韓国文化体育観光部長官「日本は軍艦島のことで許しをこうべきだ」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

またもや韓国の政府機関「文化体育観光部」の長官が、「日本は約束をやぶった」「日本は許しを請うべきだ」などと話しました。29日、韓国のプレスセンターで「韓日関係国際フォーラム・ユネスコ世界遺産と国際社会の信頼」というオンライン・フォーラムがありました。題からしてバレバレですが、端島(軍艦島)のことで日本を非難するために、「国際フォーラム」という名で開かれたイベントです。

後述しますがフォーラムそのものには興味が無いし、目新しさもない(≒ブログネタにもならない)ので、韓国文化体育観光部パク・ヤンウ長官の記念演説内容を紹介します。以下、ひさしぶりにニューシースからの部分引用です。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

<パク・ヤンウ文化体育観光部長官が29日、日本の産業遺産情報センターと関連した軍艦島歴史歪曲論議について「日本が軍艦島強制労働の真実を隠し続けるなら、そればユネスコの世界遺産指定の精神と趣旨を否定、毀損することである」とし、態度の変化を促した・・

・・東京の産業遺産情報センターと関連して「日本はユネスコの世界遺産委員会の加盟国に公然とした約束を捨て、国際社会の信頼を見捨てた」とし「歴史的事実を歪曲して犠牲者に再び傷を与えている」と批判した・・

・・パク長官は「まともな歴史は、正直な態度をもって完成されるものだ。日本は産業革命の正しい意味だけでなく、犠牲者の苦しい歴史も一緒に保持しなければならない」とし「日本には、自国の恥ずかしい歴史と被害国の苦痛を認めて、許しを請う勇気を出してほしい」と促した。この日のフォーラムに参加した発表者と討論者たちも、日本の約束の履行が必要であると発言した・・(ソース記事:ニューシース、外部リンクにご注意を)>

 

 

ちなみにこのパク・ヤンウ長官、25日にも似たような発言をしました。あのときにも「アジア各国と連帯する」とか言ってましたが、どうやら「世界中の人たちが、日本が悪いと言っている」作戦を展開しているようです。実は「世界中から韓国に呼ばれた特定の人たちが、日本が悪いと言っている」ですけど。

以下、記事内容に限ってのことではありますが、フォーラムで、日本を含めていくつかの国から何人かが発表した(オンラインで)ものの、題は「世界遺産と国際社会の信頼」なのに、内容は全部「端島」関連です。しかも、日本側を擁護する発言は1つもありませんでした。強制労働がどうとか、日本が約束を破ったとか、そんなものだけです。そんなにテーマを日本に絞りたいなら題を日韓関係に絞ったり、日本の立場を説明する人も呼ぶのが普通でしょうに。フォーラムではなく、反日同好会のようなものだったのでしょう。

しかし、長官自らここまで騒ぐとは・・文在寅大統領から何か言われたのでしょうか。「私は『日本に手を差し伸べる』と言わないといけないから、あとはよろしく」とか。文大統領は今までも、慰安婦問題でカン・ギョンファ長官に『言わせ』てその後ろに隠れたり、米軍問題でムン・ジョンイン特別補佐官に『言わせ』てその後ろに隠れたり、してきました。

 

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (135)

“韓国文化体育観光部長官「日本は軍艦島のことで許しをこうべきだ」” への150件の返信

  1. 韓国の許しって、国立公園内の植物園の謎オブジェみたく
    土下座して永遠の贖罪を受けることなんですよね。

    そうすることで韓国も日本もお互い気持ちよくなれる。
    だから勇気をもってやってみようというアドバイス。

    自称リベラル層は既存の社会や秩序を否定することで
    陶酔感に浸れるヤベー性癖の持ち主ですからね。
    それは人としての尊厳を捨てる勇気であります。

  2. 【七誌  2020年7月31日
    馬鹿の質問には答えないことにしているので、ごめんなさいね?】

    これはダサい( ^∀^)
    これはキモイ( ^∀^)

  3. 李登輝元総統の本当に偉大なところは、国民党の党首で総統でありながら、きちんと台湾の民主化を成し遂げたことだ。

    そして靖国にも何度も参拝している。
    個人的にはシンシアリーさんにも機会があれば、靖国に参拝してほしいと思うのですよ、何が問題かの一片が理解できるので。

    李登輝塾長
    http://www.ritouki.jp/index.php/info/20041117/

    衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

    産経の記事が良いので、リンクしておこうか。
    ttps://www.sankei.com/life/news/200730/lif2007300084-n1.html

    あと、これもね。

    李登輝が日本人に伝えたい靖国への思い
    ttps://ironna.jp/article/776

    ぜひご一読いただきたい。韓国人と元台湾総統の、考え方のいかに違うことか。

  4. 真実を表記しただけ。かまってちゃんは「こうだったらいいのに」を事実にしたいだけ。やっぱ大統領が統合失調症の国らしい。頭から声が聞こえる

  5. 七誌くんはさ、「基本のキ」は良いんだけれど(間違えてるがなw「輸入業者の支払い確約保証」の件)、

    「それだけ」「それがすべて」だと思ってるんだよw

    必ずしも「輸入業者は支払いと同時に荷物を受け取る」わけじゃない。
    それがユーザンスだ。
    手持ち資金がなくても先に荷物を受け取ることができるんよ。融資をうけてなw

    当然、輸出業者はそれをわかってる。
    だから「輸入業者が代金を支払っても支払わなくても、輸出業者は先に代金を回収できる仕組み」つってんのw

    輸出業者は、「輸入業者の支払い確約保証」なんて関係ないんだわ。
    酔いが醒めて論点を整理するとwこの2点かなw

    当然、資金の動きに時間的な差(前後)が生じる(ユーザンス含め)。
    これが「金融」なんだよw
    ただの「決済」じゃないってことw

    1. https://lab.pasona.co.jp/trade/word/546/

      ユーザンスの説明がこれ。
      シッパーズユーザンスは、いわゆる掛け売りで、輸出者が代金後払いを許す取引だ。この場合、当然にLCは使用されない。

      銀行ユーザンスの場合、LC開設銀行が貨物代金の支払いを猶予するというものだ、何故これができるかって、銀行はLC開設の時点ですでに担保を取っているので、とりっぱぐれがないからね。おまけに利息まで取れる。

      ただし、この金融をするのは、もちろん買い手側の銀行になる。つまりは、みずほ銀行が本邦の企業に対して行う与信になるね。韓国企業の信用保証をするわけではない。つまり本題とは関係なし。

  6. 李登輝元総統にお悔やみ申し上げます。
    ありがとうございました。

    (このスレ議論よりこっちの方が大切)

  7. >七誌
    2020年7月31日 00:41
    ①信用状とは、国際貿易において、買い手が代金を支払うことを保証するものです。

    ②つまりみずほ銀行が保証するのは、韓国企業の物を輸入する際に、日本企業が代金を支払うことを保証する訳ですね。

    ③じゃあ韓国が輸入する際に、みずほ銀行が保証することはないのかって、当然現地の銀行がl/c発行銀行になります。

    ④もしみずほ銀行が、韓国企業の支払い保証をしたとしましょう。その場合、みずほ銀行は自行宛に信用状を発行することになります。これは意味がありません。

    引用終わり
    全文コピーした。(番号は便宜上私が振った)
    今度はコッチw 一部主張がダブってる。

    詳しく見ていこうw

    ①について
    >買い手が代金を支払うことを保証するものです。

    間違いw
    イ)輸入者の取引銀行(信用状発行銀行)が、
    ロ)商品代金の受取人である輸出者に対して、
    ハ)輸出者が信用状条件通りの書類を呈示することを条件に、
    ニ)輸入者に代わって、
    ホ)代金の支払いを確約した保証状。

    つまり「信用状発行銀行が」「支払いを確約した保証状」
    主語が違うw
    (引用元 ttps://lab.pasona.co.jp/trade/word/21/
    ①、②、、を、イ)、ロ)、、に変えてある)

    「買い手が代金を支払う」のか不安だから「銀行が保証して立て替える」という保証w
    輸入業者が払う相手は、信用状発行銀行w

    ②について
    「みずほ銀行さんは、輸入業者が払うと言ってる」じゃぁ、何の保証にもならんw

    み「払うって話なんだけど、払えなくなったんだってw」
    で終わりかい??(大笑い

    で、
    ビジネスモデルのハナシをしたよな?
    日本は、韓国から何を輸入するのよw
    ヒュンダイのクルマか?サムスンのスマホか?(なくはないだろうが、一般的でない、、と言ってるw)
    日本企業が支払い不能になる可能性を、みずほが保証するのか?(上記のように、あるっちゃ、あるだろwゼロじゃないw)
    なら、「みずほは韓国に与信してない」んだな?
    日本の国内問題であって、韓国巻き込んで騒ぐハナシじゃないなw

    ③について
    そう、現地(韓国にある)のみずほの支店が、「保証してる(与信)」から問題なのだろ?
    >ソウル支店
    5th Floor, Seoul Finance Center, 136, Sejong–daero, Jung–gu, Seoul, Korea
    Tel.822-3782-8500
    あるいは日本国内のみずほ銀行が保証してるんだろ?
    なぜなら、韓国の銀行は信用度が低いからw
    、、、保証してない、ってなら何も問題ないw

    ④「自行あての保証」について
    だから、①で、「銀行が、輸出企業に支払いを保証(立て替え)する」って言ったろw
    「銀行同士の保証のしあい」じゃねぇんだよw
    意味ねぇじゃんかw

    輸出業者は、銀行が保証してる(立て替える)から安心して輸出するし、
    輸入業者は、銀行のチェックが入るから安心して輸入できる、、
    これが目的なんだよw

    何言ってんだ、コイツはw

    1. >輸入業者は、銀行のチェックが入るから安心して輸入できる

      本当にわかってないのな。
      実は信用状取引には弱点がある。

      それは、銀行は、貨物自体のリスクをチェックしないし、保証もしないということだ。

      銀行は、貨物の船荷証券が引き渡されること以外の一切の保証をしないのです。

      1. >輸入業者は、銀行のチェックが入るから安心して輸入できる

        「荷物のチェック」を銀行がするって言ってねーしw
        そんな部署、知らない(存在しない)しなw

        船荷証券を通じて、業者が介在するわけだろ?
        アイタイでの取引で、送った送らない、内容が違うなどのリスクが軽減される→安心して輸入ができる

        だろw

        船荷証券がなければ(発送されなければ)支払われないんだからw

    2. >輸出側、輸入側、どちらも貨物と引き換えに現金を受け取れる、現金と引き換えに貨物を受け取れる、これが基本、というか基本中の基本、信用状取引のキモです。

      これは良いがなw
      「基本」ってことはw

      でさ、
      ①輸出業者は貨物と引き換え(現実には船荷証券とL/C)で、通知銀行から売上代金を立て替え払いでもらう。

      ②入業者は代金支払いで荷物を受け取る、がユーザンスがあり得るって言ってる。

      で、普通、①が先になる。
      輸出業者は、「輸入業者が代金を支払うか否か」は関係なく、「銀行が立て替えるから安心して出荷できる」んだろ?w

      だから、「信用状は、信用状発行銀行が、支払いを確約する保証」なわけw
      それを信じて通知銀行が立て替えるのw
      「輸入業者が支払いを確約する保証」じゃねぇつってんのにこのアホはw

      1. ①にLCは、輸入者の依頼によって銀行が開設する。その際、銀行は相応の担保を要求する。

        つまるところ、輸入者はLC開設銀行に対して、支払いを拒めない、拒んでもいいけど、信用が不良になり、担保が回収されるだけ。

        そういうわけで、「輸入業者が支払いを確約する保証」なのですね。

  8. >①そもそも貿易取引の際、現金を用意せずに注文して、品物が現地に到着しても代金が支払われないトラブルを防ぐために、L/Cというものはあるのです。

    ②船積み直後に、L/Cの条件を満たしていれば、輸出者は無条件で代金の支払いを受けることができます。

    ③買う側が現金も用意せず、注文をして売り手にリスクを負わせるトラブルを防ぐためにこそ、信用状は存在するのですね。

    引用終わり
    コッチから行くかw

    ①、②
    誰がどーやって輸出業者に代金を払うん?
    輸出業者は輸入業者が支払うのをただ待ってるだけか?
    「銀行が、輸入業者が支払うことを保証してる」だけで、銀行はただ見てるだけなのか?
    んなん、危なくて輸出しないだろw

    ③支払い能力と、購入(契約)時点の預金残高(?)は違うことを理解してるか?
    運転資金の概念を理解してるか?

    だったら、
    「輸入業者は前払いで、、あるいは映画の麻薬取引のように、アイタイでブツとカネを交換すればいい」
    ハナシになるだろw

    コイツの話はw
    「あ、この企業は預金残高が支払金額以上あるんで、支払いは大丈夫っすよw」
    って銀行が言ってるだけで、
    輸出業者は、(その直後、預金を引き出されて)トリッパぐれるリスクがあることになるw

    んなん、なんも役に立ってないじゃん>銀行w
    (つまり銀行はリスク取ってないってことw)

    で、
    コイツは、
    たとえば「自己宛小切手」と勘違いしてるw
    資金を運ぶ(支払う)時、危険だから現金でなく「自己宛小切手」を振り出してもらうことがある。
    AからBに100万円支払う時、Aの預金から100万円(と手数料)を引き出して別段預金に入れ、Bの記名式小切手を渡す。
    Bは小切手を受け取り、取引銀行に持ち込んで資金化(取り立て)するんだけど、
    この方式こそが「信用状」だと思ってるんだろなw
    これなら「与信」でないのでなーんも問題ない。騒ぐ必要がないことになる。「金融」でなく「決済」だけのハナシなんでw

    コイツを納得させるのは厄介だなw

    ユーザンスとか調べてみ?ググってみろやw
    すべての取引が、「現金決済並み」なわけねーじゃんかw

    1. 自己宛小切手は、すでに資金は銀行が確保・管理してるので、不渡りはありえない。
      甲銀行が振出し、自行支払いにあてるため、「自己宛小切手」という(または「預手(預金手形の意味か?)」という)

      銀行は、「与信」でないので利息は取らない(当たり前だw)。手数料のみで、資金は、
      「A→甲銀行→乙銀行(Bの取引銀行)→B」
      と流れるだけのハナシ。これならなーんも問題ないw

      「自己宛小切手」=「現金」
      として扱ってよい、、ってだけw

      ほいじゃ、
      輸入業者は、『自己宛小切手』を取引銀行に振り出してもらって、小切手を輸出業者に渡せばいいw
      で、誰が?どのタイミングで?渡すのよw

      輸入業者は、「手持ち資金がないと輸入できない」話になって、経済は停滞するだろねw

      1. ・・・これ本当にLC取引の意味わかってないのな。

        LCが無い世界だと、貨物代金を先払いしたとき、輸入者は貨物を受け取れないリスクがある。
        逆に貨物代金を後払いにした場合、輸出者は現金を受け取れないリスクがある。

        この問題を解決するのが、信用状取引だ。

        信用状取引であれば、輸出者は貨物を船会社にわたして船積みした時点でBLが発行され、貨物と引き換えに代金を受け取れる。

        輸入者は、代金を支払った時点で即時に船荷証券(BL)を受け取れ、代金と引き換えに貨物を受け取れる。

        つまり、どちらも(金を払ったが・品物を送ったが)(品物を受け取れない・代金を受け取れない)リスクを負うことなく取引ができるのが、信用状取引だ。

        信用状取引が、金を用意せず掛で取引できるなんて理解している時点で、完全に間違いなんですよねぇ。

        1. http://www.marineinsurance.jp/export-hoken/lc/

          信用状取引のやりかたは、この図がわかりやすい。

          輸出側、輸入側、どちらも貨物と引き換えに現金を受け取れる、現金と引き換えに貨物を受け取れる、これが基本、というか基本中の基本、信用状取引のキモです。

          これがゆえに、信用状取引はリスクを最小限に抑えられるのですよ。

          1. 七誌が信用状はいらないって言ってたのが発端じゃないのか?

          2. >七誌が信用状はいらないって言ってたのが発端じゃないのか?

            そもそも少額なら、最近は掛で取引される場合が多い。
            貨物を受け取ってから3カ月以内に代金を支払ってねとか。
            お得意先で継続取引なら、先払いで取引してるとこも多いよね。信用リスクが低いし、LC手数料も馬鹿にならないし。

            最近じゃ日本アメリカ間のコンテナでも、10日程度で着くので、引き取り遅れると保管料が高いのですな。

  9. どの面下げて「許しを請うべきだ」とかほざくんですかね。

    私はもう、朝鮮人の言うことなんて全く相手にしておらず
    政治家・お役所に「朝鮮人との関係を限りなくなくしてくれ」と
    口酸っぱく伝えています。

    竹島と北朝鮮の核兵器以外、日本人にとって朝鮮半島は
    もうどうでもいいというか、関わりたくない地域とみなしている
    ことを朝鮮人が認識できる日がきますかね?別に来なくても、
    日本側は徹底的に戦略的無視するだけですが。

    >七誌と名乗っている馬鹿以外のみなさん
    朝鮮人の典型的な声闘の論点ずらしを相手にするのは、皆さんの
    貴重な一回きりの人生の時間の無駄なのでは、と僭越ながら
    指摘させていただきます。

  10. さすがに、自殺しろとか血塗れだとかいうのは議論の範疇ではないと思いますよ、シンシアリーさん?

    1. 七誌さんへ
      言論の絶対的自由と、韓国・中国人の民族浄化を唱える人が
      すぐにブログ主に泣きつくのでないよ。
      自身の主張や言葉を理解できず、言葉は軽くてもね。

      まあ暴言は感心はしないし、私もよく七誌さんに非難されて「朝鮮人」とかも言われるけど、その都度シンシアリーさんに泣きつきはしないでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。