菅義偉さん「安倍総理が韓国政治指導者に直接、一貫したことを明確に言ったことには意味がある」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

夕方のエントリーも安倍総理とイ・ナクヨン総理の面談内容関連です(今日の韓国側のニュースは、例の戒厳令文書とチョ・グク氏の奥さんが逮捕された件ばかりです。その次がイ総理の件)

韓国では「意思疎通が~」という面が重点的に報道されていますが、日本政府のスポークスマン菅義偉氏は、「別の意味」に重みをおいています。

短い記事ですので、本ブログとしては珍しく、全訳します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<イ・ナギョン韓国国務総理と安倍晋三日本総理の24日の会談と関連し、日本政府は、徴用問題に対する自国の立場を明確に伝えたという点を強調した。

日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は「今日の会談では、昔の韓半島出身の労働者の問題について安倍総理が韓国の政治指導者に直接、明確で一貫した立場を確実に伝えたのは、一定の意味がある」と、この日の定例記者会見で語った。

 

彼は「安倍総理が明確に述べたように、『日韓関係改善のためには、韓国が国と国の約束を遵守することにより、日韓関係を健全な関係に戻すきっかけを作る必要がある』と考えている」とし「続けて韓国側に賢明な対応を求めていく考えだ」と説明した。

菅官房長官は「両国間のさまざまな交流や外交当局間のコミュニケーション、会話の重要性について認識を共有することができたのも、一定の意義があった」と付け加えた>

https://news.v.daum.net/v/20191024171629911

 

結局、10月8日の「題が全て同じだい」エントリーと同じ展開になりそうです。

明日頃には「韓国がわざわざ関係改善のチャンスを作ってやったのに、極右安倍が応じなかった」という内容の記事が、韓国側で目立っていることでしょう。

11時頃から流れたあの無数の「速報」は、いったい何だったのか・・・(韓国では『安倍総理と会った』『面談が始まった』『面談が終わった』などといちいち速報が流れました)

 

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5