韓国紙『安倍以上の極右、東京都知事に再選』

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

それぞれ別ソースになりますが、6月時点で韓国は東京都知事選挙を『極右 対 良心的知識人』ということにしていました。ソースはファイナンシャルニュースで(外部リンクにご注意ください)、極右とは小池百合子氏、良心的知識人とは宇都宮健児氏のことです。あと、山本太郎氏を「風雲児」と書いていました。他の記事でも、似たような論調でした。

今日、予想通り小池氏の再選でしたが・・韓国側では「一応期待していたけど、やはりこんなものか」な反応です。例えば、東亜日報が『異変が起きなかったのは、新型コロナが話題をかっぱらったせいだ』としながら、どこか負け惜しみのような論調の記事を載せたりもしました。

そんな中、聯合ニュースが「小池は安倍以上の極右だ」とするかなり長い記事を載せたので、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(※見出し)日本の右派陣営の代表政治家・・韓国とは「悪縁」。

小池知事は、日本の主流政治家の中で、右翼性向が強い人士という評価を受けている。このため、もし、安倍総理が去って、その場を小池知事が承継すると仮定した場合、韓日関係はさらに悪化する可能性も少なくない。日本の自治行政領域では改革派だが、歴史や外交問題では、安倍総理以上に極右性向を見せる小池知事の歩みを見れば、そのような予想にも無理がないと分かる。

 

彼女は2007年に国下院の日本軍慰安婦決議案が通過した時、これに反対する運動を行い、自民党が野党時代の2011年、日本国内の嫌韓団体である「在特会」の講演に参加し慰安婦強制動員を否定し、韓国が独島を不法占拠していると主張したことは、有名な事実である。

2014年には日本軍の慰安婦強制動員を日本政府次元で認めた1993年の「河野談話」を、撤回しなければならないと駄々をこねた。

東京都知事になってから1923年関東大震災当時に虐殺された朝鮮人犠牲者を追悼するために、毎年開催されるイベントに前任知事たちが1970年代以降慣例で贈っていた追悼文を、2018年から送らないと宣言し、激しい非難を受けたが、今まで、その立場を変えていない。

 

2003年3月には、日本の右派雑誌である「ボイス」に 「軍事、外交的な判断に基づいて核武装の選択は、十分に可能性がある」と主張して議論を起こした。戦争放棄と戦力を保有していないと宣言して、平和憲法の条項と呼ばれる日本の憲法第9条の正面に衝突する発言だったからだ。

小池知事の常勝疾走を見つめる韓国内の見方が、決して心地よいものではないのは、このような背景からだ。>

https://news.v.daum.net/v/20200705203350806

 

・・小池さんが極右かどうかに関係なく、彼女は選挙で選ばれました。でも、また2~3日後には、韓国には『嫌韓は極右政治家だけで、日本人は韓国が大好きー』という論調の記事が載るでしょう。ある記事では『小池都知事は、前任知事が約束した韓国人学校を無かったことにし、それで当選できた』とし、ある記事では『韓国を嫌うのは極右政治家だけで、一般の日本人は韓国が大好き』とする、それが韓国側の主張ですから。自民党が何度勝っても、「日本人は韓国好き」主張は(さすがに一時よりは弱くなったものの)まだまだ日本関連記事の論拠にされてきました。韓国の設定的に、「そうなのかどうか」はどうでもよく、「そうでなければならない」からです。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (134)

“韓国紙『安倍以上の極右、東京都知事に再選』” への51件の返信

  1. 桜井誠について韓国紙がどう扱ったのか、少し興味がある

  2. 韓国人が日本の首都のトップをどのように評価しようと自由ですが、
    韓国と東京都知事となんか関係あるんですかね、東京都知事側から見れば関係ないと思いますね。

  3.  韓国で勘違いがあると思うのは「右翼=嫌韓(反韓国勢力)」です。「憲法改正、再軍備=韓国侵略」「天皇肯定=戦争責任の放棄、歴史の書き換え」という荒唐無稽な認識がそうさせているのだと思います。

     安倍総理も小池さんもどちらかというと韓国に共感のある政治家だったと思います。とくに安倍さんは、朴槿恵大統領に外交でずいぶん気を遣っていましたし、奥さんは韓流ファンです。石破支持の小池さん。石破さんは安倍さんと違って韓国に対して対話と妥協の模索を述べている政治家です。
     小池さんはある時期から完全に韓国を見限ったと思っています。韓国が小池さんを在日同胞の敵と見なしたからです。ドライな政治家です。女性は一度嫌ったものは受け付けません。安倍さんも小池さんも韓国は見限ったと思っています。

     右寄りの政治家をすべて「韓国の敵」、左寄りの政治家を「良心的政治家」とステレオタイプに弁別したために不要な敵を作った。これが現実だと思います。敵視されて右手を差し出す人はいない。

    >また2~3日後には、韓国には『嫌韓は極右政治家だけで、日本人は韓国が大好きー』という論調の記事が載るでしょう。

     『親韓は左翼政治家だけで、日本人は韓国がどちらかといえば嫌いー』というのが事実に近いと思います。その証拠に、昔のように「さりとても隣国で友好国なので」という政治家は少なくなりました。

    >『小池都知事は、前任知事が約束した韓国人学校を無かったことにし、それで当選できた』

     前都知事は自分でも言っているとおり、韓国にアイデンティティを持っています。横紙破りに「公正さ」を欠く約束をしてそれを是正すればそれは支持を受けます。韓国の「公正さ」とは「ウリイズム」です。ですから現都知事が「公正さ」を損なったことになります。

     今回の都知事選の結果は「対抗馬がいない」。これに尽きます。政治としては発想力が乏しい。築地、コロナ対応などでももたつき感がある。絶対権力のある都知事としては凡庸です。しかし「最低限の仕事を外さない」。批判はできるけど「退陣に追い込むほどではないよね」ということです。

    >「軍事、外交的な判断に基づいて核武装の選択は、十分に可能性がある」

     批判があってもこれは「政治認識」です。このことも言えない社会の方がよほどおかしい。むしろ、自分の政治的立場を明示していることは評価すべきです。日本ではアイドルでも政治家でも「政治的立場を鮮明にしない」方が全体としての「支持」は大きくなります。
     「日本人は韓国が大好きー」とする韓国人の前提は、韓国も日本も「良心」は同じだというものです。人の数だけ正義があるように、国の数だけ正義がある。自分たちはその一つの「正義」に過ぎない。そういう自覚が韓国にはありません。

    ※ (閑話休題)
     ある知韓サイトで久保選手のレアル復帰の期待を書いていました。現状ではない。外国人枠があり、現在のレアルの選手をふたりいるので押しのけないとダメなのですが、ポジション上、客観的にそれは無理です。怪我もしくは移籍があってもウーデゴールもいるので可能性は極めて低い。「ないことはない」というレベルでの期待は持っていいです。
     韓国人はイ・ガンインやイ・スンウと比較して「久保なんて足下にも及ばない」と言っていましたがこのごろおとなしくなりました。韓国の早成の選手は大成しない場合が多い。才能はあるのに「韓国全体で勘違いさせて」成長させないんだと思っています。

    1. 閑話に、ちょっとお付き合いさせていただきます。
      「朝鮮・韓国系」の人に「才能の有る者」がいれば【韓国全体で勘違いさせて成長させない】というのは、一面において正しいのですが。
      それは「才能の有る者本人」からの見方ですね。

      ふつうの韓国人は、そういう英雄を「英雄」としてではなくて「【韓国の】英雄」として見ます。
      「韓国の」>「英雄」です。
      ウリの仲間が英雄であるのを見て、みんなでホルホルするのが目的なのです。
      その「才能の有る者」がどのような偉業を成し遂げるのか、に興味を持つ人は、非常に少ない。

      この構造に私が気付かせられたのは、沢木耕太郎さんの「馬車は走る(1986)」という作品で「趙治勲」が取り上げられていたのがきっかけでした。
      私は囲碁ファンなので、興味を惹かれて読みましたが、そこでは「韓国人の囲碁棋士」が、どういう目に遭うかが淡々と描かれていました。
      端的に言うと「日本から遠ければ遠いほど」「良い棋士」なのです。そして純国産に近い方を、韓国の囲碁ファンは応援するのです。そうでない方は「民族の敵扱い」です。

      その序列は、
      日本棋院所属の在日韓国人<日本棋院所属の韓国生まれ<日本への留学経験者で韓国棋院所属<純粋の韓国育ち
      「日本成分」が多いほど「民族の敵度」が高いわけです。

      趙治勲先生は、2番目に該当します。
      そして、最初は「韓国出身の英雄」だったのが、韓国育ちのプロが多くなるにつれて、扱いが「敵役」になります。
      60年代から80年代にかけてのそういう推移が、「韓国の闇」を描き出していました。

      「韓国はおかしい」のは知っていましたが「闇の深さが底知れない」のを感じたのは、それからです。

      1. リプライありがとうございます。

         時折、書き込みで韓国の頭脳の明晰性が日本人に劣るものではないという理由に囲碁を挙げます。韓国人が劣性だから酷い思考をするのだという誤謬を避けるためです。
         韓国の英雄とは「英雄に連なるDNAを持つ自分が素晴らしい」ということを言いたいためにあります。

         そのDNAが遠ければ遠いほど「活躍されてもなあ」ということになります。韓国のDNAは「血の濃さ」であり「地縁」です。

         イ・ガンインやイ・スンウだけでなく、在日のチョンテセなども韓国では差別を受けるそうです。韓国の英雄とは「自分から観た届かないヒーロー」ではなく「自分がヒーローになる仕掛け」です。

  4. 日本で「右翼」と言われる政治家は
    世界水準で見れば「中道」
    レッテル張りして満足しているのはパヨと同じですね
    多くの日本人が韓国を好き?
    現実を見ようとしない姿には溜息しか出ないな

コメントは受け付けていません。