韓国政府傘下機関、「資本主義は危機」「中国は覇権国家」とする教育用書籍を出版

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

統一部傘下の「統一教育院」という政府機関(政府責任運用機関)が、「世界の政治・経済の変化と韓半島の平和と統一展望(仮)」という、いかにもつまらなさそうな題の本を出版すると発表しました。

「ソウル経済」の記事によると、「『平和と繁栄の韓半島』という文在寅政府の国政哲学を一般の人々に知らせるための『教育』用参考図書である」、とのことでして。いや、「それを政府機関が書くかよ」・・な気もします。文大統領が自叙伝でも書けばいいのでは。

しかも、記事によると、その内容が「これでいいのか」なところがある、と。以下、ソウル経済の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・ムン・ジェイン政府が国民に韓半島の平和・統一哲学を教育するための市販販売用の書籍を準備している中、執筆者に「米国は世界警察を放棄した」「中国の新型大国関係」などの内容を入れろと要求したことが確認された。

米国が覇権の費用を払おうとしない間、世界秩序に亀裂が起こり、中国が米国と一緒に新しい秩序を提示しているという内容だ。

本には、現在の世界の政治・経済状況を「資本主義の危機」、「これ以上成長しない社会」、「1・2次世界大戦勃発前と同じような状態」、「第3次世界大戦か、平和な跳躍かの分かれ目」と診断する内容も含まれており、政府の国際情勢判断と教育書籍として適合なのかをめぐる議論が予想される・・>

https://news.v.daum.net/v/20200324175045887

 

内容的に、一帯一路などを取り上げて、「中国を米国と同じ覇権国家として見るべき」と要請したのだ、と。他にも、国政哲学を強調するために、世界情勢を必要以上に煽っている部分が少なくないそうです。

それに、本当に朝鮮半島の「周辺国」を扱うなら、主要国とされるロシアと日本についても論じないといけないはずですが、ロシアと日本はまったく出てこず、中国の話がメインになっています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (133)

55 Replies to “韓国政府傘下機関、「資本主義は危機」「中国は覇権国家」とする教育用書籍を出版”

  1. おはようございます
    ムンムンと取り巻きがこれを大真面目に言っている、なら、「どうかしてるんじゃね?」というのが素直な感想です
    資本論によれば、社会主義、共産主義は資本主義自由主義の後にやってくるより進んだ社会体制、となっていますが、
    実態は何かを錦の御旗にした宗教政治、皇帝親政です
    資本論自体がユダヤ教の教義を下敷きにしているのは、諸兄もよくご存じでしょう、ラビたるテクノクラートが神である書記長閣下の意向の元で無知蒙昧な羊である庶民を率いる、と
    そういう社会は、事前によほど富の蓄積がなければ早晩破綻します、旧ソ連だって帝政ロシアの遺産を食い潰した後は、冷戦にかこつけての圧政のおかげでやっとアソコまでもたせた程度
    中共がまだもっているのは、途中で一部自由主義(というより商業主義)を入れて国富を増やしたのと、今のキンペーに繋がる覇権主義で周辺国を圧倒したおかげでしょう
    そういう、今私たちが謳歌できている自由とは対局にあるモノを賛美しその元に入る事を教育しようとするとか、やっぱりムンムンとそれを持ち上げている韓国って、かつての柵封体制があってたのかなあと

    私からすると、ドレイってそんなに居心地がいいのかと不思議になるのですけどね
    確かに自分でもの考えないのは良いかも知れませんが、代わりに、自分でやりたい事どころかその意思すら認められないというのに

  2. 私は南沙の判決のときに中国が「判決には従わない」
    又AIIBの透明性を問われたときに「従来の西洋とは違う中国の規準でやる」と豪語してた記憶があります
    それが世界で論理的に認められるのかは?ですし
    今回のWHOのグダグダさは中国に絡んだらチャイナリスクしか無いと広報したみたいと思ってますが
    金金の投資家がどう動くでしょうね?損切り?逃げられない?

  3. 中国が覇権を狙っているのは明らかです。更にサッチャーから始まった新自由主義を旗印にした資本主義も行き止まりつつあるのも事実でしょう。
    ただ現在の中国は社会主義は社会主義でも、国家社会主義です。習近平はヒットラーやムッソリーニと同じです。韓国のムン大統領は中国が本当に社会主義国家と考えているならバカとしか言いようが無いですね。もう一度共産党宣言位読みなおしたら良いでしょう。
    今世界は次の時代がどんな社会なのか模索している最中だと思います。

      1. ピケティの言うような再分配政策を重視した資本主義かな?
        堺屋太一の言う心を重視した社会なのか?

      2. ピケティの言うような再分配政策を重視した資本主義かな?
        堺屋太一の言う心を重視した社会なのか?

      3. 権兵衛 様

        <次の時代は社会主義や共産主義で無いのは確かですがどんな社会が来るのでしょうか?>。
        世界では?だが、悪しき半島では「情痴主義ニダ!」
        機能的文盲のハングル愚民には丁度イイニダ!
        そして、支那の配下に収まるニダ!めでたしめでたしニダ!

      4. 社会主義は理想、国家社会主義が現実に可能。
        と理解できるか、出来ないかが主題では無いでしょうか?

      5. リベラルを突き抜けて、バーニー・サンダースの民主社会主義的な感じをイメージしてるのでは?

        危ういような気がするけど

  4. 中国が覇権国家・・・。
    うーん。
    経済にしても借金して向こう100年分くらいの利益を先食いしただけだし、既に低迷期に入ってしまったので、これからは一京円とも言われる借金を返済する国になるしかないんじゃないかな?

    朝鮮は余裕の無い中国から手下としてこき使われるんだろうなw

  5. 「そういう内容の本」を「政府機関」が「教育目的」で発行しようというのだから、米国から裏切り者として警戒されても当然でしょう。そして、そんな政権を支持する韓国国民は、それを「良し」としている。少なくとも米国にはそう見做されるのだという事を、はたして韓国人は理解しているのかどうか。

  6. 要は、米国より中国の方が格好いい~~っ!。
    資本主義の危機だから、共産主義化して経済的危機を乗り切る。
    中共と手を握り、北と統一する。
    南が中共と共に主導権を握り、北を管理する。
    今は、お花畑の夢を見てる時か??。
    夢は寝て見ろ!。

  7. やっぱ共産教って世界的宗教があって各国の支部で同じ教義の刷り込みをしてるんだろうな。
    日本のアカもずっと言ってるよね「資本主義は限界だ」って。
    「とりあえず中共ロシアが共産主義に立ち返ってから考えたら?」
    って感じだが

    1. いや、そこは資本主義に問題があっての
      マルクス思想の誕生だから…

      現状の貧富の差の広がりを許容してると革命になるってことでしょう。その後の政体がどうなるかは別にして…

      江戸期の江戸の豪商たちは打ちこわしですべての財産を失うということを体験して恐怖し、江戸の貧困層を救う制度を民間で構築したそうですからね…

      まあ、現代では兵器体系が強力すぎて、国民の暴力で政府を打倒できるかってのは、軍人の質(救済を訴える国民に銃を向けられるか)にかかってきてますが…
      特に日本だとね~、民間は銃もないし…

  8.  「レッドチームへ行こう」と書いてくれれば分かりやすいんだけどな。
     まあ、騙されたら、騙された人が悪いのかな?

  9. >「資本主義の危機」、「これ以上成長しない社会」、「1・2次世界大戦勃発前と同じような状態」、「第3次世界大戦か、平和な跳躍かの分かれ目」

    「韓国経済の危機」、「これ以上成長しない韓国」、「朝鮮戦争勃発前と同じような状態」、「南北朝鮮紛争か、平和な跳躍かの分かれ目」と記せば、的をついた読み物になるのですが。

    ところで、これとは関係ないですが、TBSで「買い占めの起きない韓国」という報道をしていました。
    トイレットペーパーもスーパーに沢山あるとのことでしたが、あれっ、韓国人ってトイレットペーパー使うんでしたっけ(www)。
    所得格差が米国並みに激しい韓国で、日々の暮らしがカツカツな貧乏人が買い占めなんかする余裕なんかあるわけないでしょうに。
    それにしても買い占めという言葉の定義を明確にしないまま、自分勝手な空想の報道をしていることに驚きました。
    日本でもトイレットペーパーを買い占めしている人なんか、だれもいないですよ。

    1. 韓国人もトイレットペーパーは使います。
      問題は、使った後のトレペを流さないで、横のゴミ箱に捨てて溜めてしまうという風習であって・・。

      1. >知ってて言ってるさん

        あなたもトイレットペーパーのことをトレペっておっしゃるんですね?
        ウチのヨメはトイペ、と略すのでいつも変な感じなのです。

        お仲間ですね!

        スレと関係ない話ですみません。

        1. 実を言うと、「トレペ」というのは私の中では意味が2つあって、その1つは「トレーシング・ペーパー」です。これは職業柄、必要で使っていた略語です(ただし今ではPC画面がその代わりになってしまい、使用頻度は激減しました)。
          そこからの口癖で、つい「トレペ」と言ってしまうというのが事実です。でも貴君のお嫁さんのように若い人には、若い人なりの流儀があるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。