補欠選挙、野党(自由韓国党)が健闘

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

昨日、韓国では国会議員補欠選挙がありました。チャンウォン市のソンサン区(昌原市城山区)とトンヨン市コソン郡(統栄市固城郡)になりますが、書きにくいからAとBにします。

で、結果ですが、Aでは正義党が、Bでは自由韓国党が勝利しました。与党の「共に民主党」は、Bでは候補を出しましたが、Aでは候補を出さず、正義党(極左政党です)の候補を支持しました。

https://news.v.daum.net/v/20190404085531218

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この結果は、「現状維持」です。既存もAは正義党、Bは自由韓国党でした。ただ、強いて言うなら、自由韓国党が健闘したと言えます。

Bで勝利したことを意味するわけではありません。Bはもともと自由韓国党が強い地域で、ここでの韓国党支持は朴槿恵氏の弾劾の後にも揺るがず、今回の選挙でも圧勝(ほぼダブルスコア)でした。

注目すべきは、Aです。負けたとはいえ、45.71%:45.21%で惜敗でした。開票が90%進むまでは、自由韓国党が勝つのではないかと言われるほどでした。

この地域も慶尚南道で、伝統的に左派が強かった地域ではありません。朴槿恵氏の弾劾などで自由韓国党(セヌリ党)の支持率が急落し、その隙を狙って左派が勢力を伸ばした地域です。

そこで自由韓国党がここまで巻き返したというのは、来年4月の国会議員選挙に、相応の希望が見えたとも言えるでしょう。

一番面白い(?)のは、自由韓国党院内代表であるナ・ギョンウォン氏に対する「親日」攻撃があまり効かなかったこと、かもしれません。

 

さて、最悪の結果にはならなかったけど、やはり不安が強くなった共に民主党、そして文在寅大統領。

ナ・ギョンウォン氏曰く「北朝鮮と積弊しか知らない」、文在寅氏。彼としては、何か大きな積弊ネタで頑張るか、それとも金正恩氏のソウル訪問でもお願いするかのどちらかが必要になったわけですが・・何かの秘策はあるのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

113+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5