『1970年代』に作られた日帝残滓(?)、撤去される

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国で「日帝残滓」を撤去する騒ぎが起こるのは、珍しいことではありません。信仰に関するもの、文化に関するもの、資料としての価値があるもの、生きているもの(木など)、関係なく撤去されます。一部、博物館などで保管されるものもありますが、基本的には嫌悪の対象としての保存(日本がこんな悪いことをしたと子どもたちに教育するための保存、韓国で言う『教育目的での保存』)となります。

忠清北道でまた、「天地神壇」と呼ばれるものが撤去されました。ただ、これは1970年代(推定1975年頃)に作られたものです。なんで1970年代に作られたものが「日帝残滓」として撤去されたのでしょうか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国の忠北大学校というところには、天地神壇碑というものがあります。1930年代、併合時代に作られたものだ(朝鮮総督府が指針を下した)と言われています。日本のネットで「天地神壇」を検索してみると、当時祭祀を捧げる姿などがヒットします。この碑は別の町にあったものですが、1970年代、忠北大学校の野外博物館に移されました。

すると、その町の人たちは、同じものをまた作りました。それが、今問題になっている1970年代の天地神壇です。それが約45年経った今、「日帝残滓だ」とされ、撤去されたのです。

 

記事は、「伝統信仰のものだと勘違いしていた」「作っておいて45年間放置した」としていますが・・世代が完全に入れ替わった(100年ぐらい経った)なら分かるけど、1970年代、1975年だとすると、45年前に「どういう経緯で作られたのか」を町の大人たちが知らなかったはずはありません。

忠清北道は、日帝残滓の「殲滅」に特に力を入れています。偉人扱いしていた人たちを、急に「親日派」と言い出し、碑石を倒し、「断罪文」を刻んだりしています。その流れとして、1970年代に町の人たちが自発的に作ったものすら、日帝残滓として撤去されてしまったのではないか・・・ひょっとして、何かの「ノルマ」を達成するために無差別に数を増やしているのではないか。どうしてもそういう邪推に傾くのは、私の心が曇っているからでしょう。

ソース記事URL(本文の引用はしていません):https://news.v.daum.net/v/20191102050106764

 

 

 

※「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (172)

“『1970年代』に作られた日帝残滓(?)、撤去される” への93件の返信

  1. いったい韓国人は何と戦っているのでますかねぇ。そんなことに使うエネルギーを韓国をよくするために使ってほしいですねぇ。

  2. >何かの「ノルマ」を達成するために無差別に数を増やしているのではないか

    ノルマのために戦後作成されたものを日帝残滓としていいなら、便器、衣類、医療器具、印刷物などいくらでも廃棄すべきものがあるんですよねぇ。

    何故にこのような日帝残滓製品を廃棄しないのか?

  3. 今から20年以上も前、志摩の安乗(あのり)というところで、老いた元海女さんのお話をお聞きする機会がありました。その中で、戦前は朝鮮の済州島に行って地元の人に教えながら海女をやったけど、あっちには海女なんていなかったから、何でも採り放題に採れた、ということでした。

    早い話、「世界遺産」の済州島の海女は「日帝残滓」ということですね。どうすんですかね。

  4. 天地神壇て、荒俣宏の小説「シム風水」に出てきたチャンスンの事ではないでしょうか?

    天地大将軍と地下女将軍が対として、日本の道祖神の様に、道の辻や村や街の入口に飾られ、災いや悪いモノが入って来ない様に守っていただく神様だった気がします。

    今でも韓国の田舎に行けば見られるのでしょうか?

    1. 日本の埼玉県のこま、 彼岸花の里に
      行けば、こま駅の真ん前に
      どでかいのがたっています。
      あそこは 高麗神社があります。
      大昔に半島からの亡命難民達の居住地だったとか。
      神社を建てている時点で、十分日本化していたわけですが、
      わざわざ現代の韓国人が天下大将軍と
      地下女将軍のトーテムポールを建てています。
      とてもグロテスクで醜く恐ろしいものです。

    2. 中国の天壇をググってみました。
      でかくてりっぱな世界遺産

      デブの三重の塔で、仏塔に形が近い。
      明朝に天に祈りを捧げるための祭壇で、
      日本の神社やこまのトーテムポールとは
      全く 様式と用途が異なります。

      今回、撤去されたという
      韓国の碑はなにがモデルだったんでしょうね?

  5. はっきり言って韓国人にとって時系列なんてどうでもいいのです。理念のみが先行しますからね。反日=正義ですから時間の後先なんてどうでもいい。反日パフォーマンスができればいいのでしょう。それが歴史学の世界でもあるのですから、日本人にすれば韓国は???の世界に映るのです。まあせいぜい反日パフォーマンスをとことんまで追求して下さい。そのうちに韓国には何も残らなくなりますから。

    1. >>匿名さん
      >>時系列なんてどうでもいい
      万能壁画や旭日旗認定…例を挙げたらキリがないです。

  6. 文化大革命と同じだね。
    忠清北道は、紅衛兵なんだよ。
    そして、なんでも破壊しまくる。
    それが、来たるべき統一後の姿だと、信じて疑わない。

  7. 残渣の代表である残飯は毎日出ているけど、むやみに捨てたりせず、コンポストして、活用している。

    朝鮮とは違う。

    1. 残渣→残滓の誤りです。意味は近いと思いますが・・。

  8. >>眠り猫さん
    >>現代の韓国語そのものが、日帝残滓
    古田博司さんが「日本人が冗談を言えるくらいまで上達できるのは韓国語くらい」と書いていました。じっさい韓国語の難易度は低いという話も聞きます。日本人が整備して、おそらく無意識のうちに日本語の文法が反映されていたというのもあるかもしれません。

    >>元々の韓国語は地域訛りが強くて道が違えば会話が通じないといわれていた
    中国にも似たような話があって(これは宮脇淳子さんの本です)日中戦争の時、山を越えた中国軍が自分たちの発音と違うから日本に来たと勘違いしたと。

    1. それは、中国語も朝鮮語も「一つの言語」ではないからです。

      中国語は、次のような成り立ちです。
      夏殷の言語が「漢文」という表記法によって、古代中国の共通語(書き言葉限定)となり、それが周辺異民族に広まって、それぞれの話し言葉に合うように「書き言葉である漢文」が発音されるようになり、さらに話し言葉へのフィードバックが起きて「ピジン化」する。
      この過程が繰り返されて「中国語と総称される言語群」ができたのです。

      朝鮮語は、「一つの言語群」であるかどうかも不明な「種々雑多な言語群」が入り乱れていた状況を、日本統治時代に「標準語」を制定して、人工的に「朝鮮語」を作成したのです。
      新羅語や高麗語は、現代の朝鮮語では解読できないと言われているのは、そのせいかも知れません。

      1. >>匿名さん
        >>「一つの言語」ではない
        いまでも日本人が「英語で日常会話ができます」と履歴書に書くように「メインは四川語ですが北京語も問題なく話せます」と中国人も書くと聞いたことがあります。

        >>現代の朝鮮語では解読できない
        そういえば1990年代に「万葉集は朝鮮語で理解できる」とブームになったそうです。韓国の学者が「万葉集の○○という言葉は(現代の)朝鮮語の××と発音が似ているから××が起源だ」と…。
        日本の学者が反論するようになってすっかり廃れたそうですが、その趣旨が「そもそも古代朝鮮語の発音が分からない(残っていない)のたがら比較できるわけがない」でした。

      2. 日本語というくくりの話をしますと、中国語と日本語は根本的な言語構造が違います。
        沖縄語まで含めて、日本語のくくりに入ります。

        何かの言語学の本で、沖縄語まで含めて、大きな日本語というくくりにできる、という話を読んだことがあります。
        大きなくくりの日本語の中に、本土の日本語方言(いろいろな各地の方言を含む:青森方言、鹿児島方言、関西方言等)と沖縄語に分けられるというのがありました。

        つまり沖縄語は、日本語の各地の方言ともかなり違いますが、大きなくくりでは日本語になります。日本語としての文法や語彙が似ているのです。
        沖縄語は、中国語の各種方言とは大きく違い、中国語のくくりには入りません。あくまで日本語のくくりに入る言語です。

      3. 追加しますと、日本は京都が中心の時代が長く続いたので、京都から離れるほど、昔の言い方が残っていたりします。
        つまり文化や言い回しが、京都を中心として広まっていったわけです。

        江戸時代になると、参勤交代があり、江戸藩邸に勤務する武士も多く、江戸方言が広まっていきます。
        位の高い武士は、誰もが江戸方言を理解できますからね。
        そいう意味では、日本は言語的にも、標準化というか統一化が早くから進んでいた、といえます。

        各地の方言も、最初聞くと分からなくても、どこがどう変化しているのか分かってくると、聞いて理解できるようになります。
        日本語の方言は、日本語という大きなくくりに入るので、言語構造は同じなのです。

        しかし中国語の方言は、全く違う言語と言っていいほど違いが大きいので、日本語の方言とは比べられません。

    2. 大絶画さん

      > 日本人が整備して、おそらく無意識のうちに日本語の文法が反映されていたというのもあるかもしれません。

      無意識のうちにではなく、文法がはっきりしない部分は、日本語の文法を参考としながら、朝鮮語の文法を作ったといいます。
      ですから朝鮮語の文法が、日本語に似ているのは当たり前なのです。

      ただし日本語と朝鮮語とは、基本的な古い語彙が異なるので、言語としての関連性は薄いとされています。
      言語学的には、日本語と朝鮮語とは遠い言語です。

      日本語は似た言語がない、独立した系統の言語と言われます。

      1. (関川夏央「ソウルの練習問題」より。ただし記憶)

        「文法」とは違うと思うけど、「カタカナの『ー』」をパクったってのはワラタw
        「カレーライス」
        とかの「ー」。

        韓国語、ハングルに「ー(のばす)」文字、記号がないらしいのですね。

        でも、過去2回の渡韓では確認できずw
        大抵、ナンチャラタンとか食ってたからかなw

      2. 現代中国語の白文も、近代期日本語を参考に作られた言語で、日本人は古代の文章を書き下せば読めるが、韓国人中国人は読めない。

        韓国人は、ハングルが読めても意味がわからないし、中国人は漢字の読み方がわからない。

        日本語のーのに相当する、ー的がとても便利過ぎて乱用されて問題になってるとか。

          1. みなさん、返信ありがとうございます。
            とても勉強になりました。

        1. >韓国人は、ハングルが読めても意味がわからないし

          アンタは「日本語が読めても意味がわからない」よなw

          ①私の言論の自由についての文の意味がわかっていないw
          仮に「私の文章が分かりづらい」としても、「公共の福祉」で検索すればナンボでもヒットするw
          ②「我々は言論の自由があるが、七誌には文句を言う自由はない」などと読み取れないはずであるw

          いい加減、「公共の福祉という制限」を理解しろw

        2. 言いたいことは概ね分かりますが、用語が間違ってます。

          白文=訓読記号無しで読まされる漢文
          白話=おおむね元の時代以降「文語である漢文」に対して「口語」として成立した中国語。明治維新以来日本でなされた西洋語の漢字熟語化のおかげで語彙が増え、清末以来現代化が進んで今に至る。

          というわけで「白話」が正しい。

          それと、現代中国人が「古文献としての漢文」を読めないのは、「簡体字」の普及で「昔の字体」が読めなくなったから、が理由の一つ。
          そもそも「古文献としての漢文」をきちんと読み解くためには「膨大な知識」が必要で、ふつうの人はそんな知識を身に付ける余裕は無い、というのがもう一つの理由。後者は、日本でも同じ。

          韓国人が「ハングルを読めても意味が分からない」のと、現代中国人が「漢文を読めない」のは、メカニズムも効果も違いますから、並べてもしょうがないのですけど…まあ、いいや。

    3. 実際に朝鮮標準語を整備したのが
      日本人学者か朝鮮人学者かの詳細は
      わかりませんが、
      当時のソウル語をベースにしたというので、ひとつの朝鮮語を半島全土に
      広めたんだと思いますよ

      明治政府がやったのは、
      日本で標準語を広めたと同じ手法だと推察します。
      すなわちラジオのNHK放送で
      標準語を流す(まだテレビは発明されてない)学校の教科書を全部標準語にする

      読み書きを覚える時の子供たちから
      教えてる。です。
      私の友達の台湾出身の人は、
      北京語混じりの広東語で、自分は北京語は多少はわかるけど、自分の祖父母の言葉が時々なにいってるかわからない
      と、いってました。

      また私の高校時代の友人は「自分の母の言葉がたまになにをいってるか?わからない。ルーツがカラフト出身」と、いってました。
      政治的な影響で、家族間の言語が
      異なることはあります。

      中国の全土で北京語が通じるのは
      4割程度とか。元々の民族の言語があって、学校等、公共機関では北京語を
      使用するけど、年寄りはわからない。

      中国で漢字が発達したのは、
      地域で言葉が違う、読みが違うけど
      意味が同じ象形文字だからとか。

      そして日本語の漢字に異なる読みが多いのも
      漢読み、宋読み、呉読みと長きに渡る年代と広い地域からの影響だとか。

  9. 現代の韓国語そのものが、
    日帝残滓だけどね

    元々の韓国語は地域訛りが強くて
    道が違えば会話が通じないといわれていた

    半島事態で6つくらいに別れていた
    それに対して日本政府は

    ソウル語をベースに朝鮮標準語を整備した。
    だから旧満州でも南北でも会話ができるようになった。
    今の韓国語は、初代韓国大統領が、
    半島南部訛りを、韓国語としたけれど、
    日本語だって、明治政府が、標準語を
    作って整備しなければ、
    江戸時代のように
    青森、岩手、京都、高知、沖縄、
    鹿児島で、字幕が必要なほど、
    方言でなにをいってるか?
    わからないんだけどね

    1. 日本国内に天地壇は見当たらず、関連資料を見ても、朝鮮人が祈りを捧げているものが多く、これはおそらく日本の神様ではなく、朝鮮の土着信仰を日本の神式に祀ったものかと思います。わたしは詳しくはありませんが。

      元は中国の天地壇ですよね。

コメントは受け付けていません。