日本「脅威的な飛行などしていない」、韓国軍「誤解を解消するために話し合おう」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

レーダー照射問題、もっとも最新のニュースを一つ紹介します。

韓国軍が、「誤解」という言葉を使いました。

<(韓国)国防部は25日、日本が海上自衛隊哨戒機レーダー照準論争について連日強硬対応している現状況と関連し、「誤解を解消するための協議が行われる予定だ」と語った>、とのことでして。

何の誤解のことでしょうか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国軍は「日本自衛隊機が脅威的な飛行をした」としていますが、やはりこの件も日本防衛省は否定しています。

記事によりますと、「日本防衛省は海上哨戒機P-1が火器管制レーダー特有の電波を一定時間継続して受け、韓国側の発表とは異なり、海軍駆逐艦の上空を低空飛行したこともないと主張した」、と。

他にも、「韓国海軍側がレーダーを撃ったという証拠がある」、「国際VHFや緊急周波数など計3つの周波数で3回も韓国海軍艦艇を呼び出した」と日本防衛省は主張しています。

https://news.v.daum.net/v/20181225132024604

 

無線連絡の件は、韓国軍は最初は「日本自衛隊機は海警に連絡しただけだ」としていましたが、いまは「ノイズが多くて『海警』という言葉しか聞き取れなかった」としています。

レーダー照射に対しても、韓国は「していない」、日本は「証拠がある」。

脅威的な飛行に対しても、韓国は「した」、日本は「していない」。

この状況において「誤解」という言葉が成立するのでしょうか。私には「どちらかが嘘をついている」としか思えません。嘘は誤解じゃありません。

言葉をすぐ変える方が、嘘をついている可能性が高いでしょう。さて、言葉をコロコロ変えているのは・・・

 

 

 

↓アマゾンページに目次と電子書籍版が載りました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

193+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5