野党議員「国家保安法は日帝残滓」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

民衆党という弱小政党の代表が主張しただけで、ソースもローカル新聞となります。でも、「国家保安法は日帝残滓だ」というとてもとてもユニークな主張があったので、紹介します。

民衆党のイ・サンギュ代表が「国家保安法廃止を要求する記者会見」で話した内容です。

<国家保安法の母胎となった法こそが、治安維持法です。日帝強占期に日本に抵抗していた独立運動家たちを叩き潰すために日程は治安維持法を作成しました。治安維持法を引き継いだ国家保安法がまだ大韓民国に残っていて、数多くの良心ある人々を牢獄に閉じ込めるということは、まだ大韓民国は日本の残滓から抜け出せないでいるたという話です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

自由韓国党が国家保安法の廃止に反対するのも、自由韓国党こそ親日政党だからです。そのため、板門店宣言が合意されたときにも、自由韓国党だけは口から泡を吹きながら(※死ぬ気で)反対しました。

国会に促します。ゴミにも及ばない国会議員たち!すぐに消えなければならない国会議員たち!日本に阿付(※おもねる)屈従してないで、今すぐ保安法を廃止するよう要求します・・>

http://www.urisuwon.com/sub_read.html?uid=109702

 

韓国の性売買事業は日本のせいだ」以来、久々に大物・・かな、な気もします。

もっと面白いオチでも付けたいところですが、思いつきませんね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

121+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5