韓国紙「米朝首脳会談決裂でもっとも得をしたのは日本」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

何かあれば「日本のロビーのせいで~」という言い訳に引きこもることが多い韓国ですが・・中央日報が、「日本政府内部の声」としながら、今回の米朝首脳会談の決裂は、安倍総理の外交力によるものだ、という記事を載せました。

安倍総理がトランプ大統領の「耳を握っている」とも。

記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・今まで「バッドディール(損をする取り引き)よりノーディール(取引自体をやめる)が良い」という立場だった日本政府は、トランプ大統領の会談決裂を支持する立場を明らかにした。「安易な譲歩をせず、北朝鮮に具体的な行動を促したトランプ大統領の決断を全面的に支持する」(28日・安倍首相、1日・菅義偉官房長官)という発言が相次いでいる。

最近、日本政府関係者は、米朝会談が近づくほど対北制裁の緩和に反対の立場をより明確に明らかにし、アメリカとの協力を強調してきた・・

・・日本政府の内部では「トランプ大統領の耳を握っている安倍総理の外交力が効いた」という評価も出ている。東京の韓国消息筋も、「南北、米朝関係の進展のためには、韓日関係をひたすら放置してはいけないという示唆を韓国にも投げた」と分析した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190301151340493

 

「安倍のせいだ」を考える前に、「(そもそも北朝鮮は非核化など望んでもいないので、本当に何かの合意をする意図があったなら、という仮定の話ですが)北朝鮮が急に無茶な条件を出した」せいだと考えるべきでしょうが・・

すぐにでも終戦宣言など大きな合意ができるような期待をしてきた韓国にとっては、「こんなはずは無い。そうだ日本のせいに違いない」と思いたい・・いや、思わないといけないのでしょう。「安倍のせいだ」と書きたくてもさすがにそこまでは書けないでいる記者の悩みが文章から見え隠れします。

損をする取り引きよりは、取り引きそのものをやめたほうがいい。確かに日本にとってそれはいいことですが、それは米国にとっても同じです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

164+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5