慰安婦・強制徴用被害者など、急に仲良くなってイ・ヨンフン、リュ・ソクチュン教授を『死者名誉毀損』で告訴

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

イ・ヨンスが、急に正義記憶連帯と仲直りしたと思えば、今度は強制徴用被害者(いわゆる元徴用)たちと一緒にイ・ヨンフン、リュ・ソクチュンの両氏を告訴しました。

イ・ヨンフン氏は「反日民族主義」のメイン著者です。リュ・ソクチュン教授は、去年9月に「慰安婦は売春婦だった」と話して、韓国では大騒ぎになりました。先月末には月刊HANADAに「慰安婦は就業詐欺だった」とする趣旨を寄稿したこともあります。

この件、全斗煥氏のときと同じく、「死者名誉毀損」です。全斗煥氏に関する過去エントリーでも紹介したことがありますが、死者名誉毀損は、虚偽の事実を摘示して故人の名誉を毀損した場合に成立するもので、「真実を摘示した場合には成立しない。嘘をついたときだけ成立する」とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

以下、中央日報から部分引用します。

<日本軍慰安婦被害遺族と強制徴用被害者イ・ヨンフン前ソウル大教授とリュ・ソクチュン延世大教授を相手に告訴・告発状を出す。日本軍慰安婦被害者であり、女性人権活動家であるイ・ヨンスさんも原告として参加する。1日、訴訟代理人ヤン・テギョン弁護士によると、日本慰安婦被害と日本の強制徴用被害者遺族は、イ前教授とリュ教授を、死者名誉毀損でソウル中央地検に告発状を出す計画だ・・

・・類教授は先月29日にも日本の右翼性向雑誌月刊「HANADA」日本の韓半島植民支配に対する韓国社会の通念が間違っているとし、「慰安婦は就職詐欺にあったのだ」と改めて主張して、議論を大きくした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200701190234033

 

「強制徴用団体と慰安婦団体は仲が悪い」という話がいろいろありました。この前のイ・ヨンスと正義記憶連帯の和解もそうですが、今回の件もまた、『仲が悪いことなんでない。私たちの敵は日本だ』と示そうとしている・・そんな気もします。

リュ教授・・・HANADA寄稿文を韓国語版も同時公開するなど、本当に頑張りましたが・・やはりこんな結果になりました。

ここで、つい「やはり」と書いてしまうのは、なぜでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (135)

“慰安婦・強制徴用被害者など、急に仲良くなってイ・ヨンフン、リュ・ソクチュン教授を『死者名誉毀損』で告訴” への54件の返信

  1. >死者名誉毀損は、虚偽の事実を摘示して故人の名誉を毀損した場合に成立するもので、「真実を摘示した場合には成立しない。嘘をついたときだけ成立する」とのことです。

     死者名誉毀損は、「事実(Fact)」を摘示して故人の名誉を毀損した場合に成立するもので、「真実」で否定した場合には成立しない。「事実(Fact)」を示したときだけ成立する」

     だと意味がよくわかるのですが。

     「事実(Fact)」に立脚して物事を判断する。それは客観的な説得力を持ちます。しかし、自分に不都合なものも認めなくてはならないと言うことを意味します。「真実」に基づく場合、自分に不都合なことは認めなくてもよい。「事実(Fact)」を葬り去ればよいことですから。

     そこで韓国ではつねに「事実(Fact)」狩りが行われます。「事実(Fact)」狩りがなければ「真実」は説得力を失います。「真実」は韓国の国是です。ですから、「事実(Fact)」狩りは横暴ではありません。韓国国民の総意に基づいた正当な行為です。

     「地球の周りを太陽が回る」。このことに疑義を抱くのは「異教徒」です。「真実を『事実(Fact)』で否定する」。異端裁判がなされて当然です。

     政治や国家の関係において、「歴史」の本質は「事実(Fact)」の集積ではありません。より多くとの「認識の共有」です。日本人はここをはき違えていると感じます。
     「南京大虐殺」は世界中で「日本が行った」という認識を共有しています。歴史に矛盾する史料としての「事実(Fact)」や写真のねつ造、データ数字の奇妙さを言ったところで、もう遅い。「そのときにきちんと否定して戦わないと」不名誉な衣を脱ぎ捨てることはできません。認識が固着されたあと「それはウソだ」というのは至難の業です。歴史修正主義にされてしまいます。

     韓国は歴史は「認識の共有」だと言うことについては、日本人より「身に染みて」理解しています。異論は「認識の共有」を妨げます。韓国にとっては歴史でも科学でも「事実(Fact)」は意味が薄い。科学分野だと「ノーベル賞が取れない」という残酷な「事実(Fact)」を突きつけられます。歴史分野だと声が大きければ勝ちだという「事実(Fact)」は多いと言うことを知ることになります。

     韓国には韓国の道があります。日本とは永劫交わりません。日本は「事実(Fact)」と向き合うことで、生まれ変わっていく気質だからです。

  2. 正しい事実や
    正確な歴史を知ろうとすれば……

    ( ̄∇ ̄)韓国人で居続ける事は難しいって
    事でOK?

  3. まぁ…自称慰安婦としては「全部嘘だとバラす」と言われれば従うしか無いでしょう。政府、マスコミ、一般人、民族の全てを以って世界を相手に仕掛けた被害者コスプレキャンペーン(詐欺)なのですから、綻びを見せる事は国の土台を砕くと同義の許されざる裏切りなのです。振り込め詐欺の出し子が分前が少ないと胴元に反抗して逆に締められそうになり、立場を再確認させられただけ。滑稽ですね。

  4. 日本と南朝鮮は良く似た〝合わせ鏡〟の様な国ですネ、
    日本国は
    大多数の常識人と、極少数の嫌日主義者達で構成されている国です。
    南朝鮮国は
    大多数の嫌日主義者達と、極少数の常識人で構成されている国です。

  5.  イ・ヨンフン教授の言葉を一つ紹介します。

     「歴史の真実は結局勝利するものだという信念を堅固にし、勇敢に国民に向かって進まなければならない。」季刊『時代精神』再創刊号 2006年5月)

     これまでの彼の行動はこの言葉のとおりでブレがありません。告訴があろうと今後も変わらないでしょう。

    1. ガリレオの「Eppur si muove」と同じで切ないですね…韓国に於いて「日帝の被害者」で有る事は民族のアイデンティティーそのものですからね…神の権威の否定に等しい困難な道(只の事実の指摘)ですが、報われる日が来る事をお祈りしておきます。

  6. ここのブログは結局何が言いたいのか分からなくなってきたな。目的は、何だ?

  7. 日本の名誉毀損罪(刑法第230条)の場合、故意性が無ければ罪になりません。
    死者に対する名誉毀損罪の場合は、実際には虚偽であっても真実であると確信していれば罪になりません。
    判例としては『落日燃ゆ』事件(↓が参考になる)などがあるようです。表現の自由への配慮がポイント。
    ttp://informationlaw.jp/2017/03/04/freedom-of-speech-case-file-5/

    韓国の刑法も(日本の刑法のコピペなので)同じだと思います。
    だからといって、韓国でこの件が無罪になる可能性はないでしょうが。

    1. 刑法(と言うか、法律全般)だけじゃないですが、
      日本と朝鮮は、「元は同じような所から出発して、たどり着いた所」が、これほど離れている。

      文化バイアスとしての、
      「現実>正義」と、
      「正義>現実」の違い、だと思います。

      せめて「正義とは何か」を、
      「脳みそから血が出るほど考え抜く人」がたくさんいれば、違ったのでしょうが、
      「脳みそから血が出るほど【どうでもいい事】を考え抜いて」今が有ります。
      「中華文明から与えられた既製品の正義」を、後生大事に押し頂いていただけだったので。
      「中国製品の中で、もっとも出来の悪いモノ」が「正義」ですね。

      その「中国製の不良品の【正義】を、疑う」ところから、日本文明は始まったのです。先祖に感謝。

      1. 現実を理解できない民のために、現実から正義(現実を良くするための行動指針)を抽出するのが、権力者(支配者、指導者)の役割でしょう。
         [現実]→権力者→[正義]→民→[現実]
        抽出された正義が粗悪品だと現実が悪くなり、極度に悪化すると民による権力者の交代が起こります。

        日本や西欧の封建制だと民主主義だと現実を見ている層が広く、現実に応じて常に正義が更新されるので安定します。
        しかし、そういう層は無能な上位者を除く意志・能力を持つので、独裁制とは相容れません。中国のような独裁制だと、
         [現実]→皇帝(+宰相)→[正義]→支配層・民→[現実]
        でしょう。現実に応じた正義の更新には革命しかありません。

        これが、朝鮮だと、
         [正義]→支配層・民→[現実]
        です。いや
         [正義]→支配層→[正義のような何か]→民→[現実]
        か。支配層が交代しても[正義のような何か]が変わるだけなのです。韓国は、日米から与えられた正義をそのまま使っている間はまだ良かったのでしょうが…

  8. 見たくないから見ない、気がついても言わない、言っても聞かない、 そして破局を迎える。

    歴史を改竄する民族に未来はない。

    1. あまりに悲惨で情けない史実しかないので、せめて改竄でもしないと未来どころか現在がもたないニダ

コメントは受け付けていません。