韓国政府、『協議』には慎重、『仲裁委』は考えていない

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

基本条約による紛争調整のプロセス、『協議』と『仲裁』。基本条約によると、紛争調整としてまず日韓が協議を行い、それでも解決できなかった場合、第三国も含めて仲裁委員会を構成することになっています。

日本政府は今、韓国側に協議を要請しています。しかし、韓国側が「協議には慎重、仲裁は考えていない」ことがわかりました。

聯合ニュースの記事から引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、『協議』について、記事は「政府の一角では、慎重になるべきとの意見がある」と伝えています。

なぜなら、「協議に応じると、慰安婦問題など他の多くの案件が後回しになるからだ」というのです。協議に応じるとどうしても議題が徴用工問題限られるからです。ただ、応じない名分が弱いという指摘もあるとのことです。

『仲裁』のことですが、記事によると、「私たちの政府(韓国政府)は、仲裁委は解決策の一つとして念頭に置いていないと伝えられた」、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190109161543223

 

基本条約に書いてあるとおりの紛争調整プロセスなのに、慎重とか念頭に置いていないとか・・

考えてみると、韓国は最初から「解決」を望んでいませんから・・ちゃんと紛争調整に応じるはずもないでしょう。

 

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5