MIT教授「北朝鮮が非核化と終戦宣言は関係ないと自分で言いました」

本エントリーは韓国側の記事からの訳ですが、内容はMIT大学のビピン・ナラン教授のツイートが元ソースになります。

今日、北朝鮮の朝鮮中央通信が「米国が終戦(宣言)を望まないなら、私たちもあえて拘ったりしない」と論評を出しました。

朝鮮中央通信・・というか北朝鮮は(官営ですからね)この論評で、「朝米の双方だけでなく、朝鮮半島の平和を望む北東アジア地域の国々の利害関係のすべてに合致する終戦は、決して誰かが誰かに与えるプレゼントでもなければ、私たちの非核化措置と替えて食べることができる交渉の対象でもない」としました。

替えて食べるというのは、物々交換で食べ物を手に入れていた時代の名残りです。トレードする、という意味ですね。

この件で、米国側から「ほら、北朝鮮が、終戦宣言と非核化は関係ないと自白したぞ」という指摘がありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この論評に対し、MITのビピン・ナラン教授は、このように主張しました。

・北朝鮮は、終戦宣言より先に(米国が要求している)核施設の在庫廃棄を宣言することを心配している(関連過去エントリー

・北朝鮮は、終戦(宣言と)核施設・在庫廃棄宣言をトレードしないと言っている。だからこそ、北朝鮮の中央朝鮮通信は「終戦宣言は、プレゼントでもなければ、北朝鮮を武装解除するための交渉カード(bargaining chip)でもない」と話したのだ

・終戦宣言が非核化宣言と関連がないという点を明確に明らかにしたのが、今日の通信の論評の内容だ。北朝鮮が望んでいるのは、制裁緩和措置なのだ。我々は、その点に注目しなければならない

・戦争終結のために北朝鮮が寧辺核施設を廃棄する?その可能性はないように見える。それでは、北朝鮮はどんな「相応措置」を念頭に置いているのだろうか疑問だ

https://news.v.daum.net/v/20181002101309744

 

最後の相応措置のくだり、面白いですね。北朝鮮(及び韓国大統領)は「米国が相応措置してくれるなら寧辺の核施設を廃棄するぞ」としています

しかし、ビピン・ナラン教授は「米国が相応措置をしてやっても、北朝鮮は寧辺施設の廃棄などしない。北朝鮮は米国の相応措置に対しどんな相応措置をしてくれるのだ?」と、強烈に皮肉っているのです。

 

思いっきりハロウィン服装にしてお菓子を入れるカゴまで手にして、「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ。でもお菓子はプレゼントでもなければ交渉対象でもない。私たちはハロウィンに拘らない」と言っている北朝鮮でした。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+127

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5