韓国、米朝会談の仲裁にまた失敗か

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

朝鮮日報の記事ですが、元ソースは日本の読売新聞となります。基本的には、7月のビーガン氏の訪韓をきっかけに、韓国が米朝会談の仲裁を試みたけど、結局は失敗した、という内容です。韓国が出した条件は米国から拒否され、また韓国が北朝鮮に知らせた米国側の条件に、北朝鮮が拒否。韓国の仲裁は失敗した、というのです。これは、ビーガン氏が訪韓する前のこととなります(訪韓の前に米朝対話の条件を仲裁しておかないと意味が無いので)。

失敗したこと自体よりも、これ、米国側が出す条件と、韓国は「~までなら北朝鮮を説得出来る」とする条件の間の溝が、あまりにも広く深いのが、話のポイントになるでしょう。

韓国外交部は嘘だー!としていますが、個人的に、これは(これも)日本の報道がとても信憑性が高いと思います。なぜなら、『あれ?』と思っていたことが、すべて当てはまるからです。本ブログでも、ビーガン氏の訪韓のとき、「韓米ワーキンググループの中心となる統一部に訪れなかった」「北朝鮮核問題担当の側近が同行していない」などを理由に、ちょっとおかしい、とエントリー(7月8日)したことがあります。訪韓前に韓国の策がすべて失敗しているなら、統一部と会うことも、担当の側近を連れてくる必要も無かったでしょう。

以下、朝鮮日報の記事を再構成してみます。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

・ビーガン氏の訪韓の際に北朝鮮側と会うイベントを用意できないかと、韓国に話を持ちかけた

→韓国は「かならず北朝鮮を説得して見せる」と、これに応じた

→韓国は米国側に、「北朝鮮を説得して、ヨンビョン(核施設)とカンソン(ウラニウム濃縮施設)を破棄させる」と条件を出した ※前から出ていた話で、これといって新しいことはありません

→米国側は「それだけでは話にならない」とし、秘密ミサイル研究施設の実態が分かる資料、すべての核関連施設の包括的申告、米国及び国際査察団の完全な形態での現地訪問、すべての核関連行動と新しい施設の建造の禁止、などを条件として出した。これをクリアーできれば首脳会談してやる、と

→韓国はこの条件を北朝鮮に伝えたが、北朝鮮は反対

ソース記事:朝鮮BIZ(外部リンクにご注意ください)

 

そのあと、ビーガン氏が北朝鮮核担当の側近も連れずに訪韓、統一部にも訪問せず。北朝鮮はビーガン氏が帰った後(10日)、もう会談しないと金与正氏名義の談話を発表・・という流れになりました。記事によると、ビーガン氏は、訪韓中に、最近韓国で「足枷」と叩かれている韓米ワーキンググループの重要性を強調した、とのことです。

 

 

 

拙著のご紹介♨

以下、拙著のリンクは楽天ブックスリンク(アフィ)となります。リンク先は違いますが、すべてDL版(電子書籍)もございます。

・新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

「高文脈文化」日本の行間 ~韓国人による日韓比較論~ [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/7/17 18:06時点)
感想(0件)

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/17 18:10時点)
感想(0件)

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5