青年の手が真っ白に燃え尽きる

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

朝鮮日報に、「青年4人の1人が事実上の白手」という記事がありました。韓国では(働かない人は手が白いから)、ニートなどを「白手(ペクス)」と言います。

『日本』以外が話題にならなくなった」。

韓国の反日には、韓国内の問題を隠したい、すなわち政治的利用という側面もあります。それは、決して反日思想のすべてではありませんが、そういう側面があるのは事実です。どちらかというと、「問題を隠すために反日を作った」のではなく、「総意として存在する反日を、問題を隠すために利用している」と見るべきでしょう。

「政治利用」「選挙対策」「歴史修正」などなど、韓国が日本に対して使っている言葉は、実は韓国自分自身の姿でしかないわけです。

最近の韓国の「抗日ブーム」もまた、「日本(抗日)以外は話題にならなくなった」という側面があるのは、言うまでもありません。特に私が驚いたのは、経済、例えば最低賃金引き上げ問題などが、一気に消えてしまったことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・特に、青年層(※15~29歳まで)の体感失業率は過去最高だ。青年層の雇用増加のほとんどが、内実の無い雇用であるという意味だ。体感失業率は失業者、就職意思を持っているけど積極的な就職活動を行わない人、短時間だけ働く勤労者でありながら追加の就業の意思がある人などを全て広い範囲での失業者と見なす概念だ。

7月の青年層の体感失業率は23.8%で、統計を取り始めた2015年以降で最高を記録した。青年の4人に1人が事実上の失業者であり、不安定な職業に就いた青年がそれだけ多いという意味だ。

就職も就職活動もしない非経済活動人口のうち、特別な理由もなく「休んだ」に分類される人も増加するいっぽうで、7月には209万4000人となり、前年同月を20万8000人も上回った。2003年に統計を作成するようになってから最高の値だ。特別な理由もなく「休んだ」青年層の人口も過去最大の37万2000人に達した。過去2年間で10万人も増えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190815031127226

 

 

体感失業率は、実際の失業率と、国民が体感する失業率の差がありすぎで、何年か前から集計するようになりました。

記事で特に興味深かったのは、<・・政府の、税金使いまくり短期雇用政策が労働市場を歪曲し、最近では雇用率と失業率が一緒に上昇する珍現象が現れている・・>の部分でした。普通、雇用率が上がると失業率は下がります。

記事では20~30代の話をしていますし、確かに深刻ですが、個人的に、韓国でもっともダメージを食らっているのは「40代」だと見ています。リンク先は去年8月のものですが、それから続報がありませんね。

 

 

あと、余談ですが、この記事(朝鮮日報)の日本語版、「短時間働き、それ以上就業の意思がない人など」となっていますが、「短時間働き、それ以上の就業の意思が『ある』人など」の間違いだと思われます(8月20日11時30分時点で)。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/15/2019081580010.html

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (183)

74 Replies to “青年の手が真っ白に燃え尽きる”

  1. とほほさんへ

    昔は失業手当てなんかないですよ
    そもそも上級役人や大臣クラスでさえ、所得が57石程度。朝鮮の石高は、
    日本の半分。現金ではなく、
    米や雑穀や布などとで受けとっていたそうです。

    貨幣経済がなく、物々交換が基本だというから
    経済の発展のしようもないのですよ

    ただし、役人のヤンバンは
    賄賂があります。
    役人を取り締まる検察機関もないし
    賄賂が悪いという発想もありません。

    あとは、土地があればなんとか。
    部下や使用人を雇う金はないけど、
    奴がいれば、お給料もなしで、
    残飯で、養えます。

    生活保護は、徳川政権は
    出してたんですよね。
    生きるギリギリのお金を
    伊賀忍者にだしていた。

    神君伊賀越で、伊賀忍者に助けて
    もらったお礼に、伊賀忍者以外が
    すべて忍者を廃業した江戸時代でも
    捨てぶちという、失業手当てをだし、
    その一本で、忍者に拘らず転職しなさいと、進めていたそうな。
    ごくごく一部だけは、隠密のしごきを
    貰えたようですが。

  2. 李氏朝鮮末期の両班の割合についてですが、「両班」の定義が昔とは異なるものとなっていて、貴族であろうがなかろうが、官僚・役人であろうがなかろうが、農耕生産活動に携わっていない(=年貢を取り立てられない)者は、両班(=貴族、高級官僚、役人、顔役、ヤクザ)か、奴婢(=奴隷)か、僧(=宗教従事者)かに分類されていたんじゃないでしょうか? しかも、このうち奴婢は、最初から人間扱いされていないので、その他を「人間」とみなして母数に扱えば、両班が50%であっても不思議じゃない。
    日本の江戸(東京)だって、もしも「町民」が全て分類上は「奴婢」とされていたならば、両班の割合は50%を軽く超えてしまうでしょう。

    また、識字率の問題については、朝鮮において正式に「文字」と見なされていたのは漢字(=中国語)のことであり、当時は正式言語も中国語(官話、マンダリン)と定義されていたはずです。
    朝鮮半島各地の民衆がわちゃわちゃ話していた言葉なんぞ朝鮮言語とはみなしてないし、ましてや文字なんか、日帝が統一ハングル教育を始めるまで地域によってバラバラな記号を使っていただけでしょう。こんな状態だったから、当時の国民の識字率は数%とみなされても決して不思議じゃない。

  3. キサラギ=アリスさんへ

    朝鮮末期では、ヤンバンが
    人口の約5割弱で、国がもう
    完全にめちゃくちゃ

    と、いったのは私です。
    元ネタは、江口達也の日露戦争物語
    ですが、19世紀にマリーニコル
    さんが書かれた(朝鮮事情)という
    本でも、身分の売買が横行し、
    さらに自称ヤンバンと名乗る人が
    いっぱいいた。

    と、書かれています。

    かきょ試験に合格して、
    役人になってお給料をもらっている
    ヤンバンはそのうちわずかです。

    働いてない人が多く、
    ヤンバンと名乗っていたとか。

    別の研究で、本物の
    ヤンバン達は余りにもお給料が
    低く過ぎて、食べいけないので、
    自己経営で生計をたてていたとか。

    朝鮮通信使の記録で、日本人から
    「どうしてそんなにお給料が低いんですか?」と、聞かれ、ものすごくはずかしかった。との記述があり、
    中国の九品職以下のしたっぱ役人よりも、
    朝鮮の正大臣の給料が低くかったそうです。

    高麗時代の役人はずっとお給料が
    高かったそうで、李朝鮮は
    本当にお給料が低かったが、
    それでも誰もが、ヤンバンに
    なりたがり、
    そして役人に成りたがったそうです。

    1. 眠り猫さん ありがとうございます。

      日本の摂関時代も、国家財政が破綻して官職や位階に応じた支給ができなくなっていますが、その分高級貴族は口分田や国衙領をかすめ取ったりして荘園を所有して優雅に食っていますからね。あちらでも既に土地の大半は両班の私有地になっていたというのをなんかで読んだと思います。・・・やっぱし古代、わが摂関時代の一緒やん。
      しかし、
      > 自己経営で生計をたてていた
      白丁へのカツアゲのことだったりして。

      あつまん
      温泉饅頭?

  4. 山本七平さんの「洪思翊中将の処刑」に、洪家は零落した両班で、あの国では権力抗争に敗れると二度と立ち直れないほど零落させられてしまう、そんな家だというお話がありました。両班が人口の半分ということを書かれた方もいらっしゃいますが、普通に考えてどうかと思います。人口の8割が農民の江戸時代の日本で、五公五民とかの建前はともかく、実効税率は2割程度であったと言います。日本よりはるかに生産性の低かった朝鮮で人口の半分が非生産者、というのは無理でしょう。
    私のきいた識字率7%というのは1900年ころの漢城(ソウル)の調査です。両班50%というのも恐らくは漢城での数字ではないでしょうか。職のない両班は官職を求めて首都に集まるでしょうからね。
    逆に言えば、当時の朝鮮全体での識字率は7%どころかもっととんでもない数字になるはずです。
    その調査の40年ほど前の江戸での識字率はその十倍以上。地方でも50~60%あったと言います。同じころの北京で12%、1900年頃の沖縄で25%ほどだとか。当時の朝鮮が東アジアでも突出した後進国であったことは間違いないでしょう。

    1. 呉善花 著『韓国併合への道』文春新書、2000年 のp22-26に次のような記述がある。
      —————————————————-
       両班たちの「不毛の争い」が李朝末期にいっそう激しいものとなった第一の理由は、両班人口の増大にある。官職を得られなくても両班身分は世襲されたから、金で両班の地位を買ったり、ニセの資格証を売ったりということが、十数世代も繰り返されてきた結果、あやしげな自称両班が膨大に増加したのである。
       京城帝国大学教授だった四方博氏の計算によると、両班人口は1690年には総人口の7.4パーセントだったが、1858年には、なんと48.6パーセントにまで増加しているのである(「李朝人口に関する身分階級別的観察」『京城帝国大学法学部論集・朝鮮経済の研究3』所収)。
       人口の半分が支配階級の身分などという国がどこにあっただろうか。
      —————————————————-

       で、この統計資料は一部地域だけの調査なので、李氏朝鮮全体の半分が両班という記述には批判もある。
      ・h ttp://scopedog.hatenablog.com/entry/20081022/1224694510
      —————————————————-
      四方氏の計算はあくまで大邱のみを対象とした研究
      —————————————————-

      1. ありがとうございます。呉さんの著作は一冊しか確か読んでいなかったです…だめですね。

        でも、日本が心血を注いで築きつつあった近代国家の中枢に腐った両班を据えたのが今の韓国ですよね。腐敗は全体に及んでいます。

        もしまた
        (経済破綻して)若しまた摺り寄ってきたら・・・スマイル0円で立ち去りますか。

  5. 失業手当がフランス並みに充実していて、生活には困らないのではないですか?

  6. お主の言う、韓国内の問題を隠したい、すなわち政治的利用という側面もあるについては全面的に同意する。南朝鮮はあらゆる問題の解決を望んではいない。行動から見てとれる。

    しかしながら、文ざいとらが心から望んでいるかもしれない主体思想を基盤とした自分の縄張りを作るならば今しかない。南朝鮮は日本敵視をしていれば毎日が平和に過ぎてゆく。楽しさ100倍だろう。
    文ざいとらは楽しさ100倍と感じる人間を利用すべきなのだ。文は阿呆な連中を奴の周りに侍らせることが好きなようだが、これは間違いだ。阿呆な連中はつまるところ関心があるのは銭のみだ。必要なのは文ざいとらの手足のように動く人間だ。馬鹿は必要ない。
    よって、現在の文ざいとらの周りに居る連中では、決して文ざいとらが望む「国家建設」は出来ない。
    原資は知らん。

    文ざいとらは南朝鮮の総意である日本敵視、というか、事実上の敵国になったが、これを契機に南朝鮮の法を支那と同様に変えるべきなのだ。永久大統領といったところか。
    ま、銭はあとからついてくる。

コメントは受け付けていません。