韓国、2005年の「司法改革」で作った規定を、2020年の「検察改革」で無効化

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

最近はあまり扱っておりませんが、文在寅政府の「検察掌握」と検察内部からの反発は、今でも韓国内では大きな話題であり、トップニュースの定番です。

チョ・グク氏の後任で法務部長官になった、共に民主党代表出身のチュ・ミエ氏。彼女は、露骨なほど、「言う事聞かない」検事たちをを追い出しました。おおまかに方向性だけ説明しますと、、蔚山(ウルサン)自治体長選挙に大統領府が介入した情況に関する捜査と、チョ・グク氏およびその家族に対する捜査において、重要なポジションにある検事たちを、次々とそのポジションから追い出しました。

反面、ユン・ソクヨル検察総長を中心とする検察は、このまま潰されるわけにはいかないと判断、大統領府が蔚山自治体長選挙に介入したことを捜査しないといけないとし、大統領府に家宅捜索を試み、大統領府がこれを拒否するなど、もはやただの感情争いになって久しい気もします。

そんな中、国会が大統領府に対する控訴状公開を要求しましたが・・意外な展開となりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、選挙介入とは、韓国で言う「下命捜査」の件です。大統領府が、警察に「~を捜査しろ」と命令したという意味です。2018年地方選挙(自治体長選挙)当時、大統領府の民政秘書官(簡単に言うと、当時民政首席だったチョ・グク氏の部下です)が、自由韓国党が有利だった蔚山の現役市長の周辺人物に対し、「不正の疑いを捜査しろ」と命令を下した、というのです。その民政秘書官はすでに自分で命を絶ちました。もし本当なら、下手すればチョ・グク氏本人はもちろん、文在寅大統領にも大きなダメージになりうる事件です。

この件で、大統領府と検察のレベルの低い戦いが長引くこととなり、国会が法務部に対して「控訴状の公開」を要求しました。韓国では、国会が法務部に対し、控訴状の公開を要求できます。控訴状には、大統領府関係者13人の名前が載っている、と言われています。

 

ですが、チュ・ミエ氏・・韓国の左派支持者からはジャンヌ・ダルクのような人だとして『チュダルク』と呼ばれているそのチュ・ミエ氏が、『この件(大統領府下命捜査の件)から、控訴状の公開をしないことにした』と発表しました。

理由は、去年12月、チョ・グク氏が法務部長官だったときに「人権を守るため」作っておいた「刑事事件公開禁止などに関する項目」を守るため、だそうです。当時から検察改革を謳っていろいろ消したり直したりしていましたが、その中の1つです。

ここまで、引用はしていませんが、もっとも参考にしたソース記事は「ニュース1(下のURL)」です。

https://news.v.daum.net/v/20200205093851610

 

それでも何かの方法で控訴状の内容が一部マスコミに流れており、チュ・ミエ氏は「どうやって漏れたか、調べてみればわかることだ」と話しています。

しかし、実はこの「国会が控訴状の公開を要求できる」件、2005年、盧武鉉政府が「司法改革」として作った規定でもあります。こうあっさり守らなくなっていいのでしょうか。15年前に司法改革として作っておいた規定を、検察改革を謳う現政権でなかったことにしたわけです。しかも同じ左派政権で、文在寅大統領は盧武鉉氏の右腕、盟友だったのに。

今『検察改革』しておいて、意味があるのでしょうか。多分またすぐ、誰も守らなくなるでしょう。司法改革であれこれ直す→検察改革で守らなくなる→次の政権の◯◯改革でまた守らなくなる→次の政権でまた・・・

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。※画像は単行本版のものです

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (132)

49 Replies to “韓国、2005年の「司法改革」で作った規定を、2020年の「検察改革」で無効化”

  1. この国の朝令暮改はいつもの風景。
    驚くに値せず。
    ので、まったく信頼に値せず。

    成熟国家にはほど遠い、部族内抗争国家。

  2. 「裁判公開の原則」は、いったい、どうなってるんでしょう?
    という疑問を抱いたあなたへ。

    韓国憲法には「安全保障・安寧秩序・善良な風俗」を害するおそれが有るときは、裁判所の判断で、裁判を公開しないことに出来る」という条項が有ります。

    韓国人って、憲法も濫用するんですね。
    いずれ「裁判所の判断で」が「将軍様にお伺いを立てて」に変わりますね…というか、すでに事実上、そうなってるか。

  3. 本物の国を使って国政ごっこをやってるんでしょうか。

  4. 韓国人にとっての正義とは、自分にとって都合のいいものである必要があるので、普遍的な意味の正義ではない。もっとも、韓国人は極端かもしれないが、正義というもの自体が、その時に権力等の力を有するためのもでしかないというのも事実ではある。その正義が本当に正しかったのかどうかは、後世でしか客観的に判断できるものではない。現世の権力者が正義と言えば、真理にはそぐわないかもしれないが、それはそれで正義になるのだよ。民主主義であれば、それに対しての抑止力として民意を反映する選挙があるのだが、WW2前のドイツ、日本もそうだが、一旦プロパガンダに乗せられると後戻りできなくなってしまうのだよな。

  5. じわたねほさま
    文大統領は、三権を掌握し、韓国がある限りは、左派政権が続くと予想しています。
    一方で、韓国の経済破綻を熱望しています。
    IMF管理下に、直面する状況になっても、韓国人は、国内に逃げ道無いんですかね。

    1. 三権”文”立の完成及び選挙制度の完成で、当分の間左派政権が続くのではないでしょうか。もっとも諸刃の剣で、一旦政権を保守派に明け渡すと、同様に当分保守派が政権を掌握することになるでしょう。文在寅にしてみれば、その道筋を作っただけで、後はどうなろうと、知ったこっちゃない、自身の保身が重要なのではないですか。

       それと、韓国も今では世界でも10位くらいの規模の経済大国です。そんな国をIMFが管理して救済することは不可能です。ましてや、IMFに金を出すのは米国や日本です。前回提言した、財閥解体等も無視しているし、二度と、IMFは関与しないと思いますよ。

    2. >文大統領は、三権を掌握し、韓国がある限りは、左派政権が続くと予想しています。

      右派に有力な対抗馬が現れるまでと予想しています。文災害もそれはわかっています。だからこそ、「右派に有力な対抗馬が現れたとしても」という環境作りを目指しているのだと思います。

      >一方で、韓国の経済破綻を熱望しています。
      IMF管理下に、直面する状況になっても、韓国人は、国内に逃げ道無いんですかね。

       熱望とまで言えるかはわからないですが、北との融和路線として韓国の弱体化は文災害の視野にあると思います。「IMF管理下に、直面する」ことはありません。IMFの方が「韓国を管理下に置かない」と公言しているからです。

       つまり現状でもし韓国が破綻した場合は、領土を分割してでも借金を払う必要があります。これについては「払えないものは払えないと居直ることができるのでは?」と思って調べたことがあります。「ばっくれたら」輸出立国として成り立たなくなります。

       日米が領土を割譲してまで払えと言う可能性は高くない。しかしそれでよしとする国は存在すると思います。たとえば中国が済州島を買い上げて、そのかわり中国が他国への借財を全部払うというようなことを提案されたとき、名分と実利が他国と衝突しません。
       中国の進出を嫌う日米が韓国を助けるシナリオはあります。しかし、今の関係性では日米が韓国を自国を犠牲にしてまで助けるかに疑問があります。文災害が率先する可能性も否定できません。

      1. ※ 仮に領土として接収できなくても、租借という形にして期間内に借金を払えなければ領土権を失うようにします。そのあとは中国がどうとでもできます。

  6. シンシアリーさん こんにちは。
    誰が言ったか知らんが、三権文立だからしゃあないわなww
    まぁ、自身の生死に関わるコトなんで、必死さが伝わってきます^^

  7. シンシアリーさんへ

    韓国では、新型肺炎関連の
    ニュースは飛び交ってないのでしょうか?

    日本では、経済に打撃を受けています。
    欧州でも、これが3月末までの騒ぎなら
    たいしたことはないが、2年間続くと会社が厳しいことになる。など、

    今は経済の先行きが懸念されています。
    もちろん最大の打撃は中国。
    都市閉鎖が武漢市だけじゃなく、浙江省にまで広がりました。上海のすぐとなりです。韓国の最大貿易国は中国。
    韓国経済に打撃がないわけはないのですが。

  8. これも韓国では「司法」が形骸無実で、近代国家の概念が皆無だとよく分かる事例だな。

    せっかく日本に30年もの間 教育をしてもらい、その過程で近代国家の定義の一つ「法治」も教えてもらったのに、独立したとたんに部落社会に逆戻りだもんな。
    そのくせ、誇り高い民族を自称しているから悪くなる一方で癖が悪い。

  9. 控訴状→公訴状(日本でいう起訴状。公訴を提起する書状)?

  10.  民主主義国家では、警察、検察、裁判所の3つを権力が手中に収めるとなんでも赦されることになります。
     盧武鉉の最期は検察に追い詰められたものでした。文災害は、盧武鉉の側近です。3つの権力の怖さを身をもって知っています。

     文災害が大統領に就任してから一番に骨を折ったのは、この3つの権力の掌握です。裁判所、警察は軍門に降り、残ったのは検察だけになりました。検察が政権に必死で抵抗している。それを文災害が非情に切り崩す。
     韓国の現状をこう理解しています。
     民主主義国家なのに、政権に簡単に司法や警察が屈します。自業自得です。警察も検察も裁判所も国民の信頼を得ていません。

     改革という名目の支配が、国民の支持で可能なわけです。もし、平等、公正な司法や警察であれば介入される隙はないでしょう。少なくても5年という短い任期では。

     文災害は検察もいずれ掌握すると思っています。文災害はかなり死に体だと思っています。しかし死なない。マスコミを掌握していますから世論調査も誘導できます。言うことを聴かないマスコミには足かせをはめます。

     韓国は「粉飾国家」です。粉飾国家には粉飾に扇動される国民がいます。粉飾に労力を費やせばリターンが生まれます。実質は不要です。その場しのぎでよいのです。百年の長計などいりません。

     韓国は文災害にとって長久を祈る国ではない。朝鮮民族の「正統な国」ではないからです。

コメントは受け付けていません。