サウスコリアパッシング

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

「二人はムリキュア(治すのが無理)」、某金委員長と某文大統領。

文大統領は米朝首脳会談が決裂されてからも、「金剛山観光と開城工業団地の再開」を言い出すなど、積極的に北朝鮮を擁護しています。31節演説でも文氏はこの件を持ち出し「米国と協議する」としました。「決裂の次の日であった」こと、「韓国では大統領演説の中でも特に大事だとされる31節演説」であること、そして、「米朝首脳会談の決裂で演説文を大幅に修正したとされている中、それでもこの部分を残した」こと。いろいろ考えると、本当に北朝鮮擁護に「熱心」だな、と思わざるを得ません。

ですが、この金剛山と開城の2つの案件は、「米朝首脳会談で話がなかった(案件にもならず、議論もされなかった)」ことがわかりました。アウトオブ眼中っぽいです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<先月、ベトナムのハノイで開催された2次米朝首脳会談で、金剛山観光と開城工業団地の稼働再開の議論はなかったと、米朝首脳会談に詳しい消息筋が17日明らかにした。

たとえ北朝鮮が交渉の場で金剛山観光と開城工業団地の再開問題を取り上げたとしても、米国の立場では、これを考慮しなかったのだろう。これにより、私たちの政府が強い意志を持って推進している南北経済協力プロジェクトも、速度調整が避けられないという指摘だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190317200003379?rcmd=rn

 

以下、邪推ですが・・

文在寅氏、トランプ大統領に「この件を取り上げてほしい」と前もって要請していたのではないでしょうか。でも、取り上げてもらえなかった(北朝鮮もわざわざ持ち出すほどの興味を示さなかった)。だから次の日の演説で自分で言うしかなかった。そう考えてみるのはどうでしょうか。その後、米国及び国連は、この件を「制裁違反になる」と言い切っています。

こうしてみると、韓国がパッシングされているのは米国からだけでなく、北朝鮮からもずいぶんとパッシングされていることがわかります。

文大統領としては、来年の国会議員選挙(4月)の前には「金正恩のソウル訪問」が実現して、またもや「平和!統一!」と強がりたいところでしょうけど、どうでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

168+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5