろうとするのと同じく、米国の韓国人団体の中にも、親北な人たちが結構増えているのではないでしょうか。

 

 

 

<「反日」異常事態>発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

77+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5